新着記事

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康

秀吉も頭が上がらなかった女傑・おねの健康の秘訣は●●にあった【戦国武将の健康術】

北政所と称された秀吉の正室おね。才気煥発で大名たちとも渡り合ったおねも、温泉でのくつろぎの時間を大切にした。高台寺蔵。

北政所と称された秀吉の正室おね。才気煥発で大名たちとも渡り合ったおねも、温泉でのくつろぎの時間を大切にした。高台寺蔵。

温泉大国日本らしく、戦国武将たちも温泉の恩恵にはずいぶん助けられていたようだ。著書『戦国武将の養生法』などで、豊臣秀吉が実践した湯治の効能について説く宮本義己さんはいう。

「生前、有馬温泉(兵庫県)に9回ほど湯治に出かけた秀吉は、戦の最中にも配下の武将たちに箱根の湯や佐賀の武雄温泉への入湯を勧めたり、徳川家康には草津の湯(群馬県)を勧めるなど、温泉養生の効果を実感していました」

秀吉の正妻おね(1549~1624※生年は諸説あり)もまた、温泉を愛した戦国人のひとりである。

有馬は京都や大坂からもほど近い温泉場で、おねも秀吉とともに折に触れて有馬に湯治に出かけていた。有馬の泉源の近くに、秀吉の御殿とは別に、おね専用の御殿も建てて持っていた。

また、おねの実兄・木下家定に始まる足守木下家には、旅先などで利用したと思われる「伝北政所道中風呂」が伝えられている。

身だしなみもかねた入浴で、常に清潔を保っていたのも、おねの健康の秘訣だったようだ。

「おねは政治にももの申す女傑で、秀吉も頭が上がらなかったようです。そんな精神力の強かったおねが安らぎを求めたのが、神仏への祈祷と沐浴養生だったのだと思います」(宮本さん)

良家の子女をとりまとめ、天下人である夫を陰で支えたおねは、77歳の長寿を全うしている。

有馬温泉の「太閤湯殿館」には秀吉の湯殿遺跡が再現されている。高温の有馬の湯は蒸し風呂と沐浴

有馬温泉の「太閤湯殿館」には秀吉の湯殿遺跡が再現されている。高温の有馬の湯は蒸し風呂と沐浴の両方を楽しむことができた。

ストレス鎮静が武将最大の命題

有馬に足繁く通った秀吉とおねの他、箱根の湯を保護した北条早雲や、領内に隠し湯を持っていた武田信玄、上杉謙信、秋保温泉(宮城県)に湯浴み御殿を持っていた伊達政宗、湯田温泉(山口県)に浸かった毛利隆元、別府で温泉療養をした大友宗麟など、温泉を愛した戦国武将は多い。

武将にとって、過剰なストレスを静めることが、何よりも大切だったと前出の塩谷さんは語る。

「温泉は成分によって傷を癒す、疲労回復、リラックスなどの効果があります。しかし何より、湯治が旅行もかねていることに意義があるように思えます。“非日常”を体験できる旅は、ストレスからの解放を促します。現在、旅がアンチエイジング(抗加齢)に効果があるのではという研究も進んでいるほどです」

温泉にゆったりと浸かることは、武将にとって心と体を養う立派な健康術だったといえそうだ。

取材・文/平松温子
(本記事はサライ2014年12月号に掲載されたものです)

【関連記事】

長生きの秘訣!天下人・徳川家康の「長寿の極意」3か条

74歳で天下獲得をはたした徳川家康、その長寿を支えた健康術とは?

意外と生真面目!? 伊達政宗の「独眼流」健康法5つ

じつは理にかなっていた? 石田三成の「三服の茶」は、なぜ健康にいいのか

天下の御意見番・大久保彦左衛門の「長生きしたければ鰹節を食べよ」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 旅館大村屋の客室の源泉掛け流し温泉 温泉湯豆腐と嬉野茶で癒される|嬉野温泉(佐賀県)【魅惑の温泉案内…
  2. 『さすらい温泉 遠藤憲一 極上温泉ガイド』 「行きたくてたまらない温泉」を見つける|『さすらい温泉 遠藤憲一…
  3. 履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方
  4. 好みでシナモンかバニラエッセンスをひとふりして完成 アンチエイジング効果があると話題の「アーモンドミルク」の秘密
  5. 日本で初の「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬・断薬のすすめ」とは? 薬の9割はやめられる|日本初「薬やめる科」の医師が提唱する「減薬…
PAGE TOP