新着記事

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「みな生と死のあいだのぎりぎりのところで生きているんだ」(山本周五郎)【漱石と明治人のことば297】

sousekiKotobaBanner2

文/矢島裕紀彦

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「人間はみな同じような状態にいるんだ、まぬかれることのできない、生と死のあいだで、そのぎりぎりのところで生きているんだ」
--山本周五郎

現在、神奈川県横浜市の県立神奈川近代文学館で、「没後50年山本周五郎展」が開催されている。貴重な資料が多く展示されていて、一見の価値がある。

この展覧会の編集委員をつとめた文芸評論家で同館専務理事の清原康正さんには、『山本周五郎のことば』という著作がある。これを改めて繙いてみると、数々の魅力的なことばが並んでいる。上に掲げたのも、そのひとつ。小説『樅ノ木は残った』の中に綴られた一節である。

他にも、いくつか拾ってみよう。

「人間は正直にしていても善いことがあるとはきまらないもんだけれども、悪(わる)ごすく立廻ったところで、そう善いことばかりもないものさ」(『柳橋物語』)
「人間のゆくすえは神ほとけにもわかるまい、実際に生きてみるほかはないのだ、かなしいけれど人間とはそういうものなんだ」(『枡落し』)
「どんなに賢くっても、にんげん自分の背中を見ることはできないんだからね」(『さぶ』)
「いつだって本当の気持を話そうとすると、それがいちばんむずかしくって厄介だってことがわかる、とてつもなく厄介なことだってな」(『あとのない仮名』)

山本周五郎自身、苦難の時節があった。20代半ば、ぶらりとスケッチに出かけた風景が気に入り、千葉の浦安に移り住んだ頃、編集記者として勤務していた会社をクビになり、どん底の貧乏暮らしに陥った。失恋や、文壇進出への壁に突き当たるなどの問題が重なり、精神的にも疲弊しきっていた。

そんなとき山本周五郎は、スウェーデンの作家ストリンドベリイの、「苦しみつつ、なおはたらけ、安住を求めるな、この世は巡礼である」ということばを思い、人生の指針にし、乗り越えたという。こうした苦難の体験が、のちに山本自身が自作の中に珠玉のことばを綴り込むことにもつながったらしい。

作品の中で、市井に生きる庶民や正史から虐げられた者へつねに温かな視線を注いだ山本周五郎は、実生活でも庶民派であった。たとえば好きなウイスキーは、国産の大衆向けである「ホワイト」だった。流行作家となってもこれは変わらず、最晩年になってようやく角瓶に格上げしたとも伝えられる。

山本は書く原稿の分量を、ひと月に100 枚余と決めていた。1日にすると3枚と少し。それを考えては書き、考えては書く。まるで宝石を磨くような丁寧さで作品を紡いだ。その疲れを癒す一杯の酒でも、庶民に寄り添いつづけた山本であった。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP