新着記事

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

知る人ぞ知るパンの名店!沖縄・宗像堂の天然酵母パン10選

文/編集部沖縄本島中部の宜野湾市にある『酵母パン 宗像堂』は、天然酵母パンづくりの先駆けとし…

【夕刊サライ/福澤朗】武夷岩茶を訪ねて(福澤朗の美味・料理コラム 第6回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日

文・写真/りんみゆき(香港在住)香港(ホンコン)と聞くと、高層ビルが建ち並ぶ光景、またはショ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

犬の飼い主は絶対知っておくべき「夏のキケンな果物」はブドウ

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司

人間にとっては美味しい果物ですが、犬や猫にとっては実は怖い食べ物となるものがあります。チョコレートや玉ねぎが、よく知られています。

じつは、夏にかけて出回る「ブドウ」もそのひとつ。ひびき動物病院院長の岡田響先生は、中毒を招くブドウの危険性について、「ブドウは生の果実も、菓子パンや焼き菓子などに入っている干しブドウも危険だとされています。犬や猫が知らずに食べてしまうと、深刻な腎不全を起こしてしまい、命に関わります。家庭では犬や猫が直接触れられない場所に保管してほしいですね」と教えてくれました。

うっかりテーブルの上に置いたものを犬が食べてしまうケースが多いので冷蔵庫で保管を。

「チョコレートや玉ねぎが犬にとって危険な食べ物であることはよく知られていますが、ブドウが犬にとって危険な食べ物だと注目され始めたのが比較的最近なこともあり、知っている飼い主さんは意外と少なく、テーブルの上の置きっぱなしにして、うっかり食べられてしまったり、干しブドウの入ったぶどうパンなどを食べてしまうケースがあるようです。とくに干しブドウのレーズンはシリアルなどにも含まれていて、飼い主さんが気づかないうちに食べてしまうこともあるので、普段から注意が必要です」(岡田先生)

ブドウ中毒では怖い急性腎不全になる

タマネギは、アリルプロピルジスルファイドという成分が犬の血液中の赤血球の膜を破壊することがわかっています。またチョコレートはテオブロミンとカフェインが中毒の引き金となるのですが、ブドウの場合は、含まれる成分の何が犬にとって害になるのか、まだわかっていません。そして、おそらく猫も同様だろうと考えられています。

日本小動物獣医学会誌で紹介された犬の症例では、3歳雄のマルチーズがブドウ約70グラムを食べたところ、5時間後に嘔吐と乏尿(尿が少なくなる)となり、4日後に死亡した事例が紹介されました。日本だけでなくアメリカ、イギリスでもブドウ中毒について症例が発表されており、その多くは2~3時間後には嘔吐、下痢、腹痛、食欲不振などの症状が出て、高リン血症、高カルシウム血症、乏尿・無尿(尿が出なくなる)など、特徴的な腎不全の兆候が現れました。

ブドウの何が原因なのか、今のところよくわかっていませんが、症状が出たすべての犬で腎尿細管壊死が見られ、症例報告にあるような急性腎不全になってしまうようです。腎不全は不可逆性(元の状態に戻れない)に進行する怖い病気で、なってしまってからでは治すことは困難です。

原因不明な上、個体差もあるブドウ中毒

ブドウを食べても全く症状の出ない犬もいて、どうして犬によって差が出るのか、現時点では明らかにされていません。ワイン農家で飼育されている犬が、ブドウを食べても元気で暮らしているという事例もあります。

ブドウの果実そのものが毒になるのか、付着した残留農薬あるいは何らかの重金属やカビなどが原因なのではないかという研究者もいて、不明な点が多いブドウ中毒。とはいえ、明らかにブドウが原因で命を落とす症例が世界中で発表されており、飼い主さんとしては気を付けるべきだと岡田先生は注意を促しています。

「命の危険があるのは明らかですから、それを回避した方が良いことはご理解いただけると思います。とくにブドウによって腎臓が大きくダメージを受けてしまうと、機能が回復することは難しくなります。

うちの子は大丈夫だろうと過信するのではなく、レーズンやブドウは絶対に食べてはいけないものと考えて、なるべく犬や猫のいる場所から遠ざけて保管する方が良いでしょうね」(岡田先生)

ブドウを食べた場合は動物病院にすぐに相談を

万が一、愛犬がブドウを食べてしまった場合はどうしたらよいのでしょうか。岡田先生によると、「ブドウであることが明らかである場合は、すぐに動物病院でチェックしてもらいましょう。また、本当にブドウを食べたかどうか疑わしい場合であっても、念のために相談した方が良いと思います」とのこと。素早く、慎重に対応すべきだとアドバイスしてくれました。

「獣医師会雑誌の症例レポートでは、乏尿になってしまった場合の生存率は約24%、無尿になってしまうと約12%と報告されています。これはブドウで壊された腎臓が急速に腎不全へと進み、予後不良となる、ということ。腎不全への進行をなるべく抑えることがポイントとなりますから、なるべく早く処置してもらうことが大切です」。様子を見るのではなく、すぐに動物病院へ行くことが大事とのことです。

さらに岡田先生からはこんなアドバイスも。

「レーズンは人の身近な食べ物に、いろいろ入っていますよ。クッキーやパン、ケーキ、ジュース、シリアル、アイスクリームなどの加工品の中に、レーズンが含まれていることも。よくある食材ばかりですから、絶対に食べられないように。もちろんワインもNG。これから夏に向かって美味しいブドウが出回る季節となりますが、くれぐれも食べられないようにしてくださいね」

これからの季節、犬を飼っている方は、うっかりブドウを食べさせないように注意して下さいね!

取材協力/岡田響さん(ひびき動物病院院長)
神奈川県横浜市磯子区洋光台6丁目2−17 南洋光ビル1F
電話:045-832-0390
http://www.hibiki-ah.com/

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

写真/木村圭司

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 愛犬の困った「オシッコ問題」どう対処すべき?専門の獣医師が指南
  2. 飼い主さんは絶対知って!ペットが食べると危険な「花」とは
  3. ペットのノミ・マダニ対策、獣医さんに聞いたベストな方法とは?
  4. 盲導犬について知っておきたいいくつかの大切なこと
  5. あなたと愛犬との絆の強さが如実にわかる「犬の行動」とは?
PAGE TOP