新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

夏こそ「朝トマト」で元気に!リコピン吸収率は朝と昼で大きく違うと判明

トマト

夏の野菜といえばトマト。夏バテした時にトマトに助けられたという人も多いはず。

近年の研究で、トマトに多く含まれる栄養素の「リコピン」が健康や美容によいことが明らかとなり、一大ブームとなりましたよね。

でもこの栄養豊富なトマト、朝、昼、夜、いつ食べることが多いですか? 実は食べる時間帯によって栄養の吸収率が変わることがわかったんです!

■リコピンの吸収率が高い時間帯は朝!

カゴメが行った、トマトジュースの摂取時間帯が体内へのリコピン吸収に与える影響を調べた研究では、朝・昼・夜の時間帯のうち、トマトジュースからリコピンを効率よく吸収するのは“朝”であることが明らかになりました。

同研究では、健康な成人男女23名に朝(8時)・昼(12時)・夜(時)の各時間帯でトマトジュース160g(リコピン16mg)を飲んでもらい、 その後の血中のリコピン濃度を測定したところ、トマトジュースを朝に摂取すると体内に吸収されるリコピンの量がもっとも多く、次いで夜、昼という結果になりました。

この結果には食事をするまでの絶食時間の長さも関係しているようです。

表2

とくに、朝に摂取して4 時間後、6 時間後では、昼に飲んだ時と比較して統計学的に有意な差が見られ、昼、夜と比べて長い時間、体内のリコピン濃度が高いことがわかりました。
表1

■夏の朝食にはトマトを摂るべき3つの理由

ぜひ夏の朝食にはトマトやトマトジュースを摂って、乾いた身体にリコピンを効果的に取り込みたいですね。夏にトマトを摂ると以下のような利点がありますよ!

(1)夏のだるさを解消
リコピンの抗酸化作用が紫外線によって生じた活性酸素を消去して、夏のだるさ、疲労を取り払います。

(2)日焼けした肌のダメージを軽減
リコピンには日焼けによるシミやシワ、赤みを軽減してくれる働きがあります。朝に摂って日焼けを予防しましょう。

(3)ビタミン、ミネラルを補給する
夏は汗とともに体内のミネラルが奪われ、その結果、疲れやすくなったり、血圧が上がったりと体調不良のもとに。トマトは健康を維持するビタミンやミネラルもバランス良く含んでいます。

■生活習慣病にもよいトマト、効率的な摂り方は?

夏の疲れた身体を補助してくれるだけでなく、トマトのリコピンには血液中の悪玉コレステロール(LDL)が酸化するのを抑制したり、糖尿病や動脈硬化の予防・改善作用に効果的なホルモンである「アディポネクチン」の血中濃度を増加させたりと生活習慣病の予防も実証されているとのこと。

そのままカットして食べるよりも、トマトジュースのように加工したり、オリーブオイルなど油分と一緒に摂取したほうが、リコピンの吸収率が高まります。熱にも壊れにくいため、火を通した調理法もOKです。

まだまだ暑い日は続きます。食欲も落ちやすいこれからの季節には“朝トマト”。真っ赤なトマトで夏バテ対策していきましょう。

【参考リンク】
※朝にトマトジュースを飲むと機能性成分”リコピン”が効率的に吸収されることを”ヒト試験”で確認
http://www.kagome.co.jp/company/news/2016/08/002699.html

取材・文/庄司真紀

【関連記事】
沖縄の夏を乗り切る食の知恵!ゴーヤーは「味噌煮」で食すべし

死亡者の8割が65歳以上!高齢者の「真夏の熱中症対策」基本のキ

あなたは何歳?自分の「健康年齢」を簡単にチェックする方法

健康長寿世界一!香港人の元気を支える「基本のチキンスープ」の作り方

秀吉も頭が上がらなかった女傑・おねの健康の秘訣は●●にあった【戦国武将の健康術】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 美味しくて体にやさしい料理!藤春シェフの「ケアリングフード」入門…
  2. 味噌選びは「塩」選び!塩分摂取を抑えて美味しく仕上げる発酵調味料…
  3. 美味なる健康食「ケアリングフード」入門講座&試食会のご案内(講師…
  4. ロコモやサルコペニア対策にも!ケアリングフード的「たんぱく質の上…
  5. 知っておきたい!「食用油」の上手な摂り方・使い方の秘訣【エピキュ…
PAGE TOP