新着記事

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

名人直伝!ズワイガニの上手なむきかた【動画あり】

“むきむきみっちゃん”板倉美津子さんにむいてもらった、重さ800gほどのズワイガニ。甲羅に蟹味噌と身を詰めると、見た目も食欲をそそる。

福井県に、キッチンバサミや包丁などの道具をいっさい使わず、驚くような速さでズワイガニをむく名物女将がいる。蟹料理が自慢の旅館『白浜荘』を一代で築き上げた、板倉美津子さんだ。

地元では名が知られ“むきむきみっちゃん”の方が通りがいい。

●指導 板倉美津子さん(『白浜荘』女将・66歳)昭和25年、福井県生まれ。33歳で『白浜荘』を創業。CMをはじめ、テレビ出演多数。近年は福井県の観光PRにも関わる。星座は蟹座、自称「蟹をむくために生まれてきた女」。

「ズワイガニの食べ放題コースを注文されたお客さんに“むいてくください”と頼まれたのが始まりです。私はこの地の生まれで、子供の頃はご飯のおかずは蟹でした。まだ、安かったんですよ。それで、家族のために毎日、蟹をむいていたからお手の物だったんです」(板倉さん)

解体は、慣れれば3分。むきむきみっちゃんの神業ならぬ“カニ技”を教えていただこう。

*  *  *

(1)まずはズワイガニを裏返し、腹を上にして皿などに置く。これは、甲羅から蟹味噌がこぼれないようにするためだ。


(2)腹に手を添え、脚を3本ほどまとめて掴み、手前へ引くように脚を折る。それほど力を入れなくとも脚は外れる。


(3)脚先の細い部分は、関節で折ってから引くと、中の筋が抜ける。筋を抜いておくと、肉を取り出しやすい。


(4)次に、脚を折って中の肉を押し出すが、折る位置は真ん中のこのあたり。ここで折ると、肉が出しやすくなる。


(5)脚の真ん中を目安にして折る。茹でたズワイガニの脚は軟らかいので、力を入れなくても折れる。


(6)ふたつに折った脚の片側を持ち、根元から指先で押すと、肉が出てくる。(3)から(6)までを繰り返し、脚の肉を押し出しておく。


(7)爪も、(3)のように関節で折ってから引くと、筋が出てくる。筋を抜いておくことが、きれいに肉を出すコツだ。


(8)爪の下の殻を指で押し割り、爪先を持って殻を引くと肉を取り出せる。これで、脚の肉を取り出す作業は完了。

(9)甲羅は、裏側にある「フンドシ」(または「前掛け」「はかま」)と呼ばれる部分を最初に外す。

(10)甲羅から中身を引きはがす。灰色の「ガニ」と呼ばれるエラは食べられないので、むしり取る。

(11)中身を取り出すと、蟹味噌が現れる。そのまま食しても美味だが、燗酒を入れて味噌と混ぜ、甲羅酒にしてもよい。


(12)脚の付け根にも、肉が詰まっている。殻を少しずつむきながら、丁寧に肉を取り出していく。


(13)付け根の肉も、指で押し出すように取り出す。肉は最初の写真のように甲羅へ入れると見た目がよい。


実際のむき方がよくわかる、板倉さん直伝のスペシャル動画もご覧ください。

【白浜荘】 
住所:福井市西二ツ屋2-1 
電話:0776・86・1316
アクセス:JR福井駅前より京福バス鮎川行きで約40分、浜中下車すぐ。4~5名以上は、福井駅への送迎あり。

料金:越前がにフルコース付き1泊2食でひとり2万5000円~。料理付きの日帰りコースはひとり1万円~(要予約)

※この記事は『サライ』本誌2017年1月号より転載しました。肩書き等の情報は取材時のものです。(取材・文/宇野正樹 撮影/小林禎弘)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームを先取り!北部タイ料理の真髄が味わえるチェンマイの名店3軒…
  2. タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!…
  3. 知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日…
  4. 自宅で蟹三昧!知っておきたい毛ガニの上手なむきかた
  5. 自宅で蟹三昧!知っておきたいタラバガニのむきかた
PAGE TOP