サライ.jp

永遠の都・ローマ。ヨーロッパきっての観光地として名高い地だが、ほとんどの観光客はホテルに滞在し、せいぜい数日見物して他の場所に移動してしまうだけだろう。じっくり腰を落ち着けて、暮らすように旅してみたい……この夏そんな憧れを叶えたのが、元・出版社勤務の中川豊さん(66歳)。ローマの中心部に部屋を借りて1か月、ゆったり気ままに見て回り、食べて回ったローマ(とその周辺)の旅の記録を、数回にわたって紹介いただきましょう。

※前回の記事: ローマにアパートを借りて暮らすように旅してみた!【イタリア・ローマを歩く 第1回】

ローマには、遺跡の穴からパスタの穴まで、たくさんの「穴」がある。そんな多くの穴の中から、見たい穴、覗きたい穴、知られざる穴などなど、文字通りの「穴場」を訪ね歩いた。

まずは、誰もが知っている「パンテオン」から歩き始めよう。紀元1世紀から建っている、ローマを代表する建物のひとつだが、ここの天井の穴には「オクルス」と呼ばれる穴があいている。

image2

パンテオンのオクルス

ここから差し込む太陽光の表情は、時間ごとに変化し、見ていて飽きない。私が訪ねた日は、たまたまニースでのテロ事件直後……。差し込む光が、どこか哀悼の意の表情に見えた。

毎年、5月初旬から6月上旬の日曜日にある「聖霊降臨の日」には、この穴から数百万の真っ赤な薔薇の花びらが降り、床が赤い絨毯を敷いたようになるとのこと。いつか見てみたいものだ。

パンテオンを出て裏手に回ると、建立当時の地面の位置が見える。現在のローマが遺跡の上にあることを実感できる。

パンテオン裏手。

パンテオンを出た後は、ゲットー(旧ユダヤ人街)まで歩いて、レストラン『ジッジェット』(http://www.giggetto.it/)で、パリパリに揚げたアーティチョークとビールで喉を潤した。界隈はこのようなアーティチョークのフリット(揚げ物)を出す店が多い。「アーティチョーク通り」と勝手に名付けることにした。

『ジッジェット』は1923年創業の老舗レストラン。昼はアーティチョークだけの注文でも応じてくれる。

Giggetto

レストラン『ジッジェット』(Giggetto)の店先。

ユダヤ風アーティチョークの唐揚げ。

ユダヤ風アーティチョークの唐揚げ。

入り口近くで、ひたすらアーティチョークの下ごしらえをする。調理法によって、剥き方が変わるという。

入り口近くで、ひたすらアーティチョークの下ごしらえをする。調理法によって、剥き方が変わるという。

レストランを出て、有名な「真実の口」のあるサンタ・マリア・イン・コスメディアン教会へと歩く。「真実の口」の前には長蛇の列ができている。そして何のためらいもなく、穴に手を入れる人びと。『ローマの休日』でのグレゴリー・ペック以外、手を食いちぎられた人はいないようだ。

真実の口。

サンタ・マリア・イン・コスメディアン教会の柱廊にある通称「真実の口」。

元は古代の井戸か下水溝の蓋と言われている。6世紀に建てられ、8世紀に改築された教会は、装飾が控えめで落ち着いた雰囲気だ。こちらは空いているので、ゆっくり鑑賞できる。

また教会の売店で「イケメン神父カレンダー」を発見。数年前から発売され10万部を越える年もあるとか。女性より男性が求めることがそうだが、なぜなのだろうか?

カレンダー。

教会の売店で見つけた「イケメン神父カレンダー」。

「真実の口」の次は、ローマっ子の大好きなアヴェンティーノの丘を目指した。結構急な上り坂なので、途中の薔薇園で一休みも良いかもしれない。

オレンジの木が見える穴。

サンタ サビーナ教会にある、オレンジの木が見える穴。

アヴェンティーノの丘に向かう途中、サンタ・サビーナ教会に立ち寄った。簡素で謙虚な感じのする、ローマでは珍しい教会だ。建立がルネッサンス以前なので、モザイクが美しい。その入り口近くの壁に、小さな穴があいていて、そこから聖ドミニコが植えたと言われるオレンジの木が見える。「清貧を促す穴」とも言われている穴だ。

 オレンジ公園。

教会に隣接しているオレンジ公園(サヴェッロ公園)からは、ローマを一望できる。

オレンジ公園から歩いて数分、アヴェンティーノの丘に建つのがマルタ騎士団長の館。その鍵穴からは、ヴァチカンのクーポラが望める。結構な大きさの鍵穴。鍵はさぞかし大きくて、重かっただろうな。

十字軍以来の謎多きマルタ騎士団、今もコインや切手もあるようだ。そういえば、かのカラヴァッジョもマルタ騎士団に入った時期があった。

鍵穴からヴァチカンのクーポラを望む。

マルタ騎士団長の館の鍵穴からヴァチカンのクーポラを望む。

さて、丘からの坂を下り、テスタッチョ地区へ向かう。2012年に全面改装された新テスタッチョ市場で、小腹抑えにパニーニを食べ、家での料理に使う食材を調達だ。

新テスタッチョ市場。

新テスタッチョ市場。

最後に、市場から数分のところある、内臓料理の老舗『ケッキーノ・ダル・1887』(http://www.checchino-dal-1887.com/)へ。老舗ながら料理のシェアを快く受けてくれる。一皿、一皿にボリュームがあるので、小食な日本人にはありがたかった。

Checchino dal 1887店内。

『ケッキーノ・ダル・1887』の店内。

仔牛の足のサラダ。

仔牛の足のサラダ。

牛テールの煮込み。

牛テールの煮込み。

ローマの「穴めぐり」散歩は以上だが、おまけに番外編としてもう一つ「美味しい穴」をご紹介しておきたい。ローマ郊外のレストラン『マッツォ』(http://www.thefooders.it/mazzo/)の「鯖のリガトーニ」だ。

 MAZZO 鯖のリガトーニ。

『マッツォ』の 鯖のリガトーニ。

若い夫婦のシェフが切り盛りする店で、マンマの味の進化系が味わえる。ローマ中心部から10km離れているので、余程の健脚でない限り車で行くほうがよい。車なら約30分で着く。リガトーニの穴を目指して、わざわざ訪ねる価値のある店だ。

さて、次回は画家「カラヴァッジョ」の影と作品を探してローマを歩いてみたい。お楽しみに!

(データは2016年7月時点のものです。)

写真・文/中川豊
1949年生まれ。メディア プロデューサー。出版社を定年退職後、現職。1971年インドへの旅以来、中近東、アフリカ、南米など約60カ国を旅する。近年はフランス、イタリア、ハワイを中心に「暮らしているかのような旅」を続ける。

【関連記事】
ローマにアパートを借りて暮らすように旅してみた!【イタリア・ローマを歩く 第1回】

ここにも穴あそこにも穴!ローマ「穴めぐり」散歩記【イタリア・ローマを歩く 第2回】

天才画家カラヴァッジョの作品を求めてローマの教会を巡る【イタリア・ローマを歩く 第3回】

歩いて訪ねた「カラヴァッジョ」のあるローマの美術館6つ【イタリア・ローマを歩く 第4回】

【旅行体験記を募集】『サライ.jp』ではリタイア世代の読者の方からの旅行体験記を募集しています。同世代の「大人たち」に勧められる旅先、滞在方法、歩き方、食べ物、見所などなど、写真と文章をあわせてメールで下記までお寄せ下さい。メール件名にはアタマに【読者旅行記】と入れてください。送り先メールアドレス: serai@shogakukan.co.jp

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア