新着記事

鶏肉とじゃがいものローズマリーグリル

【管理栄養士が教える減塩レシピ】春だけじゃない!秋も旬のじゃがいもを使った料理2品

写真・文/矢崎海里全国各地で栽培され、一年中お店に並んでいるじゃがいも。5月頃には新…

副業

年収800万円以上のビジネスマンの約2割が副業している!|副業での年収は「100万円以上~499万円以下」が最多

政府が働き方改革の一環で副業を推進していますね。それを受け副業を解禁する企業も増加してきてい…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

「報連相(報告・連絡・相談)」や「CC(Carbon Copy:カーボンコピー、同報メール)」は…

マスクディスペンサー60|マスクを1枚ずつ取り出せる専用収納箱

これからの季節はインフルエンザや花粉症予防のために、使い捨てマスクの使用が頻繁になる。薬店な…

岐阜県内(美濃国)には明智光秀伝承が数多く残る。写真は恵那市千畳敷公園内にある「明智光秀産湯の井戸」。

【今から待てない『麒麟がくる』!】大河ドラマファンの編集者が明智光秀が主人公の『麒麟がくる』に期待する理由を語り尽くす Part1

30数年前、NHK大河ドラマが3年間路線転換をした。1984年の『山河燃ゆ』を皮切りに『春の波涛…

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~

【夫婦の距離】妻孝行のつもりは夫だけ。「旅行は女友達と」が妻の本音~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1. 応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり  

    出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

         

    写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと向かった織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英傑」に仕える武将たちは、忠義を守りながら、時に家のために立場を変えながら生き残りを図りました。その中には、出世や左遷によって、全国を飛び回…

  2. 『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会  

    猫との出会い ~窓から入って来た子猫~|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その1】

         

    『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part1 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

  3.  

    過激な音の乱舞!作曲家・西村朗の幻覚的で魔訶不思議な音楽【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)日本のみならずアジア全域における伝統文化、宗教、美術など…

  4. サンドウィッチマン  

    サンドウィッチマンの好きなところランキング|1位は「ネタの面白さ」

         

    好感度ナンバーワンのお笑いコンビ、サンドウィッチマンの2人(伊達みきお、富澤たけし)。東京2020聖…

  5. 『あなたへ』  

    降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎる日本映画 第31回】

         

    文・絵/牧野良幸今回は5月に惜しくも亡くなった降旗康男(ふるはた・やすお)監督の作品…

  6. スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】  

    ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

         

    文/池上信次第11回スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリ…

  7.  

    マックス・リヒターの音楽|暴力に傷ついた人々への悲しみの治療行為【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)もっとも重要な音楽的出来事は、常にジャンルの境界線上で起…

  8. 約5年ぶりに日本市場に復活したインサイト。車体は大型化し、全幅は1.8mを超える。低重心設計で、走行安定性は極めて高い。  

    ホンダ インサイト|走り、燃費、デザインを高次元で調和させたスポーティなエコカー【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) F1などの競技で培かった技術を活かした高性能な車づくりに…

  9. ビル・エヴァンス『ポートレイト・イン・ジャズ』  

    「アニソン」ジャズはビル・エヴァンスから始まった!? 『白雪姫』がジャズ・スタンダードになるまで【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道10】

         

    文/池上信次第10回ジャズ・スタンダード必聴名曲(6)「いつか王子様が(Someday My P…

  10. 古馴染みの東京・新宿のライブハウス『ピットイン』でサックスを吹く。今も年におよそ100ステージを各地でこなす。海外公演も多い。「僕は音楽を通して“生きる”ことの表現をしている」  

    【インタビュー】坂田 明(ミュージシャン・74歳)「引退するとしたら、死んだときです。100歳までサックスを吹き続けていたい」

         

    【サライ・インタビュー】坂田 明さん(さかた・あきら、ミュージシャン)――半世紀を超える…

  11. 諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話】  

    諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【後編】【中国歴史夜話 1】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)【前編はこちら】孔明と兄・諸葛瑾は腹違いだった?諸葛…

  12. 諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【前編】にっぽん歴史夜話17】  

    諸葛孔明とその一族~三国にまたがる血脈【前編】【中国歴史夜話 1】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)不世出の軍師として、あまりにも有名な諸葛亮孔明(181~23…

  13.  

    フランス至宝の音色!歴史的チェンバロで奏でるルイ・クープランの組曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)2015年春にオープンしたフィルハーモニー・ド・パリは、…

  14. 90年代恋愛ドラマ主題歌ランキング  

    90年代恋愛ドラマ主題歌ランキング| 1位は「ラブ・ストーリーは突然に」

         

    TVドラマの黄金時代ともいわれる90年代。ドラマの人気とともに大ヒットした主題歌は、今もカラオケの人…

  15. ビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビイ』(リヴァーサイド)  

    ビル・エヴァンスはなぜ人名を曲名にするのか~大名曲「ワルツ・フォー・デビイ」がスタンダード化しない理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道9】

         

    文/池上信次第9回ジャズ・スタンダード必聴名曲(5)「ワルツ・フォー・デビイ」これまでこの連…

  16. 全てが純正を維持している300ZX50thアニバーサリーは、とても希少だそう。  

    【私のクルマ遍歴】『300ZX50thアニバーサリー』と『GT-R(R35型)』が並ぶ、夢のような駐車場(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  17. 左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。  

    【私のクルマ遍歴】本当は『300ZX』が欲しかったものの高すぎて手が出せず、マイナーチェンジしたばかりの『GTS-X』を購入(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  18.  

    一本のネジが物語る真実!幕臣・小栗上野介と日本近代の本当の夜明け

         

    群馬県高崎市東善寺の境内に大切に保管されている1本のネジがある。一見なんの変哲もないただのネジだが、…

  19.  

    安心して帰ってこられる場所のような音楽|ラーシュ・ヤンソン『ジャスト・ジス』【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)北欧の音楽は、ジャンルを問わずどうしてこれほど魅力的なの…

  20. ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(4)~「ジャズに名曲なし」の真実  

    「ジャズに名曲なし」の真実【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道8】

         

    文/池上信次第8回ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(4)~「ジャズに名曲なし」の真実…

  21. 『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』  

    「とにかく撮ってみる」から始めよう!|『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』

         

    文/印南敦史『定年後は「写真」に凝って仲間をつくろう』(福田徳郎著、亜紀書房)の初版が発…

  22. 「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】  

    「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)新元号「令和」の出典として注目を浴びた万葉集。奈良時代に成立…

  23. 榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭  

    戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

         

    「歴史は勝者がつくるもの」とは世の理。敗者の歴史は後世顧みられることもなく、闇に埋もれてしまうことも…

  24.  

    パーヴォ×パリ管「シベリウス交響曲全集」の明晰で力強くみずみずしい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)森と湖の国フィンランドの作曲家シベリウスの音楽は、北国の…

  25. 『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)  

    マイケル・ジャクソンも歌ったジャズ名曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」の秘密|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道7】

         

    第7回ジャズ・スタンダード必聴名曲(4)「オール・ザ・シングス・ユー・アー」文/池上信次今回…

  26. 『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』  

    1000駅走破した達人が推奨する「道の駅めぐり」という愉しみ|『首都圏「道の駅」 ぶらり半日旅』

         

    文/印南敦史文字どおり大型の10連休が終わり、しばらく祝日はおあずけとなる。次の連休が7…

  27. お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。  

    【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  28. 茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。  

    【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  29. アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)  

    明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

         

    幕末の日本でいち早く近代化を推進した小栗上野介忠順は、「徳川近代」を象徴する幕臣である。その小栗が維…

  30. マーラー:交響曲第6番イ短調《悲劇的》  

    クラシック界最注目の風雲児クルレンツィス渾身の「マラ6」に聴く”闇の力”【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ギリシャ出身で西シベリアのペルミを本拠に活躍する指揮者テ…

PAGE TOP