新着記事

酒倉染とコルクの3WAYバッグ|味わいのある帆布とコルクで作った、使い勝手のいいバッグ

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめの鮮魚卸「ふじわら」

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その1~

金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】母親の借金で見えた両親の絆。一人っ子が背負う「自分が支えなければ」という思い~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】母親の借金で見えた両親の絆。一人っ子が背負う「自分が支えなければ」という思い~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、9歳の子供を育てながら、フリーの専門職として働いている亜美さん(仮名・45歳)。神奈川県出身で、両親との3人家族。亜美さんは両親からの溺愛を受け、小さい頃から本人曰くわがまま放題だったそう。仕事人間の父は休みの日に、母親は亜美さんが10歳になるまでは働きに出ず、いつも側にいてくれました。

「当時は自分のことをわがままだなんて思ったことはありませんでした。周りにちやほやされることも普通のことだったから。父は基本的に仕事人間だったけど、どんなに疲れていても休みの日には遊びに連れて行ってくれたし、母親はとにかく私のことを褒めてくれた。元々真面目なタイプだったこともあり、両親から怒られることはほとんどありませんでしたね」

大学進学を機に始まっていた母親の借金。知らずに就職後もすねをかじり続けていた

亜美さんは高校までの一貫校を卒業し、大学は受験を経て、希望校に進学。家から通学するには少し遠いこともあり、父親から一人暮らしを勧められます。

「私は世間知らずなところがあったから、父親から一人暮らしを勧められました。私は父から言われた通りに一人暮らしをしたんですが、実家を出ることについては嬉しいことも、嫌だった記憶もないですね。

でも、その頃には家計が傾いていたというか、昔からの贅沢が影響していたのか、私の大学資金をきっかけに母親が、私はもちろん、父にも内緒で借金を重ねるようになっていたんです」

家計のことなどまったく知らなかった亜美さんは大学に通い続け、就職活動の時に最初の挫折を経験します。

「今まで特に苦労することなく、すべてうまくいっていたから、何の根拠もなく、就職も希望したところに当然入れると思っていたんですよ(苦笑)。みんながリクルートスーツを着て就活する間もずっとぼんやりしていて、私が動き出したのは4年の9月頃から。案の定、まったく希望していたところに受かりませんでした。そして卒業ギリギリにやっと、学校に求人の出ていたテレビの制作会社で放送作家の卵として、引っかかることができました。でも、給料がとても1人で食べていける額ではなくて、最初は親から援助をしてもらっていました。就職してからも親のすねをかじり続けてしまったんですよ。知らなかったとしても、これもよくなかったんですよね。その間も母親はさらに借金を重ねていて……」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP