新着記事

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

漱石と明治人のことば

  1. 「幸せは辛抱と思いやりの果てにくる」(井上靖の妻)【漱石と明治人のことば275】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。【今日のことば】「一生は長くて短い 幸せ…

  2. 「兵営の代りに学校を建て、軍艦の代りに工場を設くる」(石橋湛山)【漱石と明治人のことば274】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  3. 「人生は走り切るに価値があるものだ」(井上靖)【漱石と明治人のことば273】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  4. 「恋愛のない人生に何の色味があるだろう」(北村透谷)【漱石と明治人のことば272】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  5. 「日本人は益があると思えば何でも採り入れる」(ヘボン博士)【漱石と明治人のことば271】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  6. 「私の夫のお嫁さんに、娘さんをいただきたい」(竹久夢二の妻)【漱石と明治人のことば270】

  7. 「ただ一つの信条は『後悔すべからず』ということ」(坂口安吾)【漱石と明治人のことば269】

  8. 「棒ほど望めば、針ほど叶う」(木見金治郎)【漱石と明治人のことば268】

  9. 夏目漱石、可愛い盛りの娘に腹を蹴られて喜ぶ【漱石と明治人のことば267】

  10. 竹久夢二が「永遠の恋人」を想って綴った愛の詩【漱石と明治人のことば266】

  11. 「千里の目を窮めんと欲し、さらに一層の楼に上る」(中野正剛)【漱石と明治人のことば265】

  12. 「おやじが偉すぎたよ」(夏目漱石の次男)【漱石と明治人のことば264】

  13. ガンで余命宣告を受けた中江兆民が覚悟をこめたことば【漱石と明治人のことば263】

  14. 「ぼくは流行に先行する流行にしか興味がないんだ」(植草甚一)【漱石と明治人のことば262】

  15. 「失敗に屈せず、失敗を償う工夫をこらすべし」(陸奥宗光)【漱石と明治人のことば261】

  16. 「人を殺して死ねよとて 二十四までをそだてしや」(与謝野晶子)【漱石と明治人のことば260】

  17. 『悦ちゃん』獅子文六が亡き妻との日々を思って綴ったことば【漱石と明治人のことば259】

  18. 「ただ此処に ぽつんとゐればいいのだ」(草野天平)【漱石と明治人のことば258】

  19. 夏目漱石が考えた「国家衰亡の兆候」とは【漱石と明治人のことば257】

  20. 「誰れでもかまわない人間をなめ殺しに」(草野心平)【漱石と明治人のことば256】

  21. 「自分の思うところは一歩もまげない」(大倉喜八郎)【漱石と明治人のことば255】

  22. 「たましひの抜けしとはこれ、寒さかな」(久保田万太郎)【漱石と明治人のことば254】

  23. 棋士・升田幸三の快挙を知った母の意外なことば【漱石と明治人のことば253】

  24. 「待つ身がつらいかね、待たせる身がつらいかね」(太宰治)【漱石と明治人のことば252】

  25. 伝説の棋士・阪田三吉が語った「大局観」の見事な解説【漱石と明治人のことば251】

  26. 「同じ処にうめて頂く事をお願い申し上げます」(松井須磨子)【漱石と明治人のことば250】

  27. 「一人旅はあらゆる点で、私の創作の家である」(川端康成)【漱石と明治人のことば249】

  28. 「文明の社会は血を見ぬ修羅場である」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば248】

  29. 「人生とは与えられた時間内でしたいことをするだけ」(田辺茂一)【漱石と明治人のことば247】

  30. 「しれば迷ひしなければ迷はぬ恋の道」(土方歳三)【漱石と明治人のことば246】

PAGE TOP