新着記事

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

実家の表具店で、職人たちの働きを幼いころから見てきたという小林新也氏は、ものづくりを追求する…

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

文/池上信次第20回「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか…

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

最大9連休だった今年のお盆は終わってしまいましたが、まだ夏休みを取られていない人、9月の連休…

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

文/印南敦史少なくとも十数年前まで、「定年」ということばには明るいイメージが多少なりともあっ…

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

戦前、わずか4社しかなかった国産時計メーカーのひとつ、村松時計製作所の初代は、他社では困難だ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

全国の中学生・高校生(中高生)に対し、大人へのイメージや10年後の日本の見通しについてどう考…

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

現状が順調な経営であったとしても、危機は必ずやってくる。そんな時、リーダーとしてはどのように…

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

サンマに代表される秋の魚のおいしい季節がやってくる。いつもガスグリルを使って魚を焼いているサ…

ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。

【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

【サライ・インタビュー】奥本大三郎さん(おくもと・だいさぶろう、作家、ファーブル昆虫館「虫の…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  逸品についての記事一覧

  1.  

    新型ジムニー|歴代最高人気モデル「JA11」仕様にする裏ワザ!

         

    文/天野光法約50年の歴史を誇るジムニー。その中でも1990年に発表されたJA11型は、軽自動車の規格変更により排気量がそれまでの550㏄から660㏄へと拡大。パワーとトルクがアップしたエンジンに加え、「これぞ四駆!」と思わせる角…

  2.  

    新型ジムニー|アウトドアで活躍する純正アクセサリー10選

         

    文/天野光法新型ジムニーは純正のアクセサリーパーツも豊富に揃っている。その…

  3.  

    マツダ・サバンナ|あのとき、僕も若かった(横山剣のクルマコラム 第8回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  4.  

    超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

         

    文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

  5.  

    三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

  6.  

    フォード・コルチナ・ロータスMk1|クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  7.  

    新型ジムニー|初代「LJ10」2代目「SJ30」3代目「JB23」歴代人気モデルとの共通点

         

    新型ジムニーがまだまだ話題である。その理由は、原点回帰ともいえる誰が見ても『本格四駆』と思え…

  8.  

    フォード ムスタング|オトナになってもポニーに乗ろう(横山剣のクルマコラム 第6回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  9.  

    鯨肉は入っていないけど「くじら餅」地域限定伝統菓子の魅力【老舗銘菓ものがたり】

         

    取材・文/鈴木拓也「くじら餅」と聞いて、皆さんはどんな餅を思い浮かべるだろうか? おそらく「…

  10.  

    エアコンと一緒に使って熱中症対策! 効率的に部屋を冷やす「高性能扇風機」3選

         

    文/安藤政弘記録的猛暑によって、連日寝苦しい夜が続いています。熱中症対策として1日中エアコン…

  11.  

    先代モデルと比べてわかった!新型「ジムニー」が話題の理由

         

    7月5日に発表・発売された新型ジムニーが話題である。先代ジムニー(JB23)から20年。4代…

  12.  

    トム・クルーズが「ミッション:インポッシブル」最新作で使用するBMW M5の実力

         

    私たち世代にとっては馴染み深い、あのテーマソングとともに「スパイ大作戦」こと「ミッション:イ…

  13.  

    オースチン・ヒーレー|故きを温ねて新しきを知る 人生とはレースと心得たり(横山剣のクルマコラム 第5回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  14.  

    夏目漱石、泉鏡花が愛した名店も!串団子の老舗3選【老舗銘菓ものがたり】

         

    取材・文/鈴木拓也和菓子の中でも庶民的なイメージのある串団子。古代から作られていた団子だが、…

  15.  

    日光のおいしい羊羹店5選【老舗銘菓ものがたり】

         

    取材・文/鈴木拓也日光山内は日光東照宮、二荒山神社、輪王寺からなる聖域だ。世界遺産『二社…

  16.  

    「トヨタ セリカ」“未来からやってきた君とスペシャルな時代の幕開け”(横山剣のクルマコラム 第4回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  17.  

    「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  18.  

    日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

  19.  

    ドイツ・ガッゲナウ:男のマロンを掻きむしられるほど極端なクルマに乗りに行く旅(パラダイス山元の旅行コラム 第6回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

  20.  

    「ロータス エラン」 “ハンサムなプレイボーイ” になって一緒に走る日を夢見て(横山剣のクルマコラム 第2回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  21.  

    「いすゞ ベレット」 “僕はタイムマシンに乗ってソウルフルな世界にワープした”(横山剣のクルマコラム 第1回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  22.  

    いつまでもクルマとたのしく付き合いたいから(テリー伊藤のクルマコラム 最終回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  23.  

    妖しくも美しき画家・金子國義の「モナリザ」は猫を抱いた謎の少女像

         

    文/編集部書籍や雑誌やレコードの装画で、駅張りのポスターで、きっとどこかで見たことがあるだろ…

  24.  

    知られざる履きやすい下駄!東京浅草・高久の八ツ割下駄【メイドインニッポン紀行】

         

    取材・文/編集部東京・浅草は新仲見世通りに店を構える高久は、創業80年の江戸小物・雑…

  25.  

    「テリーが惚れた偉大なるクルマ賢人たち」(テリー伊藤のクルマコラム 第12回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  26.  

    鉄板を叩いてつくる山田工業所の「打ち出し式」鉄フライパン【メイドインニッポン紀行】

         

    取材・文/編集部中華料理の料理人にとって、鍋は最も重要な道具である。炒める、揚げる、煮る、蒸…

  27.  

    心が満たされないときには(テリー伊藤のクルマコラム 第11回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

  28.  

    木の遊び人・永易真門さんの木製デスクペンとアロマポット【メイドインニッポン紀行】

         

    取材・文/編集部長野県茅野市、八ヶ岳を見晴かす標高1200メートルの高原に、小さな木…

  29.  

    ホンダ シビック|登場から46年、10代目はスポーティな味付けの高性能セダン【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家)初代の登場は46年前。一世を風靡した車種が次々と消えていく…

  30.  

    100万円で『ちょっと違う世界』を買おう(テリー伊藤のクルマコラム 第10回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

PAGE TOP