新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ

娘のきもち・その2

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、大阪府で4歳、2歳と2人の息子を育てている専業主婦の恭子さん(仮名・37歳)。広島県の島育ちで、両親と5歳上、3歳上に兄のいる5人家族。短大を卒業した恭子さんはそのまま神戸に残り、在学中に取得した幼稚園教諭の資格を活かし、神戸の幼稚園に就職します。その間も兄との2人暮らしを継続。学生時代と違い、多忙な日々で帰省もあまりできなかったものの、母親との連絡は密に取っていたと言います。

「元々子供が好きで短大に進学した時には幼稚園の先生になりたかったんです。就職先は希望していたところだったんですが、仕事の大変さは想像以上。本当に1日中バタバタで、家に帰ってからもプライベートの時間はあまりなく、次のお遊戯で必要な飾りを作ったり、ピアノの練習をしたりしていましたね。でも、学生時代と同じように親とは連絡を取り続けていました。島には長男が戻っていたこともあり、就職で島に戻って来いとかも言われなかったかな」

父の病名は胃ガン。告知を受けてからも父は最後まで諦めることなく、勇敢に戦い続けた

恭子さんは23歳の時に母親から父親の病気の報告を受けたそう。しかし最初は本当の病状を教えてもらえませんでした。

「離れて暮らしていて心配をかけたくないからという理由でした。最初は体調を崩したという報告ぐらいだったと思います。

父はどうやらずっと胃の調子が悪かったようで、胃薬などでだましだまし生活を続けていたみたいなんです。年に1度の健康診断をパスできていたこともあって。でも薬でごまかせなくなってきて、病院に行ったところ、胃ガンだと告知を受けたそうです。でも、治るって父親も家族も信じていました。告知された時から、父は日記をつけていたんです。『こんな症状が出た』とか、『こんな薬を使った』とか治療内容を綴っていました」

本当の病名を伝えられ、恭子さんはすぐに帰省。父の側にいようと何度も帰省する子供たちを母親は止めたそう。その理由はというと……。

「その時には母親は余命を医者から聞かされていたんですが、母親は気丈に振る舞っていましたね。父が治ると信じているのに、『あまりに子供たちが自分の様子を見に来ると、もっと深刻な状態なんじゃないかって思うから』ということでした。その理由には納得できたので、神戸での仕事も続けて、1か月に一度くらいのペースで父に会いに行っていました。

でも、父は病気が発覚してから10か月で亡くなってしまいました。同じ年に長男の結婚が決まって、父親はとても喜んでいたのに、結婚式にも間に合わなくて。兄の希望で、結婚式は父が眠る地元のお寺で行いましたね」

地元で母を支えながらも父のことを口に出すことはできなかった。誰かに話すことで父は生き続ける、そう思えるまで3年が必要だった

母親が1人になったことで、恭子さんは島に戻ることを決意。母親から一時反対を受けたそうですが、翌年に仕事を辞めて、島の幼稚園で再び働き始めます。

「今しか戻れないと、それに今したいことをしようって思ったからです。神戸に出て、就職をして同じ関西に長く付き合っている彼氏もいました。神戸に残る理由もたくさんあったけど、それでも地元に、母の側にいたいと強く思いました。母親は『戻って来る必要はない』と最初は言いましたが、しばらくすると『戻ってきてくれてありがとう』って言ってもらえましたね」

母との2人暮らしがスタートしますが、まだ父親がいなくなったことを受け入れられない恭子さんは父親の思い出話ができなかったそう。父の話を口に出すことができるまで3年が必要だったと言います。

「父のことを口に出すと、まだまだ泣いてしまう日々でした。一度70代ぐらいのよそのおばあちゃんと話す機会があったんです。そのおばあちゃんは親族を亡くしていて、『話せるようになるまで3年かかるよ』と言われていて。本当にそうでした。3年経った辺りから自然に父の話ができるようになり、家族といっぱい思い出を語りたいって思えるようになりました」

恭子さんは27歳の時に関西との遠距離恋愛を続けていた男性と結婚。その時には一番上の兄が実家の横に家を建てており、結婚生活は大阪で送ることになります。小さい頃の思い出を聞くと厳しかったことばかりを話していた恭子さんですが、「昔は厳しくて、他のお父さんの優しい話とかを聞くとその家が羨ましいことも多かった。でも、厳しい中に究極の愛があったんだなって今は思います。親元を離れてから恥をかかないようにしてくれていたんだなって。今子供を持って、より一層その思いが強いですね。今一番悔しいのは、その恩返しが父親にできないことですかね」と語ります。

取材・文/ふじのあやこ
情報誌・スポーツ誌の出版社2社を経て、フリーのライター・編集者・ウェブデザイナーとなる。趣味はスポーツ観戦で、野球、アイスホッケー観戦などで全国を行脚している。

  1. 【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。ガンが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~

    【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。乳がんが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~

  2. 【娘のきもち】男女関係なく「ここ(田舎)に残っていても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~

    【娘のきもち】「ここ(田舎)にいても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~

  3. 【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~

    【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~

  4. 【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

    【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~

  5. 【娘の気持ち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあったものの、子供にお金の苦労は一度もかけることはなかった~その2~

    【娘のきもち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあったものの、子供にお金の苦労は一度もかけることはなかった~その2~

  6. 家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~

    【娘のきもち】家族全員でどこかに出かけた記憶はなし。共働きの両親を待つ家では寂しくて不安で仕方なかった~その1~

  7. 【娘の気持ち】祖父母に懐く私に父がずっと隠していたある秘密。父は両親に、そして私にどこまでも優しい人だった~その2~

    【娘のきもち】祖父母に懐く私に父がずっと隠していたある秘密。父は両親に、そして私にどこまでも優しい人だった~その2~

  8. 【娘のきもち】祖父母の世話は母親に任せっきり。何もしない父親に不信感が強まっていった~その1~

    【娘のきもち】祖父母の世話は母親に任せっきり。何もしない父親に不信感が強まっていった~その1~

  9. 【娘の気持ち】真っ直ぐ進めたのは、血のつながらない孫をどこまでも愛し続けてくれた祖父がいたから~その2~

    【娘のきもち】真っ直ぐ進めたのは、血のつながらない孫をどこまでも愛し続けてくれた祖父がいたから~その2~

  10. 【娘のきもち】落ちた場合は中学浪人。両親の期待で押しつぶされそうな気持を救ってくれたのは祖父の愛情だった~その1~

    【娘のきもち】落ちた場合は中学浪人。両親の期待で押しつぶされそうな気持を救ってくれたのは祖父の愛情だった~その1~

  11. 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~

    【娘のきもち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~

  12. 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

    【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

  13. 【娘の気持ち】兄の失業に、自身の流産。2度の辛い場面を乗り越えられたのは、一度は遠ざけた両親からの愛情だった~その2~

    【娘のきもち】兄の失業に、自身の流産。二度の辛い場面を乗り越えられたのは、一度は遠ざけた両親からの愛情だった~その2~

  14. 【娘のきもち】アクティブな両親と落ち着いた兄。休日の度に家族で行くキャンプが大好きだった~その1~

    【娘のきもち】二度とこんな思いをしたくないと妊娠を怖がった。その気持ちを戻してくれたのも家族とのキャンプだった~その1~

  15. 【娘の気持ち】祖母が倒れた時に仕事人間の父が離職。祖母の介護を「したいこと」と言った父のようになりたいと思った~その2~

    【娘のきもち】祖母が倒れた時に仕事人間の父が離職。祖母の介護を「したいこと」と言った父のようになりたいと思った~その2~

  16. 【娘のきもち】両親はともに小学校教諭。教育者の子供として、しっかりしなくてはという思いが小さい頃からあった~その1~

    【娘のきもち】両親はともに小学校教諭。教育者の子供として、しっかりしなくてはという思いが小さい頃からあった~その1~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親。ガンが見つかったことで人生にある目標ができた~その2~ 【娘のきもち】海外で好き勝手働く娘に対しても認め続けてくれた両親…
  2. 【娘のきもち】男女関係なく「ここ(田舎)に残っていても仕事はない。外に出て行け」という教育方針を持っていた父。好きなことを自由にさせてくれた~その1~ 【娘のきもち】「ここ(田舎)にいても仕事はない。外に出て行け」と…
  3. 【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたいと思った~その2~ 【娘のきもち】父親のガン、そして再発。父親の分まで母親を支えたい…
  4. 【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中、自分がしっかりしなくてはという自覚が芽生えた~その1~ 【娘のきもち】父の単身赴任で家族は離れて暮らすことに。女3人の中…
  5. 【娘の気持ち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあったものの、子供にお金の苦労は一度もかけることはなかった~その2~ 【娘のきもち】バージンロードで聞いた「行ってこい」。借金はあった…
PAGE TOP