新着記事

クリスマスマーケットの本場ドイツ。画像はボン。

一生に一度は訪れたい! クリスマス市の「屋台グルメ」の食べ歩き方(ドイツ)

シニア層でも利用率の高いSNSアプリはLINEと判明!

【シニアのスマホ利用事情】SNSをしている60代以上の9割は「LINE」

せりのとろろ昆布にぎり

【管理栄養士が教える減塩レシピ】鍋の具材以外でも楽しめる!「せりとあさりのかき揚げ」「せりのとろろ昆布にぎり」

酒燗器 ゆめここち|好みの温度で酒の燗がつけられる美濃焼の酒器

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】自分勝手な嘘から両親と疎遠に。兄が途切れた縁を繋いでくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】自分勝手な嘘から両親と疎遠に。兄が途切れた縁を繋いでくれた~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内の結婚相談所のスタッフとして働いている加奈子さん(仮名・38歳)。島根県出身で、両親と1歳上に兄、5歳下に妹のいる5人家族。家族仲は良かったものの、中学でいじめに遭い、高校では人の顔色を伺うようになってしまったことで心を許せる友達は一人もできず。高校卒業後は心機一転、地元を離れ京都のデザイン事務所で働き始めますが、慣れない環境から働き出して2か月目には欠勤続きになり、約3か月で退職してしまったそう。

「織物のデザインをメインにやっている職場でしたが、私の仕事は雑用ばかり。経理の仕事の手伝いで一日中エクセルに数字をずっと入力していたり、取引先に納品するものの伝票を書き続ける日もありました。それだけならまだ良かったんですが、職場は学校のような女性の仲良しグループがあって、彼女たちはいつも誰かの文句を言っていました。その都度ターゲットが変わったみたいで。いつも誰かの悪口が聞こえてくる環境で、ちっとも仕事は楽しくない。そんな憂鬱な気持ちから、朝起きて少しでもしんどいと思ったら会社を休むようになってしまって。欠勤を何度が繰り返すと、ターゲットが私になったんです。もう無理だと思いました。最後は体調を崩して実家に帰ると嘘をついて辞めました」

仕事を辞めて夜の世界へ。最初は京都で頑張っていると、安心させるためについた嘘だった

仕事を辞めたことを両親には言えなかった加奈子さん。生活のために夜の仕事を始めたと言います。

「生活していくために、最初は仕方なく始めました。勤めたのはカウンターが数席、4名テーブルが2つあるような小さいお店で、隣に座ることもあるけど、ほとんどがカウンター越しの接客でした。小さいお店だからなのか、みんな他に懸念があるからなのか、誰も他人のことなんか気にしていなくて。グループというより個々なんです。その感じも居心地が良くて。最初はつなぎとして始めたのに、次第に就職活動をしなくなり、夜中心の生活になっていきました」

夜中心の生活が2年ほど続いた間も正月やお盆などは実家に帰省していたそう。その時には前職を続けていると嘘をついていたと言います。しかしあることがきっかけで両親にバレてしまい……。

「妹が大阪に遊びに来ていて、友人たちと大阪のホテルで1泊だけして帰ると聞いていたんです。妹が突然京都へ来た時には、私は仕事中だったので、すぐに妹に問い詰められてバレてしまいました。妹には両親への口止めをお願いしたのに、あの子はすぐに言いましたね。妹が実家に帰ったぐらいのタイミングで母親から電話がかかってきましたから」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP