新着記事

わかさぎと小じゃがのアヒージョ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】カルシウム豊富!丸ごと食べられる「わかさぎ」を使った「カレーマヨ揚げ」「アヒージョ」

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】幼少期に刷り込まれた両親の上下関係。どちらの親にも似たくないと強く思っていた~その1~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】幼少期に刷り込まれた両親の上下関係。どちらの親にも似たくないと強く思っていた~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「父親は知られまいと必死に虚勢を張っていただけだったのかもしれません」と語るのは、桃子さん(仮名・40歳)。彼女は現在、東京の通信機器を扱うメーカーで事務の仕事をしています。おだやかな口調に、ゆっくりとした所作などから、彼女の第一印象は、おっとり。そんな優しそうな彼女が、両親、特に父親とずっと不仲だったと話始めた時は強烈な違和感を覚えました。

外食の時間にお酒をゆっくりと嗜む父親。その待つ時間が大嫌いだった

桃子さんは山梨県出身で、両親と4歳上に姉のいる4人家族。両親は職場で出会って結婚したようで、父親のほうが4歳上。小さい頃から家で一番偉いのは父親だと植え付けられていたと語ります。

「いつの記憶かわからないんですが、家でずっとムスっとした父の顔を覚えているんです。若い父の顔で覚えているのはそのひとつだけ。何をしても褒められたこともないし、ずっと否定し続けられた記憶しか残っていません」

父親は桃子さんにだけではなく、姉はもちろん、母親に対しても高圧的な態度だったそう。専業主婦だった母親が父親の機嫌を常に伺っている様子を覚えていると語ります。

「中学生くらいの時まで月に1回あるかないかくらいのペースで外食をしていたんですが、運転するのは母親。それは父親が飲食店でお酒を飲むからなんです。家族で行くようなお店でも、父親は最初にビールを頼み、時間をかけて食事をします。苦痛だったのは、その父をずっと待っていなくてはいけなかったこと。しかも、会話が盛り上がることもなく、2、3時間も。じっと待っていないといけなかったので、私も姉も家族で外食するのが大嫌いでした。父の会話に合わせて文句も言わずに付き合っている母親の姿も好きじゃなかったですね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP