新着記事

朝倉義景画像(心月寺蔵、福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館写真提供)

ユースケ・サンタマリア演じる朝倉義景は、作法・礼法にこだわり、細やかな気配りをする大大名だった!?【麒麟がくる 満喫リポート】

文/石川美咲(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館学芸員)「わしは土岐頼芸様にお会いして、…

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その2

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫…

【夫婦の距離】役職定年×自粛生活。早朝サーフィンは現実逃避? ~その1

【夫婦の距離】役職定年と新型コロナのダブルパンチで存在感を失った夫。早朝サーフィンは現実逃避?~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

医療ジャーナリストが教える、がん治療の偽情報に惑わされないための処方箋

医療ジャーナリストが教える「やってはいけない がん治療 」

文/鈴木拓也今までの常識が覆されることもある、日進月歩のがん治療。世間に流布するがん関連…

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

文・写真/倉田直子(海外書き人クラブ/オランダ在住ライター)2020年春、世界中が未知のウイ…

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

よく耳にしますよね。「遺産分与の協議での揉め事」、或いは「不動産の名義変更の手続きの煩わしさ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の…

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

文/印南敦史慢性的な疲れを抱え、「いくら寝ても疲れがとれない」という方も少なくないだろう…

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

文/砂原浩太朗(小説家)近年、戦国史の見直しが目覚ましいほどにすすんでいる。武将への…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味料理レシピ

  1. 青梗菜のゆず胡椒風味中華丼  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】晩秋が美味! 青梗菜を使った「うどん」と「中華丼」の料理2品

         

    写真・文/矢崎海里クセが無く、幅広く料理に活用される「青梗菜(チンゲンサイ)」。一年中出回っていますが、気温の下がる秋の終わり頃がおいしいとされています。青梗菜はアクもなく、レンジで加熱するだけで和え物、おひたしとし…

  2. 鶏肉とじゃがいものローズマリーグリル  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】春だけじゃない!秋も旬のじゃがいもを使った料理2品

         

    写真・文/矢崎海里全国各地で栽培され、一年中お店に並んでいるじゃがいも。5月頃には新…

  3. 彩り野菜のホットサラダ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の味覚、さつまいもを使ったレシピ 「さつまいものごまチーズ焼き」「彩り野菜のホットサラダ」

         

    写真・文/矢崎海里秋の味覚の代表格、「さつまいも」。シンプルにふかし芋や焼き芋にすれ…

  4. 「片浮かせ一本棒、丸延し」で打った手打ち蕎麦。美味しい蕎麦を作る秘訣は、この打ち方をマスターし、極上の蕎麦粉を使うことだ。  

    今年の年越し蕎麦は自分で打つ|自宅で蕎麦打ち入門

         

    秘伝「片浮かせ一本棒、丸延し」を指南家庭で簡単にできる蕎麦の打ち方を紹介したい。蕎麦打ちの道具を…

  5. ひじきとカリカリ梅の混ぜご飯  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の行楽シーズンに!新米を使った「混ぜご飯」&「焼き鯖寿司」を持って出かけよう

         

    写真・文/矢崎海里先月頃から、今年も新米が店頭に並び始めました。皆さんはもう購入されまし…

  6. かぼちゃのクリームチーズ茶巾  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】食卓で楽しむハロウィン。かぼちゃの甘みを生かした副菜3選

         

    写真・文/矢崎海里10月31日はハロウィン。近年では暴動などマイナスイメージの報道が…

  7. 落花生衣の米粉から揚げ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の味覚「生落花生」の茹で方と料理法|「落花生衣の米粉から揚げ」「鮭と落花生のコチュジャン炒め」

         

    写真・文/矢崎海里9月~10月に旬を迎える「落花生」は隠れた秋の味覚です。ミックスナ…

  8. ねっとり里芋の焼きコロッケ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

         

    写真・文/矢崎海里ねっとりとした食感が特徴の里芋は、今が旬の食材です。里芋は芋類の中…

  9. |秋の味覚の名脇役!すだちをつかった手作りポン酢レシピ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】秋の味覚の名脇役!すだちをつかった「手作りポン酢」調理法

         

    写真・文/矢崎海里柑橘類の酸味や香り、ほのかな苦みは減塩の手助けをしてくれます。…

  10. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬の秋鮭を使った減塩レシピ 「秋鮭の味噌マヨ七味焼き」「秋鮭と豆腐のふわふわつくね」  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の秋鮭を味わう「秋鮭の味噌マヨ七味焼き」「秋鮭と豆腐のふわふわつくね」

         

    写真・文/矢崎海里朝ごはんのおかずの焼き魚として、お弁当の具材として定番の「鮭」。…

  11. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

         

    写真・文/矢崎海里さんまに新米、きのこやさつまいもなど、秋は特に旬の食材が豊富ですが…

  12. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

         

    写真・文/矢崎海里食欲の秋の代表的な味覚のひとつとして、さんまが挙げられます。8…

  13. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|9月9日は重陽の節句。茄子を食べて無病息災を願おう  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】9月9日は重陽の節句。茄子を食べて無病息災を願う

         

    写真・文/矢崎海里9月9日は「重陽(ちょうよう)の節句」です。重陽の節句は、桃の…

  14. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

         

    写真・文/矢崎海里夏野菜の定番、トマト。真夏の太陽の日差しを浴びて育ったトマトは…

  15. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

         

    写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

  16. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|手作りフルーツビネガーを活用して賢く減塩  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】手作り「フルーツビネガー」を活用して賢く減塩

         

    写真・文/矢崎海里「フルーツビネガー」をご存じですか?その名の通り、フルーツの風…

  17. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=375437&action=edit  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬の甘み!とうもろこしの簡単調理法

         

    写真・文/矢崎海里夏野菜として代表的なとうもろこし。最近はスーパーでも皮付きの生…

  18. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|熱中症予防!漬け物でカリウムと塩分を上手に摂ろう  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】熱中症予防に!カリウムの多い野菜の漬け物で上手に塩分補給

         

    写真・文/矢崎海里梅雨も明け、いよいよ夏本番。普段管理栄養士として働いていると、…

  19. 大判おあげのゆず胡椒風味うどん  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】食欲のない夏の救世主!麺の種類別塩分比較と減塩レシピ

         

    写真・文/矢崎海里食欲のない夏、そうめんやざるそばなど、つるっと食べられる麺類を選び…

  20. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

         

    写真・文/矢崎海里「食欲がないけどなにか食べないと・・・」これから暑さが本格化す…

  21. 手前から鮭と鱈のフレークをご飯にのせた二色丼、鱈のフレーク、鮭のフレーク。切り身が細かくなっているほど、口当たりがよくなる。  

    旨すぎる保存食「鮭と鯛の紅白フレーク」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    食感と彩りの妙が味わえて多様な料理にも使える保存食東京・神楽坂の風情溢れる石畳の路地に店を構…

  22. 酢〆いわしのから揚げ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】一年で最も脂がのる!「入梅いわし」を味わおう

         

    写真・文/矢崎海里「入梅(にゅうばい)いわし」という言葉を聞いたことがありますか。…

  23. 二夜干しにしたスルメイカを、わたも一緒に焼き上げると酒肴に最適な一品になる。噛むほどにイカの旨みが広がり盃が進む。  

    自宅でトライ「イカのわた入り二夜干し」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    墨袋は破らずに丁寧に取り除き、塩水に1時間しっかり漬け込む古くは保存食として重宝された干物。…

  24. ゴーヤ入り野菜かき揚げ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】苦みを楽しむ!旬のゴーヤを使った「ゴーヤの肉詰め」「ゴーヤ入り野菜かき揚げ」

         

    写真・文/矢崎海里沖縄料理の定番食材、ゴーヤ。その苦みは好き嫌いが分かれるものの…

  25. 西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。  

    「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

  26. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

         

    写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

  27. 汁が沸騰してからハマグリとアサリを先に、崩れやすい切り身と貝柱を次に入れる。加熱すると赤くなる海老を上にすれば彩りがよい。  

    魚介の旨みぎっしり「和風ブイヤベース」の上手な作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    上品な香りのサフランを加え生臭さを消して、味を調える東京・神楽坂の鍋料理専門店『御料理 山さ…

  28. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】これからの季節に食べたい旬のみょうが  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】初夏に食べたい旬のみょうが|「チキンソテーみょうが香味ソース」「里芋のみょうがみそ和え」

         

    写真・文/矢崎海里暑くなってくると、冷や奴やそうめんが食べたくなりますね。夏の薬味に…

  29. 椀に鮭のアラとキャベツ、豆乳汁を盛り、仕上げにイクラをのせる。魚介と豆の蛋白質、野菜を同時に摂取できるため栄養価にも富む。  

    ヘルシーで旨い「鮭のアラの豆乳汁」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    栄養価に富む頭やカマなどのアラは、汁物にすると美味魚をおろしたあとに残る頭やカマ、中骨などの…

  30. イタリアンレストランの魚料理を思わせる仕上がりだが、食材すべてを鍋に入れて蒸すのみと簡単だ。客人が来た時にも向く。  

    簡単だけど本格的「カサゴのフィレのアクアパッツァ」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    繊細な味わいのフィレに香味野菜を加える「アクアパッツア」は、イタリア・ナポリ名物の魚介の蒸し…

PAGE TOP