新着記事

常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】

湯気の立ち上る熱々のおでんとともに一杯やるのは、寒い季節の格別な楽しみだ。家で本格的なおでん…

オタワからキングストンまでを結ぶ202kmの運河 カナダ最大のアツモリソウ群生地と世界遺産リドー運河の終着地・首都オタワ 【カナダ・オンタリオ州の旅3】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

顎関節症はこうして改善!|原因と予防・対策 スマホの使いすぎ、ストレス過多は要注意!|顎関節症の原因と対策

文/藤原邦康前回の記事では、顎関節症をいかに早期発見したら良いかを解説しました。今回から…

トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 初代の登場は1967年。お抱え運転手が運転することを前提…

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

発売中の『サライ』1月号で掲載している「マカオ美味紀行」の記事について、記事のご感想、もしくはマカオ…

マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。

文・写真/南野真琴(海外書き人クラブ/オーストラリア在住ライター)オーストラリア南東部に位置…

マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する[PR]

約500年前の大航海時代が繁栄をもたらしたマカオ。2005年にユネスコの世界文化遺産となり、2017…

【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる?

部下が思ったような結果を出してくれない。それは部下とのコミュニケーションに問題があるのかもし…

知っておきたい医療にかかるお金 大きな手術などの医療費負担が抑えられる「高額療養費制度」|知っておきたい医療にかかるお金

60代、70代ともなると、多かれ少なかれ体調面での心配事が出てくるものです。これから増えるかもし…

サライ1月号|特集は日本酒とかけ蕎麦、付録は光琳ブランケットです

文/編集部今号のサライは創刊29周年特大号の第4弾。毎年恒例「日本酒」の大特集に、「かけ蕎麦…

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

魅惑の温泉案内

  1. 奥飛騨温泉郷|白銀に染まる幻想的な世界に遊ぶ【魅惑の温泉案内 第17回】

    北アルプスを望む岐阜県の奥飛騨温泉郷は平湯、福地、新平湯、栃尾、新穂高の5つの温泉地で形成されています。広大な露天風呂や、山里の秘境の趣のある素朴な湯など、それぞれに特徴のある温泉地です。春の桜、夏の新緑、秋の紅葉。そして冬…

  2. 野沢温泉|13もの共同浴場で外湯めぐりが楽しめる【魅惑の温泉案内 第16回】

    天然雪100%という良質な雪質と初級者から上級者まで楽しめるスキー場に隣接する長野県北部の野…

  3. 地獄谷温泉|スノーモンキーに会える外国人にも人気の湯【魅惑の温泉案内 第15回】

    長野県北部、湯田中渋温泉郷にある地獄谷温泉。地獄谷の名前の由来となった国指定天然記念物の間欠…

  4. 箱根温泉|富士山と駅伝で知られる関東きっての観光地【魅惑の温泉案内 第14回】

    年間約2000万人の観光客が訪れる日本屈指の観光地、箱根。首都圏からのアクセスもよく、お正月…

  5. 銀山温泉|冬の風情が満喫できるノスタルジックな温泉街【魅惑の温泉案内 第13回】

    寒い時期だからこそ、行ってみたい温泉地があります。そのひとつが山形県尾花沢市の銀山温泉です。…

  6. 鹿児島市内温泉|雄大な桜島が迫る温泉の宝庫【魅惑の温泉案内 第12回】

  7. 熱川温泉|伊豆七島の眺望と新鮮な魚介類に舌鼓【魅惑の温泉案内 第11回】

  8. 渋温泉|下駄を鳴らして9つの外湯を湯めぐり【魅惑の温泉案内 第10回】

  9. 黒川温泉|懐かしい田舎の風情が心身を癒す【魅惑の温泉案内 第9回】

  10. 塩浸温泉|寺田屋事件後に坂本龍馬が逗留した温泉【魅惑の温泉案内 第8回】

  11. 湯谷温泉|渓谷を眺めながら湯あみが楽しめる【魅惑の温泉案内 第7回】

  12. 玉造温泉|出雲参りの後に行きたい日本最古の温泉【魅惑の温泉案内 第6回】

  13. 鳴子温泉|絶景の紅葉と湯浴みを堪能できる陸奥の古湯【魅惑の温泉案内 第5回】

  14. かみのやま温泉|錦秋の山寺から足を伸ばして「鶴脛の湯」へ【魅惑の温泉案内 第4回】

  15. 北塩原温泉|紅葉の裏磐梯でトレッキング&温泉を楽しむ【魅惑の温泉案内 第3回】

  16. 藤七温泉|標高1400mに位置する東日本最高地の天然温泉【魅惑の温泉案内 第2回】

  17. 乳頭温泉・鶴の湯|320年以上の歴史ある憧れの露天風呂【魅惑の温泉案内 第1回】

PAGE TOP