新着記事

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大によって長引いた学校の休校によって、にわかに議論されるよう…

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

昨今の社会情勢の影響で家での時間が増えている人は多いと思います。でもそのせいで、変化や刺激が…

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

昨今の情勢によって生活が苦しくなったとき、親に頼ることを考える人も多いはず。反対に、頼られた…

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

文/印南敦史きわめてニッチな一冊であると言えよう。なにしろ『名古屋の酒場』(大竹敏之…

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

毎日、出勤していても仕事が無いというケースがあります。就労していながらの「社内失業」の実態と…

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

オーナー社長の後継者は世襲制となっている会社も多いだろう。だが、その社長にリーダーシップがな…

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

生きていく上で欠かせないもののひとつが「お金」です。もちろん、お金がすべてではありませんが、…

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

近年、共働き世帯の増加によりPTA活動が大きな負担となり、PTAの必要性の議論やPTA廃止の…

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

陽光眩しい季節になりました。今年は新型コロナの影響で外出時間は減るかもしれません。それでも日焼けした…

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

文/池上信次「顔合わせ」の2回目です(前回はこちら)。ジャズは、誰とでも共演できるというのが…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

謎解き歴史紀行_半島をゆく

  1. 金ケ崎城跡から望む敦賀湾  

    信長、秀吉、家康+光秀が従軍した戦国史跡「金ケ崎の絶景」【「半島をゆく」越前・若狭編 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp』では歴史学者・藤田達生氏(三重大学教授)による《歴史解説編》をお届けします。文/藤田達生(三重大学教授)今回は、古…

  2. 往時には北前船が行き交ったかもめ島  

    榎本武揚・土方歳三らが蝦夷共和国の夢を託した開陽丸。精緻に復元された幕府軍艦に思いを馳せる【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史 5】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  3. 越前産の石で造られた狛犬。  

    主従ではなくて平等ーー。和人とアイヌが混住していた北海道の戦国時代【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史 4】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  4. 広大な勝山館。必見の価値あり。  

    サハリン、アムール川流域とも交易をした北方の中世都市と巨大城館「勝山館」【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史 3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  5. 北端の天守閣・松前城。桜の名所でもある。  

    シャクシャインの戦いで出兵した津軽藩侍大将は、石田三成の孫だった【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史 2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  6. 安藤一族が明との交易で入手したと思われる天目茶碗。  

    中世・謎の安藤一族とアイヌとのかかわり|発掘された「天目茶碗」と12の館【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  7. 中浦ジュリアン  

    フロイスとジュリアン、長崎県西海市内で見たふたつの像【半島をゆく 西彼杵・島原半島 特別編2】

         

    『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイ…

  8. (スケッチと実写の八の子島) 船上から見た八の子島。山頂の十字架が往時の雰囲気を醸し出す。  

    佐世保湾に浮かぶ十字架を頂いた神秘の小島をスケッチ【半島をゆく 西彼杵・島原半島 特別編1】

         

    『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイ…

  9. 本丸跡にたつ天草四郎像。  

    天草・島原のキリシタン一揆はなぜ原古城に籠もったのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島4】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  10. 横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。  

    なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  11. イエズス会の巡察使として来日したヴァリニャーノ(南島原市口之津公園にある銅像)  

    「バテレン追放」|日本の植民地化危機を救った秀吉の決断【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵半島2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  12.  

    キリシタンのまほろば|佐世保湾歴史クルージング【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵半島】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  13. 鶴岡八幡宮のスケッチ(「鶴岡八幡宮」完成画は「サライ」1月号に掲載されています)  

    日曜の鶴岡八幡宮で甲冑姿の人々をスケッチ【半島をゆく 三浦半島編 特別編】

         

    『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイ…

  14. 名越切通②  

    武家の古都・鎌倉で海と切通しをスケッチ【半島をゆく 三浦半島編 特別編】

         

    『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイ…

  15. 武士の都 鎌倉を象徴する鶴岡八幡宮  

    中世武士の聖都「鎌倉」の地形に隠された意味とは【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島4】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  16.  

    幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  17.  

    東京湾を守る旧日本軍の要塞跡地「千代ケ崎砲台跡」をスケッチ【半島をゆく 特別編】

         

    文・画/北村さゆり私は、『サライ』で連載中の「半島をゆく」で風景を描いている。昨年9月号の国…

  18.  

    東京湾岸に築かれた「近代要塞」砲台跡を訪ねる【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  19.  

    人気のパワースポット三浦半島・走水神社から東京湾を望む【半島をゆく 特別編】

         

    文・画/北村さゆり「古代東海道」というものがあったことを、私は『サライ』誌の連載「半…

  20.  

    ニッポンの近代造船のゆりかご浦賀造船所跡を訪ねる【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  21.  

    ならぬことはならぬもの!会津人の心意気「什の教え」と斗南藩【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  22.  

    ああ斗南藩終焉す!突然の廃藩置県は何故起きたか?【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  23.  

    平将門ら坂東武士団が勃興した古代国家北辺の地【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  24.  

    紀伊半島と房総半島との意外な歴史的つながりとは?【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  25.  

    房総半島の小国の大名・里見氏はなぜ関東の覇者と渡り合えたのか【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  26.  

    ああ悲劇の斗南藩、その苦難の道をゆく【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  27.  

    周囲わずか1kmの小島から睨みをきかせた村上水軍の謎【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  28.  

    しまなみ海道で村上水軍が跋扈した海原を奔る【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  29.  

    備後「瀬戸内しまなみ海道」に村上海賊の史跡を訪ねた【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  30.  

    異界の入り口!国東半島「六郷満山」名所ツアー【半島をゆく 歴史解説編 国東半島3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

PAGE TOP