新着記事

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

洗剤

「風呂の残り湯は使わない」「毎日洗濯しない」|令和時代の洗い方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内の病院で歯科医として働いている沙織さん(仮名・38歳)。神奈川県の横浜市出身で、両親と2歳上に兄のいる4人家族。小学校の時から医療系に進みたいと思っていた沙織さんは中学受験で入った学校で成績が上昇。そのことで勉強が好きになっていきます。そして高校の時、親族の入院が歯科医を目指すきっかけになります。

「親戚のおじさんが虫歯を悪化させて大学病院の口腔外科に入院したんです。それに当時祖父の入れ歯の調子が悪くなり、毎日歯茎から出血するなど、歯のことを考えることが多くなりました。単純なんですが、何とかしたいなって思ったんです。でも当時はまだ医療系の候補の中に歯科医も入っただけでした。歯科医1本で受験を決めたのは高校2年生の夏ごろ。そこから毎日勉強するようになりました」

ストレートで歯科大学に合格。親をいい意味で裏切った

歯科大学を目指すことを決めた時、沙織さんの心の中にはお金の心配があったそう。しかし両親はすごくあっけらかんとしていたと言います。

「きっと受かると思ってなかったんですよね(苦笑)。まぁ私も一浪は覚悟していました。それに私は昔から目標をみんなに言う癖があって、スペースシャトルが上がったら『NASAに入りたい』と言ったり、医療系も最初はドラマがきっかけで外科医を目指すなど大きなことをよく言っていたんです。だから、また言っていると本気に受け止めてもらえなくて。それが少し悔しかったので、これ見よがしに毎日勉強して、本気度をアピールし続けました」

そして沙織さんは見事にストレートで歯科大に合格。2次の補欠合格だったこともあり、入学までは家族でバタバタだったそう。

「1次試験に落ちて、3月に行われた2次試験で受かったんです。合格発表は母親と見に行ったんですが、2人して補欠合格の番号を見落としていて……。その日は落ちたと思って帰ってしまい、後日学校からの連絡で気づきました。でも、医学部は最初に振り込む学費も高かったので、学校からではなく入学金詐欺じゃないかという話になって、高校の学校の先生まで巻き込んで父親と一緒に学校のことを徹底的に調べ始めたんです。その結果、合格は本当で、入学金振り込みの締め切り2日前くらいにやっと入学の手続きが終わった感じでしたね。そこからその学校は1年間全寮制になるので、数日の準備だけで実家を出ることになって、本当に最後までバタバタでした」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両…
  2. 【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両…
  3. 【娘のきもち】マタハラに負けなかった責任感は母親ゆずり。今だから…
  4. 【娘のきもち】マタハラに負けなかった責任感は母親ゆずり。今だから…
  5. 【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談できなかった理由~その2~ 【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談…
PAGE TOP