新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

漱石と明治人のことば

  1. 「幸せは辛抱と思いやりの果てにくる」(井上靖の妻)【漱石と明治人のことば275】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。【今日のことば】「一生は長くて短い 幸せ…

  2. 「兵営の代りに学校を建て、軍艦の代りに工場を設くる」(石橋湛山)【漱石と明治人のことば274】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  3. 「人生は走り切るに価値があるものだ」(井上靖)【漱石と明治人のことば273】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  4. 「恋愛のない人生に何の色味があるだろう」(北村透谷)【漱石と明治人のことば272】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  5. 「日本人は益があると思えば何でも採り入れる」(ヘボン博士)【漱石と明治人のことば271】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  6. 「私の夫のお嫁さんに、娘さんをいただきたい」(竹久夢二の妻)【漱石と明治人のことば270】

  7. 「ただ一つの信条は『後悔すべからず』ということ」(坂口安吾)【漱石と明治人のことば269】

  8. 「棒ほど望めば、針ほど叶う」(木見金治郎)【漱石と明治人のことば268】

  9. 夏目漱石、可愛い盛りの娘に腹を蹴られて喜ぶ【漱石と明治人のことば267】

  10. 竹久夢二が「永遠の恋人」を想って綴った愛の詩【漱石と明治人のことば266】

  11. 「千里の目を窮めんと欲し、さらに一層の楼に上る」(中野正剛)【漱石と明治人のことば265】

  12. 「おやじが偉すぎたよ」(夏目漱石の次男)【漱石と明治人のことば264】

  13. ガンで余命宣告を受けた中江兆民が覚悟をこめたことば【漱石と明治人のことば263】

  14. 「ぼくは流行に先行する流行にしか興味がないんだ」(植草甚一)【漱石と明治人のことば262】

  15. 「失敗に屈せず、失敗を償う工夫をこらすべし」(陸奥宗光)【漱石と明治人のことば261】

  16. 「人を殺して死ねよとて 二十四までをそだてしや」(与謝野晶子)【漱石と明治人のことば260】

  17. 『悦ちゃん』獅子文六が亡き妻との日々を思って綴ったことば【漱石と明治人のことば259】

  18. 「ただ此処に ぽつんとゐればいいのだ」(草野天平)【漱石と明治人のことば258】

  19. 夏目漱石が考えた「国家衰亡の兆候」とは【漱石と明治人のことば257】

  20. 「誰れでもかまわない人間をなめ殺しに」(草野心平)【漱石と明治人のことば256】

  21. 「自分の思うところは一歩もまげない」(大倉喜八郎)【漱石と明治人のことば255】

  22. 「たましひの抜けしとはこれ、寒さかな」(久保田万太郎)【漱石と明治人のことば254】

  23. 棋士・升田幸三の快挙を知った母の意外なことば【漱石と明治人のことば253】

  24. 「待つ身がつらいかね、待たせる身がつらいかね」(太宰治)【漱石と明治人のことば252】

  25. 伝説の棋士・阪田三吉が語った「大局観」の見事な解説【漱石と明治人のことば251】

  26. 「同じ処にうめて頂く事をお願い申し上げます」(松井須磨子)【漱石と明治人のことば250】

  27. 「一人旅はあらゆる点で、私の創作の家である」(川端康成)【漱石と明治人のことば249】

  28. 「文明の社会は血を見ぬ修羅場である」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば248】

  29. 「人生とは与えられた時間内でしたいことをするだけ」(田辺茂一)【漱石と明治人のことば247】

  30. 「しれば迷ひしなければ迷はぬ恋の道」(土方歳三)【漱石と明治人のことば246】

PAGE TOP