新着記事

コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする?

最近、コンプライアンスという言葉が取り沙汰される機会が多い。企業においては法令や規則を守る、…

日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20

現在、東京・上野の森美術館で開催中の「フェルメール展」が好評だ。来場者もすでに10万人を突破した。今…

JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』

文/印南敦史サライ世代の音楽ファン、とりわけジャズが好きな人であるなら、寺島靖国氏は…

死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは?

文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)アメリカ映画――特に南北戦争か…

隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い

文/鈴木拓也日本には、県境が未確定なところが14か所もあるという。その1つが…

山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】

写真・文/山本益博今は、「おまかせ」の握りになると、鮨職人が白身のひらめやかれいから…

快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】

文・イラスト/小池美波日常生活の様々なシーンで欠かせない靴ですが、足に合わないと思いながらも…

家の中の危険をチェック! ほとんどの事故は家庭内で起きている 家の中の危険をチェック!高齢者事故の8割は家庭内で起きている

取材・文/坂口鈴香平成29年の高齢社会白書によれば、65歳以上の高齢者の事故の77%…

サライ世代に聞いた「読み直したい古典」ランキング

文/編集部シニア世代に支持されている大人の生活誌『サライ』の愛読者のみなさんに、「い…

パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ 【ビジネスの極意】パワハラ上司、クラッシャー上司のトリセツ

サライ世代に役立つビジネスの極意を紹介する本連載。会社という組織において、上司との関係は自分の人…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

  1. 自宅で蟹三昧!知っておきたい毛ガニの上手なむきかた

    毛ガニは、北海道を代表するご馳走の代名詞だ。土産やお歳暮にいただくことも多い。だが、いざ食べるとなるとその姿からほぐし方に躊躇するのではないだろうか。そこで、毛ガニの上手な身の外し方に加え、残った殻を使った毛ガニの炊き込みご…

  2. 自宅で蟹三昧!知っておきたいタラバガニのむきかた

    食べ応えのあるタラバガニは、ズワイガニと並び、日本人が好む人気の蟹だ。そのタラバガニを、キッ…

  3. 名人直伝!ズワイガニの上手なむきかた【動画あり】

    福井県に、キッチンバサミや包丁などの道具をいっさい使わず、驚くような速さでズワイガニをむく名…

  4. 作家・文士たちが愛した絶品の蟹料理を巡る

    開高健はセイコガニ(ズワイガニの雌)を「海の宝石箱」と評し、渡辺淳一は毛ガニの「上品で円ま るみ」の…

  5. サライ1月号は「日本酒」と「蟹」の2大特集+特製ショルダーバッグ!

    今号は年末恒例となった名物企画「日本酒」の大特集に、旬を迎えている「蟹を究める」の特集を加え…

PAGE TOP