新着記事

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

史上初のゴールデンウィーク10連休! どこに行く? 今から行ける旅先は?

ゴールデンウィーク10連休、旅行の予定ありますか?| 海外旅行先、人気ナンバー1はやっぱり「ハワイ」!

災害時、愛猫さんをどう守る?|猫を飼うなら知っておくべき事前の準備と訓練

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

【娘のきもち】自分勝手な嘘から両親と疎遠に。兄が途切れた縁を繋いでくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】自分勝手な嘘から両親と疎遠に。兄が途切れた縁を繋いでくれた~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内の結婚相談所のスタッフとして働いている加奈子さん(仮名・38歳)。島根県出身で、両親と1歳上に兄、5歳下に妹のいる5人家族。家族仲は良かったものの、中学でいじめに遭い、高校では人の顔色を伺うようになってしまったことで心を許せる友達は一人もできず。高校卒業後は心機一転、地元を離れ京都のデザイン事務所で働き始めますが、慣れない環境から働き出して2か月目には欠勤続きになり、約3か月で退職してしまったそう。

「織物のデザインをメインにやっている職場でしたが、私の仕事は雑用ばかり。経理の仕事の手伝いで一日中エクセルに数字をずっと入力していたり、取引先に納品するものの伝票を書き続ける日もありました。それだけならまだ良かったんですが、職場は学校のような女性の仲良しグループがあって、彼女たちはいつも誰かの文句を言っていました。その都度ターゲットが変わったみたいで。いつも誰かの悪口が聞こえてくる環境で、ちっとも仕事は楽しくない。そんな憂鬱な気持ちから、朝起きて少しでもしんどいと思ったら会社を休むようになってしまって。欠勤を何度が繰り返すと、ターゲットが私になったんです。もう無理だと思いました。最後は体調を崩して実家に帰ると嘘をついて辞めました」

仕事を辞めて夜の世界へ。最初は京都で頑張っていると、安心させるためについた嘘だった

仕事を辞めたことを両親には言えなかった加奈子さん。生活のために夜の仕事を始めたと言います。

「生活していくために、最初は仕方なく始めました。勤めたのはカウンターが数席、4名テーブルが2つあるような小さいお店で、隣に座ることもあるけど、ほとんどがカウンター越しの接客でした。小さいお店だからなのか、みんな他に懸念があるからなのか、誰も他人のことなんか気にしていなくて。グループというより個々なんです。その感じも居心地が良くて。最初はつなぎとして始めたのに、次第に就職活動をしなくなり、夜中心の生活になっていきました」

夜中心の生活が2年ほど続いた間も正月やお盆などは実家に帰省していたそう。その時には前職を続けていると嘘をついていたと言います。しかしあることがきっかけで両親にバレてしまい……。

「妹が大阪に遊びに来ていて、友人たちと大阪のホテルで1泊だけして帰ると聞いていたんです。妹が突然京都へ来た時には、私は仕事中だったので、すぐに妹に問い詰められてバレてしまいました。妹には両親への口止めをお願いしたのに、あの子はすぐに言いましたね。妹が実家に帰ったぐらいのタイミングで母親から電話がかかってきましたから」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘の気持ち】祖父母に懐く私に父がずっと隠していたある秘密。父は両親に、そして私にどこまでも優しい人だった~その2~ 【娘のきもち】祖父母に懐く私に父がずっと隠していたある秘密。父は…
  2. 【娘のきもち】祖父母の世話は母親に任せっきり。何もしない父親に不信感が強まっていった~その1~ 【娘のきもち】祖父母の世話は母親に任せっきり。何もしない父親に不…
  3. 【娘の気持ち】真っ直ぐ進めたのは、血のつながらない孫をどこまでも愛し続けてくれた祖父がいたから~その2~ 【娘のきもち】真っ直ぐ進めたのは、血のつながらない孫をどこまでも…
  4. 【娘のきもち】落ちた場合は中学浪人。両親の期待で押しつぶされそうな気持を救ってくれたのは祖父の愛情だった~その1~ 【娘のきもち】落ちた場合は中学浪人。両親の期待で押しつぶされそう…
  5. 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘のきもち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿が…
PAGE TOP