新着記事

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その2~

【義家族との間】8歳上の嫁は「出産タイムリミット」数年扱い。悪意のない過度な期待が一番辛い~その1~

吾妻山の定番カット、菜の花と富士山

JR東海道線二宮駅から歩いて行ける!|湘南の絶景、菜の花満開の吾妻山から富士山を見る(神奈川県二宮町)

初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

堀文子 太神楽柄ショール|孤高の日本画家、堀文子の代表作を描いたストール

『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

2020年「開運×絶景スポットランキング」|3位 箱根神社(神奈川県)、2位 高屋神社(香川県)、1位は?

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司

お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯

第九代平戸藩主の松浦清(まつらきよし、号は静山)は日光東照宮に行く道すがら、伊勢神宮にお参りに行く「参宮犬」と出会い、二日間、同行した出来事を、随筆集「甲子(かつし)夜話」に残しました。長距離移動の犬と旅をした、愛犬家の大名でした。

松浦ら一行が雷電宮という社で短時間の休息した後、出発したところ、どこからともなく赤犬が現れて、後をついて来たのです。首には「参宮」と書かれた板と、小銭もつけています。近くにいた人に犬について尋ねると、奥州白川の住民の代わりに伊勢神宮へ参った帰りだとか。自分も日光東照宮に参る途中であり、心を動かされた松浦は、次の日もずっと見守るようにお伊勢参り犬に同行しました。

四時交加二巻(国立国会図書館アーカイブズ)でも、左上に里犬が描かれている

四時交加二巻(国立国会図書館アーカイブズ)でも、左上に里犬が描かれている

■司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り

犬が人間に代わってお伊勢参りに行くなんて、とても信じられないと司馬遼太郎も「街道をゆく」で書いています。確かに現代の感覚では、犬が伊勢参りするには、無理があるような気がしますが、江戸時代中期以降はごく自然な形で、人々の間で犬の伊勢参りは信じられ、社会全体に受け入れられていました。南総里見八犬伝の著者・滝沢馬琴も、息子が街で参宮犬を見かけたと日記に書き残しました。

現在の様に個人で犬を所有するのではなく、地域で犬を見守り、「里犬(さといぬ)」という形で、不特定多数の人々の間で飼育されていた時代です。犬が長距離を移動し、それをサポートする人々がいても不思議ではありません。犬の首に下げる「参宮」と書かれた木札には代理を頼む人の住所・氏名が書かれていたので、松浦清のように同行して道を教えたり、水や食餌を与える人がいたのでしょう。

実際、受け入れ先の伊勢神宮でも、外宮神官、渡会重全(わたらいしげまさ)が「明和続後神異記」で、参宮してきた犬に御祓をくくりつけて帰したと記述しています。渡会はその後の犬の行方をきちんと取材しており、「蝋燭屋与兵衛の旅籠に泊まった」とか「道すがら、小銭を与える人が多くて、犬の邪魔になったので、銀貨に両替した人がいた」さらに、「首のお金は最後まで盗られなかった」と書いています。

松浦は同行したお伊勢参り犬に対して、「伊勢へと志すと聞けば 畜類であっても 我が下野国まで行きしまされる心かな 人にはこれ以下もいることだろうと独りうち笑みいくほどに」と敬意を示します。「自分も日光東照宮に行くけど、お伊勢参り犬、ホントに偉い心掛けだなあ、こういう犬よりひどい人間もいるよね」と書いた松浦の気持ちは、約200年以上経った現代の私達にも共感できるものでした。

■マルチな才能を発揮した松浦静山というひと

宝暦10(1760)年に生まれた松浦清は、肥前国平戸藩の第九代藩主で、号が静山。現在ではこの号の松浦静山という呼び名で知られています。15歳で藩主となり、財政難だった藩を立て直し、19歳で学校を建設して優秀な若い人材を発掘。心形刀流(しんぎょうとうりゅう)剣術の師範として後輩を指導しました。その足跡を調べれば調べるほど、天晴れな充実人生ぶりに圧倒されます。

実力派藩主で人望も厚く、長く藩政にとどまると期待されていたのに、46歳の時、あっさりと隠居してしまいます。その後、82歳で亡くなるまでコツコツと書いた「甲子夜話」は、
正篇100巻、続篇100巻、第三篇78巻、合計278巻の超大傑作となり、江戸後期を代表する随筆集となりました。

文政4年11月17日(1821年12月11日)、干支の最初の甲子の日の夜に書き始めたこの「甲子夜話」にはシーボルト事件や大塩平八郎の乱など、実際の事件に関する内容の他、犬のお伊勢参りなどの社会風俗、民話や妖怪に関する話題、自分の身に起きたあれこれを、自由闊達に書かれています。

■静山が書き残して今に伝わる名言

特に有名な記述は、織田信長、秀吉、家康の三人がホトトギスを鳴かせるためにどうするか、という詠み人知らずの川柳です。この「甲子夜話」に掲載された結果、現代まで受け継がれることができたとも言われています。

さらに静山は江戸の大盗賊・鼠小僧が大好きだったようで、犯罪の記録から処刑されるまでを「甲子夜話」で克明に記しています。江戸の大悪党ではありますが、頭ごなしに犯罪者を否定するのではなく、温かい筆致で、同情的に書き残しているのが印象的です。

また、静山が書いた剣術書「剣談」にも有名な文章があります。「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」です。元プロ野球監督・野村克也氏の名言としても知られています。ほかにも蘭学に興味をもち、地球儀を所有していたほか、肉筆浮世絵のコレクターとしても有名でした。

あづまの花 江戸繪部類(国立国会図書館アーカイブズ)静山は勝川春章筆の肉筆浮世絵などを収集していました

あづまの花 江戸繪部類(国立国会図書館アーカイブズ)静山は勝川春章筆の肉筆浮世絵などを収集していました

静山は家族にも恵まれ、子どもは男子17名、女子16名。孫の一人である中山慶子(よしこ)は、明治天皇の生母となりました。静山は明治天皇の曾祖父として悠々自適の人生を全うします。それもお伊勢参り犬に優しく同行したおかげでしょうか。愛犬家から見ると、静山の立派なたたずまいに惹かれた犬が、信頼できる人物と判断して、寄り添ったのではないかと思うのですが。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

写真/木村圭司

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 生きたまま慰霊されたタロとジロと行方不明の遺骨 生きたまま慰霊されたタロとジロと行方不明の遺骨
  2. リードが外れた!いざという時のために今しておくこと ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと
  3. スパニエル種とは別種なので、現在はジャパニーズ・チンと呼ばれています 犬は「犬と狆」と考えていた江戸の人々の愛犬感覚
  4. 古いペットフードにご注意、獣医さんがすすめる保管方法 古いペットフードにご注意! 獣医さんがすすめる正しい保管方法
  5. 楊洲周延著 千代田の大奥神田祭礼上覧 狆のくるひ(国立国会図書館アーカイブズ) 狆と呼んだ娘と結婚した日露戦争の英雄・秋山好古
PAGE TOP