新着記事

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(5/25~5/31)牡羊座~蟹座編

会社の固定電話が鳴ると緊張する、知らない番号からの着信には出ない、知られざる「電話恐怖症」の実態

上洛中の信長の暗殺を企てていた斎藤義龍(演・伊藤英明)。ドラマでは今回で最後の登場となる。

斎藤義龍による上洛した信長の暗殺計画 いよいよ〈戦国〉がダイナミックに動き出す!【麒麟がくる 満喫リポート】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

佐世保湾に浮かぶ十字架を頂いた神秘の小島をスケッチ【半島をゆく 西彼杵・島原半島 特別編1】

『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイをお届けします。

文・画/北村さゆり

長崎県西彼杵半島の西海市にある横瀬港から出発する遊覧船で、佐世保湾を新西海橋付近まで行った。

「八の子島を海上から見られる機会は滅多にない」と、案内してくださる方々が口々に言う。かつてポルトガル船がここを行き来した。450年前、大型のナウ船の乗組員も、この景色を見たに違いない。

(スケッチと実写の八の子島) 船上から見た八の子島。山頂の十字架が往時の雰囲気を醸し出す。

船上から見た八の子島。山頂の十字架が往時の雰囲気を醸し出す。

勢いよく走る船上からは、入り組んだ海岸線が動いていく。風景をスケッチすると、どんどん変わっていくのが面白かった。

(スケッチと実写の八の子島) 船上から見た八の子島。山頂の十字架が往時の雰囲気を醸し出す。

丘の傾斜に沿うように見慣れない構造物が目に入ってきた。ゆでぼし大根の干場だそうで、ここで茹でた大根を干すそうだ。

昼食時に立ち寄った「海の驛 船番所」で購入しようと思ったら、季節外れで店頭にはなかった。残念に思っていたが、西海市の方々の特別の計らいでわけていただいた。

ゆで干大根作業風景(ゆでるところ)

ゆで干大根作業風景(ゆでるところ)

西海市名産の「ゆでぼし大根」は、千切りにした大根を一度茹でてから乾燥させたものだ。

西海市名産の「ゆでぼし大根」は、千切りにした大根を一度茹でてから乾燥させたものだ。

東京に戻ってインターネットで検索すると調理法は切り干し大根と同じだという。切り干し大根より褐色がかっていて、若干半透明。水で戻す時間は切り干しより短い。サラダにしてみると、甘みがありソフトな歯ごたえを楽しめた。

西海市のゆでぼし大根は、植物繊維とカルシウム豊富で、調理時間が節約できる重宝な乾物だった。


文・画/北村さゆり
昭和35年、静岡県生まれ。日本画家。『利休にたずねよ』『三鬼』など小説の挿絵も担当。著書に『中世ふしぎ絵巻』など。

http://kitamurasayuri.jp/profile

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 金ケ崎城跡から望む敦賀湾 信長、秀吉、家康+光秀が従軍した戦国史跡「金ケ崎の絶景」【「半島…
  2. 往時には北前船が行き交ったかもめ島 榎本武揚・土方歳三らが蝦夷共和国の夢を託した開陽丸。精緻に復元さ…
  3. 越前産の石で造られた狛犬。 主従ではなくて平等ーー。和人とアイヌが混住していた北海道の戦国時…
  4. 広大な勝山館。必見の価値あり。 サハリン、アムール川流域とも交易をした北方の中世都市と巨大城館「…
  5. 北端の天守閣・松前城。桜の名所でもある。 シャクシャインの戦いで出兵した津軽藩侍大将は、石田三成の孫だった…
PAGE TOP