新着記事

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】母親の借金で見えた両親の絆。一人っ子が背負う「自分が支えなければ」という思い~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】母親の借金で見えた両親の絆。一人っ子が背負う「自分が支えなければ」という思い~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、9歳の子供を育てながら、フリーの専門職として働いている亜美さん(仮名・45歳)。神奈川県出身で、両親との3人家族。亜美さんは両親からの溺愛を受け、小さい頃から本人曰くわがまま放題だったそう。仕事人間の父は休みの日に、母親は亜美さんが10歳になるまでは働きに出ず、いつも側にいてくれました。

「当時は自分のことをわがままだなんて思ったことはありませんでした。周りにちやほやされることも普通のことだったから。父は基本的に仕事人間だったけど、どんなに疲れていても休みの日には遊びに連れて行ってくれたし、母親はとにかく私のことを褒めてくれた。元々真面目なタイプだったこともあり、両親から怒られることはほとんどありませんでしたね」

大学進学を機に始まっていた母親の借金。知らずに就職後もすねをかじり続けていた

亜美さんは高校までの一貫校を卒業し、大学は受験を経て、希望校に進学。家から通学するには少し遠いこともあり、父親から一人暮らしを勧められます。

「私は世間知らずなところがあったから、父親から一人暮らしを勧められました。私は父から言われた通りに一人暮らしをしたんですが、実家を出ることについては嬉しいことも、嫌だった記憶もないですね。

でも、その頃には家計が傾いていたというか、昔からの贅沢が影響していたのか、私の大学資金をきっかけに母親が、私はもちろん、父にも内緒で借金を重ねるようになっていたんです」

家計のことなどまったく知らなかった亜美さんは大学に通い続け、就職活動の時に最初の挫折を経験します。

「今まで特に苦労することなく、すべてうまくいっていたから、何の根拠もなく、就職も希望したところに当然入れると思っていたんですよ(苦笑)。みんながリクルートスーツを着て就活する間もずっとぼんやりしていて、私が動き出したのは4年の9月頃から。案の定、まったく希望していたところに受かりませんでした。そして卒業ギリギリにやっと、学校に求人の出ていたテレビの制作会社で放送作家の卵として、引っかかることができました。でも、給料がとても1人で食べていける額ではなくて、最初は親から援助をしてもらっていました。就職してからも親のすねをかじり続けてしまったんですよ。知らなかったとしても、これもよくなかったんですよね。その間も母親はさらに借金を重ねていて……」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった…
  2. 【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった…
  3. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  4. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  5. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
PAGE TOP