新着記事

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

会社組織の一員として「上司とそりが合わない」「上司が無理な指示を出す」といった上司への悩みが…

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

小高い山に囲まれた盆地に瓦屋根の静かな町並みが広がる長崎県波佐見町。この地で400年以上にわ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

写真・文/矢崎海里食欲の秋の代表的な味覚のひとつとして、さんまが挙げられます。8…

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

刃物の産地として有名な岐阜県関市に、海外からも厚い支持を集める企業がある。従業員は30人ほど…

個人的に世界遺産にしたい場所ランキング! 伊勢神宮に阿蘇、東京タワーなど……未登録なのには理由があった?

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

世界遺産に認定したい絶景は日本にもまだまだたくさんあると思います。阪急交通社が行った…

健康オイル、何を選ぶ?

健康オイル、何を選ぶ?|体に良い油の選び方

文/中村康宏油は悪いものだと信じられていた時代もありましたが、良質な油や脂肪の摂取が…

朝5時起床。定番スタイルに着替えてから、朝食は6時半頃。「その日のスケジュールを確認しながら、小一時間かけて朝食を摂り、家を出るのは8時半頃です」と服部幸應さん。

【朝めし自慢】服部幸應(服部学園理事長、服部栄養専門学校校長・73歳)「具だくさんの味噌汁と葱入り卵焼き、果物を欠かしません」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆“早寝・早起き・朝ごはん運動”を推奨する食育の第一人者。多忙…

ごはんはどうだ! 銅製釜飯セット|銅製羽釜のご飯は旨さ格別 最高の熱伝導で短時間に炊き上がる

人類が初めて利用した金属といわれる銅は、熱伝導や抗菌性に富むだけでなく、100%リサイクルが…

チレス・エン・ノガダ

赤白緑のトリコロールに彩られた甘いトウガラシ料理!?|メキシコ独立記念日の味「チレス・エン・ノガダ」

文・写真/長谷川律佳(海外書き人クラブ/メキシコ在住ライター)国じゅうが国旗カラーに満ちる9…

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬

救ってくれたのは同じ悲しみを経験した犬仲間と今の愛犬【愛犬との別れ、ペットロス体験記】

文/鈴木珠美愛犬が天国に旅立ち、辛いペットロスを体験した飼い主さん。それぞれどのようにペ…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行国内旅行

  1.  

    5日目《根室から北見へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・枕崎駅から北海道・稚内駅まで、普通列車を乗り継いで行く日本縦断の大旅行を完遂した59歳の鉄道写真家・川井聡さんが、また新たな鉄道旅に出た。今…

  2.  

    5日目《根室から北見へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  3.  

    「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

         

    写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

  4.  

    4日目《新得から根室へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  5.  

    4日目《新得から根室へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  6.  

    豊かな自然と多くの固有種が生息する奄美大島【未来に残したい日本の原風景3】

         

    写真・文/石津祐介亜熱帯雨林の森で出会う希少な生き物たち鹿児島県の南西、九州と沖縄の間に位置…

  7.  

    東北の古都、弘前市に今も残るロマンあふれる洋館8棟

         

    取材・文/鈴木拓也江戸時代に津軽藩の城下町として栄えた弘前。明治時代に入って、外国人教育者や…

  8.  

    実録「青春18きっぷ」で行けるJR北海道全線の旅:3日目《札幌から新得へ》

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  9.  

    自分だけのスペシャルなおみくじ! 小野照崎神社の「幸せみくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 最終回】

         

    文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)今回ご紹介するのは入谷・小野照崎神社の…

  10.  

    実録「青春18きっぷ」で行けるJR北海道全線の旅:2日目《苫小牧から札幌へ》

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  11.  

    実録「青春18きっぷ」で行けるJR北海道全線の旅:1日目《函館から苫小牧へ》

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  12.  

    天竜浜名湖鉄道でノスタルジックな汽車旅気分を満喫する旅

         

    文・写真/山下 竜新幹線こだま号が停車する、静岡県掛川市の掛川駅。この駅から森町・浜…

  13.  

    龍神さまのパワーで夏をスッキリ!荏原神社の「破魔矢おみくじ」【MARIKOのおみくじ探訪 第13回】

         

    文・写真/MARIKO(モデル、神社検定1級)さて今回は、夏の時期にぴったりの、「品…

  14.  

    実録「青春18きっぷ」で行けるJR北海道全線の旅:0日目~序章《旅立ちは函館駅》

         

    昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

  15.  

    古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

         

    写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

  16.  

    富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒

         

    取材・文/関屋淳子富山県東部、富山湾に面する魚津市(うおづし)は古来、魚の産地としてその…

  17.  

    ああ斗南藩終焉す!突然の廃藩置県は何故起きたか?【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  18.  

    平将門ら坂東武士団が勃興した古代国家北辺の地【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  19.  

    うまさぎっしりの新潟県、旅するなら訪ねて行きたい旨い店4軒

         

    取材・文/関屋淳子旅の大きな魅力といえば、旅先となる地域の「食」ですが、例えば米どころ・…

  20.  

    紀伊半島と房総半島との意外な歴史的つながりとは?【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  21.  

    房総半島の小国の大名・里見氏はなぜ関東の覇者と渡り合えたのか【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  22.  

    東海道の宿場町「由比」で富士の絶景と名物桜エビを楽しむ【日本の古い街並み紀行 第2回】

         

    写真・文/石津祐介江戸時代は東海道の16番目の宿場町、由比宿として栄えた静岡県の由比。海岸沿…

  23.  

    ああ悲劇の斗南藩、その苦難の道をゆく【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  24.  

    富山で錫器&マイぐい呑み作りを楽しむ【アート&クラフトを楽しむ富山の旅】

         

    取材・文/関屋淳子富山県と県内13市町では、年に2回、体験型観光プログラム「大人の遊び、…

  25.  

    富山で美術館巡り&アートブック作りを楽しむ【アート&クラフトを楽しむ富山の旅】

         

    取材・文/関屋淳子富山県と県内13市町では、年に2回、体験型観光プログラム「大人の遊…

  26.  

    周囲わずか1kmの小島から睨みをきかせた村上水軍の謎【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  27.  

    大分・耶馬渓の玄関口「玖珠」周辺の見どころ【天下の奇勝・耶馬溪を遊覧する3】(大分県中津市玖珠町)

         

    取材・文/関屋淳子大分県の北西端、中津市と玖珠(くす)町にまたがる広大な景勝地・耶馬渓(やば…

  28.  

    大分・耶馬溪探勝の基点「中津」の料亭と見どころ【天下の奇勝・耶馬溪を遊覧する2】(大分県中津市玖珠町)

         

    取材・文/関屋淳子大分県の北西端、中津市と玖珠(くす)町にまたがる広大な景勝地・耶馬渓(やば…

  29.  

    大分・耶馬溪周辺の神秘スポットを巡る【天下の奇勝・耶馬溪を遊覧する1】(大分県中津市玖珠町)羅漢寺・古羅漢・青の洞門

         

    取材・文/関屋淳子大分県の北西端、中津市と玖珠(くす)町にまたがる広大な景勝地・耶馬渓(やば…

  30.  

    若き日の運慶の傑作!国宝・円成寺大日如来坐像を新緑の奈良に訪ねる

         

    春日山の原始林に覆われた柳生街道の隠れ里の古刹・円成寺。ここの国宝・大日如来坐像は、平安時代後期、運…

PAGE TOP