新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ1月号は「日本酒」と「蟹」の2大特集+特製ショルダーバッグ!

ファイル 2016-12-09 20 49 49

今号は年末恒例となった名物企画「日本酒」の大特集に、旬を迎えている「蟹を究める」の特集を加えた、口福いっぱい、一足早い新年開運特大号です。(※上の表紙画像をクリックすると1月号が試し読みできます)

さらに特別付録として、サライ特製の「散策ショルダーバッグ」がもれなくついています!

それでは今号の読みどころをご案内いたします。

【第1特集】旨い酒には“背骨”がある
筋の通った『日本酒』

IMG_7495

近年、気鋭の蔵元が次々にすばらしいお酒を産み出し、日本酒ブームともいわれます。その分、銘酒居酒屋に並ぶ流行の酒の味に、個性が失われつつある、と警鐘を鳴らす専門家もいます。

そんな中、今年の『サライ』の日本酒特集は、酒の味の「背骨」を知る、がテーマです。

たとえば、秋田県の「ゆきの美人」。あくまで透明感のある味の中で、凜とした美しい酸味があります。口に含んで味わうと、背筋がピンと伸びるような、そんな感じの酒です。

静岡の「白隠正宗」は、冷酒で味わうと、キレの良さと、優しい甘みや旨みを併せ持ちます。燗にすると、さらに爽やかさが増し、幅広い温度帯で楽しめる真の辛口といえるでしょう。

こういった酒を味わっていると、蔵ごとに目指す方向は違うものの、それぞれの味に「核」のようなものがあることに気がつきます。

今回の日本酒特集は、味の「核」つまり、酒の背骨を知り、好みの酒を見つける目を養うことから始めます。そして、手に入れる手段と、その酒を自宅で味わう手練手管を、3つの“のれん”になぞらえてご案内します。

まず1つめの“のれん”は「実力蔵の酒を飲み、旨さの本質を知る」。酒の味の“背骨”を知るために、まずは実力蔵の酒を居酒屋で飲んでみましょう。人気ゆえ、稀少でなかなかお目にかかれないが、その酒を常時揃える店を知れば、あっけないほど簡単に飲めるのです。

IMG_7497

2つめの“のれん”は「次世代の旨酒をひと足先に味わう」です。味の旨さの本質を知った後は、伸び盛りの次世代蔵の酒を味わいましょう。狙いの酒質はそれぞれ違いますが、背骨をしっかり持った、いずれおとらぬ美禄です。

IMG_7498

3つめの“のれん”は「好みの酒を手に入れて、自宅で味わう」です。酒の味の背骨が見えてきたら、人口に膾炙していない隠れた逸品酒をも見つけ出せるはず。まずは酒屋の門をくぐりましょう。自分好みの酒を首尾よく見つけたら、向かうは自分の城です。

IMG_7500

このほか、1年後には手に入りにくくなるであろう「次世代の旨酒」紹介や、好みの酒をさらにおいしく味わう方法など、日本酒を楽しむためのエトセトラをたっぷりご紹介します。特集の大扉、酒蔵写真家・名智健二さんの迫力ある写真も必見です。

IMG_7499

【第2特集】文士が言葉を尽くして表現した無上の美味
蟹のない人生なんて

IMG_7502

世界中を旅して美味佳肴、珍味魔味を食べ尽くした作家の開高健は、越前がにの旨さを「脆美(ぜいび)、繊鋭(せんえい)、豊満(ほうまん)、精緻(せいち)」と表し、その味を絶賛しました。

今回の蟹特集では、まずは数々の文士を虜にした蟹料理の名店や湯宿をご紹介します。

IMG_7503

また、蟹好きの桃源郷・札幌と金沢の信頼できる店で、賢い蟹の買い方を教えてもらいました

IMG_7504

そして、ズワイガニ、タラバガニ、毛ガニの理に適った身のほぐしかたを名人から学び、残った殻も無駄なく用いる炊き込みご飯の作り方をご紹介します。サライ渾身の蟹特集です。これで今年の冬は蟹でたらふく、口福に!

「むきむきみっちゃん」による蟹のむき方の記事はこちら

IMG_7505

【特別付録】サライオリジナル
「散策ショルダーバッグ」

U5A31107

今度のサライ1月号の付録は、ちょっとした散歩や旅行時の散策に便利な、サライ特製のショルダーバッグです!

ショルダーベルトは、体格に合わせて長さの調節ができます。

ショルダーベルトは、体格に合わせて長さの調節ができます。

前面には、文庫本などの入るポケットを設けました。また、筆記用具を入れやすいように、仕切りもつけてあります。主室は、財布やペットボトルなども入るゆったりサイズ。日々のお供にご愛用ください。

ポケットには小地図や文庫など、主室には500mlのペットボトルもすっぽり入ります。

ポケットには小地図や文庫など、主室には500mlのペットボトルもすっぽり入ります。

いかがでしょうか?「日本酒」と「蟹」の2大特集に、特製ショルダーバッグも付いた『サライ』1月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

クリックすると1月号が試し読みできます

電子書籍版はこちらへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。
  2. 明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が…
  3. サライ6月号|特集は「離島の休日」と「家カレーを究める」です。
  4. サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。
  5. 日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に…
PAGE TOP