新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは

認知症になるのを予防して“もの忘れ”程度に留める方法とは?

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない、部屋干しの新事実

秋の長雨シーズン到来。あなたの知らない「部屋干し」の新事実

オーギュスト・ルノワール《ピアノを弾く少女たち》1892年頃 Photo (c) RMN-Grand Palais(musée de l' Oangerie) / Franck Raux / distributed by AMF

ヨーロッパ屈指の絵画作品が21年振りに日本で公開【オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち】

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

料理レシピ

名人直伝!ズワイガニの上手なむきかた【動画あり】

“むきむきみっちゃん”板倉美津子さんにむいてもらった、重さ800gほどのズワイガニ。甲羅に蟹味噌と身を詰めると、見た目も食欲をそそる。

福井県に、キッチンバサミや包丁などの道具をいっさい使わず、驚くような速さでズワイガニをむく名物女将がいる。蟹料理が自慢の旅館『白浜荘』を一代で築き上げた、板倉美津子さんだ。

地元では名が知られ“むきむきみっちゃん”の方が通りがいい。

●指導 板倉美津子さん(『白浜荘』女将・66歳)昭和25年、福井県生まれ。33歳で『白浜荘』を創業。CMをはじめ、テレビ出演多数。近年は福井県の観光PRにも関わる。星座は蟹座、自称「蟹をむくために生まれてきた女」。

「ズワイガニの食べ放題コースを注文されたお客さんに“むいてくください”と頼まれたのが始まりです。私はこの地の生まれで、子供の頃はご飯のおかずは蟹でした。まだ、安かったんですよ。それで、家族のために毎日、蟹をむいていたからお手の物だったんです」(板倉さん)

解体は、慣れれば3分。むきむきみっちゃんの神業ならぬ“カニ技”を教えていただこう。

*  *  *

(1)まずはズワイガニを裏返し、腹を上にして皿などに置く。これは、甲羅から蟹味噌がこぼれないようにするためだ。


(2)腹に手を添え、脚を3本ほどまとめて掴み、手前へ引くように脚を折る。それほど力を入れなくとも脚は外れる。


(3)脚先の細い部分は、関節で折ってから引くと、中の筋が抜ける。筋を抜いておくと、肉を取り出しやすい。


(4)次に、脚を折って中の肉を押し出すが、折る位置は真ん中のこのあたり。ここで折ると、肉が出しやすくなる。


(5)脚の真ん中を目安にして折る。茹でたズワイガニの脚は軟らかいので、力を入れなくても折れる。


(6)ふたつに折った脚の片側を持ち、根元から指先で押すと、肉が出てくる。(3)から(6)までを繰り返し、脚の肉を押し出しておく。


(7)爪も、(3)のように関節で折ってから引くと、筋が出てくる。筋を抜いておくことが、きれいに肉を出すコツだ。


(8)爪の下の殻を指で押し割り、爪先を持って殻を引くと肉を取り出せる。これで、脚の肉を取り出す作業は完了。

(9)甲羅は、裏側にある「フンドシ」(または「前掛け」「はかま」)と呼ばれる部分を最初に外す。

(10)甲羅から中身を引きはがす。灰色の「ガニ」と呼ばれるエラは食べられないので、むしり取る。

(11)中身を取り出すと、蟹味噌が現れる。そのまま食しても美味だが、燗酒を入れて味噌と混ぜ、甲羅酒にしてもよい。


(12)脚の付け根にも、肉が詰まっている。殻を少しずつむきながら、丁寧に肉を取り出していく。


(13)付け根の肉も、指で押し出すように取り出す。肉は最初の写真のように甲羅へ入れると見た目がよい。


実際のむき方がよくわかる、板倉さん直伝のスペシャル動画もご覧ください。

【白浜荘】 
住所:福井市西二ツ屋2-1 
電話:0776・86・1316
アクセス:JR福井駅前より京福バス鮎川行きで約40分、浜中下車すぐ。4~5名以上は、福井駅への送迎あり。

料金:越前がにフルコース付き1泊2食でひとり2万5000円~。料理付きの日帰りコースはひとり1万円~(要予約)

※この記事は『サライ』本誌2017年1月号より転載しました。肩書き等の情報は取材時のものです。(取材・文/宇野正樹 撮影/小林禎弘)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. カレー好きの男性が好きなカレールウは?|男女のカレーへの好みとこだわりを調査 男女を問わず人気1位は「バーモントカレー」、女性に人気の「こくま…
  2. サライ12月号|特集は魚料理と伊能忠敬、付録は奇想の日本美術カレ…
  3. ブームを先取り!北部タイ料理の真髄が味わえるチェンマイの名店3軒…
  4. タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!…
  5. 知られざる人気スポット!香港の離島「ラマ島」で過ごすのんびり休日…
PAGE TOP