新着記事

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~

取材・文/ふじのあやこ

家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~

近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中で、娘たちは親に対してどのような感情を持ち、接していたのか。本連載では娘目線で家族の時間を振り返ってもらい、関係性の変化を探っていきます。

「当たり前のように用意されていたもののありがたみがわかったのは、大人になってからなんですよね」と語るのは、朋美さん(仮名・38歳)。彼女は現在、都内の企業で働いています。質問には一つ一つ丁寧に回答してくれて、一度も姿勢を崩さないところやゆっくりと話す姿から、落ち着いた品のある女性といった印象を受けます。

両親は定年までずっと共働き。夏休みは寂しくて不安で仕方なかった

朋美さんは兵庫県出身で、両親と8歳上に姉のいる4人家族。両親の出会いは職場で、2人とも定年まで同じ会社で働き続けたと言います。

「母親のほうが7歳下なので、同僚というわけではなかったんですが、社内恋愛の末に結婚したみたいです。そして2人とも結婚してからも60歳の定年まで同じ会社で働いていました。私は姉と年齢が離れている分、母親が30歳を超えてからの子供なので、母親ももう70歳。母親が定年退職したのはもう10年前の話になります」

小さい頃からずっと共働きの両親を持つ朋美さんが当時の記憶として覚えていることは寂しさだったそうです。

「母親は17時半くらいに帰宅してくるので、学校から帰ってきたらそこまでは一人ぼっちなんです。小学生の時に姉は中学生や高校生で部活が忙しく、親よりも帰宅が遅かったから。まだ平日は我慢できるんですが、一番辛かった記憶として残っているのは、夏休みなどの長期休暇です。朝起きたらもう両親はいなくて、夕方まで誰も帰ってこない。当時朝から昼ぐらいまで夏休みだけのアニメがよくテレビでやっていたんです。それを見て、母親が用意してくれていたご飯を食べて、その後は時間を持て余していたので宿題などをやっていました。小学校高学年になると友人と遊んだりしていたんですが、低学年の時は誰とも遊ばずにずっと家に居たので、寂しくて不安で仕方なかったことを覚えていますね」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP