新着記事

2016年10月29日、「樹木希林の遺言」の演題で静岡市にて開催された講演の模様をDVDで初公開。希林さんが講演を引き受けることは滅多になく、講演自体が貴重な記録だ。講演では、希林さん独特の人生観、死生観が、時折笑いを交えながら、淡々と語られた。

女優・樹木希林が明かした“幸せの極意”|全身がん公表後の講演会がDVDブックで初公開

昨年9月に75歳で亡くなった女優・樹木希林さんの講演会の貴重な記録が、DVDつき書籍『樹木希林 ある…

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多…

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

ティーンやアラサーだけではない。最近は40代の魅力的な女性に人気が集まっている。 株式会社CMサ…

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

仕事でもよく聞く「ガバナンス」と「コンプライアンス」だが、その違い、本当にわかっているだろう…

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

文/藤原邦康これまでアゴとスポーツの知られざる関係性について述べてきましたが、その締めくくり…

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

文・絵/牧野良幸ショーケンこと萩原健一さんが3月に亡くなった。ご本人は2011年から…

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

文/編集部春は新しいことに挑戦したくなる季節。健康増進のため、感性や教養を磨くため、…

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』2019年1月号に掲載された特別企画「美食紀行 マカオ…

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

ジャズ・スタンダード必聴名曲(1)「イズント・シー・ラヴリー」文/池上信次「イズント・シー・…

史上初のゴールデンウィーク10連休! どこに行く? 今から行ける旅先は?

ゴールデンウィーク10連休、旅行の予定ありますか?| 海外旅行先、人気ナンバー1はやっぱり「ハワイ」!

取材・文/末原美裕間もなく史上初の10連休という長いゴールデンウィーク(以下GW)が…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

謎解き歴史紀行_半島をゆく

  1. イエズス会の巡察使として来日したヴァリニャーノ(南島原市口之津公園にある銅像)  

    「バテレン追放」|日本の植民地化危機を救った秀吉の決断【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵半島2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp』では歴史学者・藤田達生氏(三重大学教授)による《歴史解説編》をお届けします。文/藤田達生(三重大学教授)肥…

  2.  

    キリシタンのまほろば|佐世保湾歴史クルージング【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵半島】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  3. 鶴岡八幡宮のスケッチ(「鶴岡八幡宮」完成画は「サライ」1月号に掲載されています)  

    日曜の鶴岡八幡宮で甲冑姿の人々をスケッチ【半島をゆく 三浦半島編 特別編】

         

    『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイ…

  4. 名越切通②  

    武家の古都・鎌倉で海と切通しをスケッチ【半島をゆく 三浦半島編 特別編】

         

    『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイ…

  5. 武士の都 鎌倉を象徴する鶴岡八幡宮  

    中世武士の聖都「鎌倉」の地形に隠された意味とは【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島4】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  6.  

    幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  7.  

    東京湾を守る旧日本軍の要塞跡地「千代ケ崎砲台跡」をスケッチ【半島をゆく 特別編】

         

    文・画/北村さゆり私は、『サライ』で連載中の「半島をゆく」で風景を描いている。昨年9月号の国…

  8.  

    東京湾岸に築かれた「近代要塞」砲台跡を訪ねる【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  9.  

    人気のパワースポット三浦半島・走水神社から東京湾を望む【半島をゆく 特別編】

         

    文・画/北村さゆり「古代東海道」というものがあったことを、私は『サライ』誌の連載「半…

  10.  

    ニッポンの近代造船のゆりかご浦賀造船所跡を訪ねる【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  11.  

    ならぬことはならぬもの!会津人の心意気「什の教え」と斗南藩【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  12.  

    ああ斗南藩終焉す!突然の廃藩置県は何故起きたか?【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  13.  

    平将門ら坂東武士団が勃興した古代国家北辺の地【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  14.  

    紀伊半島と房総半島との意外な歴史的つながりとは?【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  15.  

    房総半島の小国の大名・里見氏はなぜ関東の覇者と渡り合えたのか【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  16.  

    ああ悲劇の斗南藩、その苦難の道をゆく【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  17.  

    周囲わずか1kmの小島から睨みをきかせた村上水軍の謎【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  18.  

    しまなみ海道で村上水軍が跋扈した海原を奔る【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  19.  

    備後「瀬戸内しまなみ海道」に村上海賊の史跡を訪ねた【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  20.  

    異界の入り口!国東半島「六郷満山」名所ツアー【半島をゆく 歴史解説編 国東半島3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  21.  

    八幡神社の総本山!国東半島「宇佐神宮」を訪ねた【半島をゆく 歴史解説編 国東半島2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  22.  

    宇佐の地方神「八幡神」が“国家神”となった衝撃的な事件とは【半島をゆく《歴史解説編》国東半島編1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  23.  

    【トークイベント】 「本能寺の変」の真相を語り尽す!安部龍太郎さん(歴史作家)×織田信孝さん(織田家現当主)

         

    織田信長の子孫は、今も健在だ。信長の次男・織田信雄の流れが信長の血脈を伝え、江戸時代に出羽天…

  24.  

    落城間近の大阪城から救出!知多半島に残る「ある屏風」に隠された驚くべきメッセージ

         

    慶長20年(1615)の「大坂夏の陣」では、真田信繁(さなだ・のぶしげ)ら豊臣方の武将たちの…

  25.  

    無慈悲な執行に一揆勃発!豊臣秀吉「奥州仕置」衝撃の真相【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】牡鹿半島

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「半島をゆく」。Webサイトでは本誌と連動した歴…

  26.  

    細川ガラシャ悲劇の序曲!本能寺の変後に丹後で何がおきたのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】丹後半島

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ…

  27.  

    なぜ丹後半島には巨大古墳が多いのか?失われた古代「丹後王国」の謎を追う【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ…

  28.  

    80歳を過ぎた雪舟が自ら丹後まで出向いて国宝『天橋立図』を描いた本当の理由とは?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ.jp」…

  29.  

    弘前藩を支えた「石田三成の末裔」はいかなる人物だったのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    ■石田三成の末裔 津軽海峡を渡る慶応4年(明治元年)8月、榎本武揚(えのもと・たけあ…

  30.  

    石田三成の遺児を匿った弘前藩を徳川家康はなぜ黙認したのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】

         

    北方の小藩、弘前藩・津軽家の謎のひとつが、関ヶ原の合戦で敵方の武将だった石田三成の次男・重成…

PAGE TOP