新着記事

わかさぎと小じゃがのアヒージョ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】カルシウム豊富!丸ごと食べられる「わかさぎ」を使った「カレーマヨ揚げ」「アヒージョ」

写真・文/矢崎海里島根の宍道湖、長野の諏訪湖、山梨の山中湖など、全国各地の湖で、冬の風物詩と…

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

寒さが足元から上がってくる季節は、靴下を重ね履きをするとほっこりと暖かい。そこで本品では、シ…

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

生きていく上で必要な、労働すること、そしてその結果である報酬を得ること。この2つの意味を考え…

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

文/池上信次レコード登場の当初から長らく続いた「3分しばり」ですが、ついにそのしばりが解ける…

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

胸ポケットにもすんなり収まる牛革のとてもコンパクトな小銭入れだ。小型サイズながら、ちょっとし…

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

日本では65歳以上の高齢者の人口は年々増加傾向にあり、総人口に占める割合は世界1位です。また…

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

平素より『サライ』をご愛読いただき、誠にありがとうございます。新型コロナウイルス感染…

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

共働き家族が急増している現在、忙しいパパ・ママのサポートのために、「孫育て」に関わるじぃじや…

【嫌な部屋干しの臭い】生乾きの臭いを解消する有効な対策とは?

季節は冬から春に移り変わりつつあり、花粉が増える時期になりました。洗濯物も夏場に比べて外に干…

電動フルオートアンブレラ|開閉の途中で止められる、完全自動の電動傘

ワンタッチで開閉する傘は特段珍しくはないが、本品はそれを電動で行なう。電動開閉の利点はふたつ…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1. 豊臣秀吉によって破却された富山城。江戸時代に前田家の分家が独立し、居城として改修した。現在の天守は昭和29年に建造  

    織田家への忠誠心を抱き続けた末の不運な最期|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【佐々成政編】

         

    写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと進んだ織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英傑」の元で仕えた武将は、忠義を守りながら、時に家のために立場を変えながら生き残りを図りました。その選択の中で、出世を果たしたり、逆に左遷を命…

  2.  

    BMW/Z4|トヨタとの技術提携で開発。人工知能技術も活用したロードスター【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) 走行性能に優れた車づくりに定評のあるドイツBMW。同社の…

  3. 曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話3】  

    曹操とその一族~妻たち、息子たち【中国歴史夜話 3】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)諸葛孔明とならんで三国志を代表するのは、曹操(155~220…

  4. 『ジ・アメイジング・バド・パウエル vol.1』 LPは1956年リリース。「ウン・ポコ・ロコ」3テイクは1951年5月1日録音。同名CDに収録。  

    なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?~「別テイク」の正しい聴き方(1)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道18】

         

    文/池上信次第18回なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?~「別テイク」の正しい…

  5. オリンピックイヤーの前に東京をより深く知る|『東京のナゾ研究所』  

    なぜ東京から「ビルヂング」が消えるのか?|『東京のナゾ研究所』

         

    文/印南敦史五輪まであと一年ということで、東京ではあちこちで工事が進められている。ここにきて…

  6. シューマン歌曲全集1:問い  

    より深い次元でシューマンの音楽に触れることができる【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)宝物としかいいようのないくらい、美しい声に恵まれた歌手が…

  7. 『モダン・ジャズ・カルテット&ミルト・ジャクソン・クインテット』  

    モダン・ジャズのグループにはなぜ名前がないのか?~異端のグループ「MJQ」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道17】

         

    文/池上信次第17回モダン・ジャズのグループにはなぜ名前がないのか?ビートルズ、クイーン、ロ…

  8. 「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】  

    「聖徳太子」は虚像だったのか【にっぽん歴史夜話18】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)日本史上の著名人を10人挙げよと言われれば、聖徳太子(574…

  9. レ・モノローグ  

    ヴィオラ・ダ・ガンバとチェロによるモノローグの世界【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ヴィオラ・ダ・ガンバという弦楽器をご存知だろうか。フラン…

  10. 「塩」を学ぶのは趣味としても最適!|『日本と世界の塩の図鑑』  

    日本だけでも4000種以上が手に入る!?|奥深い「塩」の世界

         

    文/印南敦史もちろん、もともとこだわりが強かったというかたもいらっしゃるだろう。だが、そ…

  11.  

    銭湯研究家・町田忍さん渾身の「銭湯ジオラマ」の圧倒的リアリティに脱帽!

         

    江戸時代、すでに町内に一軒はあったという銭湯は、老若男女問わず庶民の憩いの場だった。浮世風呂という言…

  12. (1)ジョン・マクラフリン・トリオ『Live At The Royal Festival Hall November 27, 1989』(JMT)  

    なぜジャズのレコードには録音年月日が必ず記されているのか?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道16】

         

    文/池上信次第16回なぜジャズのレコードには録音年月日が必ず記されているのか?ジャズのアルバ…

  13. 海底軍艦  

    東宝の誇る名優集結! オトナの特撮映画『海底軍艦』【面白すぎる日本映画 第32回】

         

    文・絵/牧野良幸俳優の高島忠夫さんが6月に亡くなられた。生前は映画だけでなくテレビで…

  14. 八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる  

    水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

         

    写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと進んだ織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英…

  15. シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2  

    シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)現代を代表するピアニストの一人で、1953年ハンガリー出…

  16. 『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』  

    テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

         

    文/池上信次第15回ジャズ・スタンダード必聴名曲(10)「バット・ノット・フォー・ミー」…

  17. 「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2】  

    「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)三国志のハイライトといえば、「赤壁(せきへき。湖北省)の戦い…

  18. マイ・ソングス/スティング(歌)  

    時代が変わっても、なおもファイティング・ポーズを止めない、真の男の風格|スティング【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1951年英国ニューカッスル生まれの歌手スティングは、今…

  19. 酒田市にある土門拳記念館の前で。XC90の車体色は7色から選べる(写真は漆黒のオニキスブラックメタリック)。全車種が4輪駆動で2輪駆動車はない。  

    ボルボ/XC90|高い静粛性と燃費性能。先進安全装備も充実のディーゼル車種が登場【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) 2016年に車づくりを刷新したボルボ。その第1弾となった…

  20. 仕事場の棚には、師・木村伊兵衛の作品が山積み。「代表を務める写真保存センターで、著名な写真家の仕事を語り継いでいくシステムをつくることも私の重要な仕事です」  

    【インタビュー】田沼武能(写真家・90歳)「写真家にゴールはない。命ある限り、世界の子供たちの写真を撮り続けたい」

         

    【サライ・インタビュー】田沼武能さん(たぬま・たけよし、写真家)――写真家として70年、…

  21. (2)エラ・フィッツジェラルド『エラ・シングス・ガーシュウィン』  

    帝王シナトラと女王エラが、ともに「最初の曲」に選んだ絶品バラード【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道14】

         

    文/池上信次第14回ジャズ・スタンダード必聴名曲(9)「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミ…

  22. フェアレディの衝動買いには慣れた奥様ですが、自宅に運ばれたジャガーを目にした時は、さすがに唖然としたそうです。  

    【私のクルマ遍歴】念願だったローウィンドウの『フェアレディ』を購入! そして、オークションで真っ赤な『ジャガー』と出会う(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  23. 画像はのちに購入したフェアレディ。アメリカで補修用パーツの入手するためのノウハウは、日本に戻ってからも大いに役立っています。  

    【私のクルマ遍歴】はじめて購入したクルマは、エンジンの動かない『フェアレディ2000』!(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  24. シューベルト:フォルテピアノによる 4手連弾作品全集 第1巻エキゾ ティシズムと対位法  

    かつて家庭やサロンで演奏されていた連弾作品の真価をフォルテピアノにて問う【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)18世紀後半、すなわち古典派の始まりから、19世紀全般、…

  25.  

    「日本万国博覧会」「太陽の塔」大阪を通じて「昭和」を思う|『お邪魔しMAXデラックス 底抜けオオサカ観光局』

         

    文/印南敦史タイトルのみならず、表紙のイラストまでが期待度を高めてくれるのが、今回ご紹介…

  26. 蜂・ムカデ・ゴキブリまで⁉ 供養碑に見る日本人の動物愛護  

    命あるものは平等に尊いと考えた日本人| 供養碑に見る動物愛護の軌跡

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司日本人は世界に類を見ない、動物愛護精神をもった国民…

  27. 『エイプリル・イン・パリ〜チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』  

    数千ヴァージョンが存在するキング・オブ・スタンダード「サマータイム」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道13】

         

    文/池上信次第13回ジャズ・スタンダード必聴名曲(8)「サマータイム」ジョージ・ガー…

  28. 高山親子が居住していたとされる地に立つ「高山右近生誕地の碑」(大阪府豊能町)  

    キリシタン大名の数奇な人生|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【高山右近編】

         

    写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと向かった織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三…

  29. 「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】  

    「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)額田王(ぬかたのおおきみ)の名は、「万葉集」随一の女流歌人と…

  30. ドビュッシー:牧神の午後への 前奏曲  

    アルハンブラのカール5世宮殿での演奏会をDVDとCDで再現【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1971年パリ生まれの指揮者フランソワ=グザヴィエ・ロト…

PAGE TOP