新着記事

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

籐の脱衣カゴ|ベテラン職人が銭湯向けに編み上げた軽くて丈夫なカゴ

どこか懐かしい銭湯の脱衣カゴをご紹介。この道60年の籐工芸士・尾崎英幸さん(東京都豊島区)が…

牧野伸顕――大久保利通と吉田茂をつなぐ、忘れられた大政治家【にっぽん歴史夜話 8】

文/砂原浩太朗(小説家)牧野伸顕(まきの・のぶあき 1861~1949)と聞いてすぐ…

医学部教授が考案!長生きするための簡単みそレシピ3選

文/鈴木拓也自律神経と腸の研究者として知られ、日本初の便秘外来を立ち上げた順天堂大学…

クラフト・ジンによく合う本場スコットランドのつまみ5選

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)スコットランドでは近年、手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

西郷どんは真の愛犬家だった|西郷隆盛像の隣にいる薩摩犬の知られざる素性

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司

西郷隆盛の本当の愛犬は薩摩犬ではなく洋犬だった!【西郷隆盛よもやま話3】」では
上野恩賜公園の西郷隆盛の銅像のかたわらに付き添う犬が紹介されています。西郷の愛犬「ツン」は、もとは徳川将軍家にいた「お虎」という名の洋犬であり、銅像制作にあたり、急遽、薩摩犬に代えられたというエピソードです。

薩摩犬は現在、残念ながら絶滅していますが、この胸像が作られた頃はまだ純血種が生存していました。西郷どんの銅像に寄り添う薩摩犬は薩摩藩士の子弟、海軍中将となった薩摩出身の軍人、仁礼景範(にれ かげのり)が飼育していたサワという犬がモデルとなりました。

サワは仁礼景範の娘の春子がたいへん可愛がっていた犬でした。サワは立派に西郷像のモデルの役割を果たし、春子の元へ返されました。春子は成長し、後に総理大臣となる斎藤實に嫁ぎます。斎藤家には新聞記者がインタビューに訪れますが、春子は夫の元へ集まる新聞記者や若い学生などに、「西郷さんの犬のモデルは私が飼っていたサワなのよ」と嬉しそうに語ったそうです。春子にとってサワは生涯、忘れられない愛犬であり、モデルを務めた可愛い自慢の犬でした。

仁礼景範(1831〜1900年)の妹・園は西郷隆盛の弟・西郷吉三郎に嫁いでいる。娘春子は98歳で逝去した。

西郷隆盛自身もたいへんな愛犬家として知られています。お虎の他にもたくさんの犬を飼育しており、多い時は20頭近くも飼っていました。当時の日本では、犬は狩猟のために利用する使役犬で、愛玩目的で飼育する人は少なかったのですが、西郷隆盛には犬をペットとして愛玩していたエピソードがたくさん残されています。特に鰻屋でこっそり犬に鰻を与えた話は有名です。

【西郷隆盛の名言】「晋どん、もうここらでよかろう」」では、高島鞆之助と大久保利通の屋敷を訪ねた時に、茶菓子に出ていたカステラを取りに戻った楽しいエピソードが紹介されていました。甘党で美味しいものが大好きだった西郷は肥満になり、医者から運動療法の散歩をすすめられます。その散歩に、西郷は犬を連れて歩きました。「犬がたくさん歩いているから、あれは西郷さんだ」とすれ違った人は気が付きました。

西郷隆盛が犬との散歩を欠かさなかった理由については、【西郷隆盛よもやま話1】でも詳しく紹介されています。当時の日本で犬を連れて歩くのは狩りに行くときのみであり、犬連れの散歩はたいへん珍しかった。今でこそ、犬の散歩は犬の健康維持のために欠かせないもので、飼い主の義務でもありますが、当時は犬の正しい飼育習慣がまだ確立されていなかった時代です。西郷隆盛は「犬の散歩」という正しい飼育管理方法を日本で広めた、最初の人物と言えるでしょう。

絶滅した薩摩犬は立ち耳で差し尾、子犬は茶色く、成長するにしたがって黒胡麻になった

西南戦争が勃発した時も、西郷は戦地に愛犬を連れて行きました。新政府軍に追い詰められる中、食糧事情はどんどん厳しくなっていきますが、自分の食べ物を分け与えながら、数頭の犬を身近に置いていました。「【西郷隆盛の最後の戦いは372人vs.5万人という悲愴すぎる戦いだった】」では厳しい戦いぶりが紹介されています。そして、軍の解散を決意した時、西郷は犬を戦場から逃がします。せめて犬だけでも生き延びてほしい。犬を解き放った西郷は、真の愛犬家でした。

ヒトラーは「動物の愛人」と呼んだシェパード犬ブロンディを、ベルリンの地下壕で殺します。西郷隆盛は愛犬を戦場から逃がしました。どちらの犬も、主人をひたむきに信じ、心から愛していたことは間違いありません。西郷が愛した犬達の行方はよくわかっていません。上野の銅像の犬・ツンを見た時、戦場で解き放たれた数頭の犬のこともぜひ、思い出してみてはいかがでしょうか。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

写真/木村圭司

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 犬の「カリカリ」を冷蔵庫に入れちゃダメ!ペットのための食中毒対策…
  2. 災害時、ペットと一緒に避難するには?環境省の改訂ガイドラインを読…
  3. 愛犬の困った「オシッコ問題」どう対処すべき?専門の獣医師が指南
  4. 飼い主さんは絶対知って!ペットが食べると危険な「花」とは
  5. 犬の飼い主は絶対知っておくべき「夏のキケンな果物」はブドウ
PAGE TOP