新着記事

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

【西郷隆盛の名言】「晋どん、もうここらでよかろう」

文/矢島裕紀彦

西郷隆盛のユーモアについて、同時代のジャーナリスト徳富蘇峰が書き残している。

「西郷翁にはユーモアというものがある。これは実に珍しい。(略)人間が何となく余裕があり、寛ぎがある」(『近世日本国民史』)

これに近いものを見せたのは勝海舟ぐらいだとして、蘇峰は江戸の無血開城の前日、高輪で会見した際に、ふたりが交わした会話を紹介している。

このとき、西郷が、「先生も今度はお困りであろう」と言ったのに対し、海舟は「お互いに地を換えて御覧なされ、尊君たりとも同様であろう」と返したというのである。ちょっと禅問答のような妙味が感じられる。

蘇峰はさらに、こんな逸話も紹介している。

あるとき、西郷隆盛が高島鞆之助を連れて大久保利通の屋敷を訪ねた。ところが、どうした経緯か、主客のいずれかに、何か機嫌を損ねることがあり、西郷らは早々に座を立って引き上げた。しかし、門を出るとき、西郷はふと高島を顧みて、「鞆どん、あの茶菓子に出たカステラは誠にうまそうであるから、あれを貰って来い」と言って高島を立ち戻らせ、座敷にそのまま置いてあった鉢に持ったカステラをひっさらって持ち帰ったという。

西郷と大久保の間に、何か緊迫したものが横たわっていたからこその対面早々の帰宅であったろうが、そこでなおかつ、西郷はカステラを持ち帰るユーモアを見せるのである。蘇峰はこの話を、高島鞆之助から直接聞いたという。

西郷が城山で最期を迎えるとき、別府晋介に告げた最期のことばにも、蘇峰は注目した。

「晋どん、もうここらでよかろう」
--西郷隆盛

蘇峰はこの言葉に西郷の体の奥底にあるユーモアを見て、こう記した。

「ユーモアの気分は、いかなる緊迫したる場合にも、人の心をして綽々余裕たらしめる。城山の陥落の時に、西郷が別府晋介に向かって、『晋どん、もうここらでよかろう』というて、彼を介錯させた時のごとき、いかにも面白き最期である。悲壮なる場面を、かくのごとく軽妙に終わりたるは、まことに珍しき死に際であったといわねばならぬ」

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

【関連記事】
【西郷隆盛の名言】「晋どん、もうここらでよかろう」
【西郷隆盛の名言】「日本中が雨漏りしている。わが家だけ直すわけにはいかぬ」
【西郷隆盛の名言】「人に推すに公事至誠を以てせよ」
西郷隆盛が説いた「人の上に立つ者が心すべきこと」とは【西郷隆盛の名言】
西郷隆盛の最後の戦いは372人vs.5万人という悲愴すぎる戦いだった
西郷隆盛の銅像が履いている「足半草履」の長所とは【西郷隆盛よもやま話5】
西郷隆盛が贋札「西郷札」を発行した理由【西郷隆盛よもやま話4】
西郷隆盛の本当の愛犬は薩摩犬ではなく洋犬だった!【西郷隆盛よもやま話3】
写真を一枚も残さなかった西郷隆盛の本当の顔は?【西郷隆盛よもやま話2】
西郷隆盛が犬との散歩を欠かさなかった理由【西郷隆盛よもやま話1】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 西郷どんは真の愛犬家だった|西郷隆盛像の隣にいる薩摩犬の知られざ…
  2. 【西郷隆盛の名言】「日本中が雨漏りしている。わが家だけ直すわけに…
  3. 【西郷隆盛の名言】「人に推すに公事至誠を以てせよ」
  4. 西郷隆盛が説いた「人の上に立つ者が心すべきこと」とは【西郷隆盛の…
  5. 西郷隆盛の最後の戦いは372人vs.5万人という悲愴すぎる戦いだ…
PAGE TOP