新着記事

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)牡羊座~蟹座編

これからの20年、30年で、人生全体の納得度が大きく左右される|『人生のピークを90代にもっていく!』

人生の後半を幸せに生きていくための秘訣|人生のピークを90代にもっていく!

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「俺ばかり毎日うまいもの食っててすまんなあ」(古川緑波)【漱石と明治人のことば293】

sousekiKotobaBanner2

文/矢島裕紀彦

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「ああ、東京の、わが家の者たちよ、俺ばかり毎日うまいもの食っててすまんなあ」
--古川緑波

古川緑波(ふるかわ・ろっぱ)は、明治36年(1903)東京で生まれた。男爵・貴族院議員の加藤照麿の六男。本名は郁郎。古川家の養子となり苗字が変わった。

少年時代から映画に没頭。早大英文科在学中に映画雑誌の編集に携わり、無声映画の弁士だった徳川夢声との出会いがきっかけで舞台に立つようになった。

声帯模写(ものまね)で売り出し、やがて喜劇俳優となり、「笑の王国」「ロッパ一座」で人気者となった。傍ら、映画にも出演し、エノケン(榎本健一)とともに「昭和の喜劇王」と呼ばれた。

舞台を降りれば、食いしん坊でウイスキーが大好きだった。

古川緑波は膨大な日記を残したことでも知られる。これは昭和史の記録としても貴重なものだが、大スターだっただけに、庶民の暮らしとかけ離れたところも垣間見える。たとえば、太平洋戦争最中の昭和19年(1944)の日記から拾ってみよう。

「夜は、炬燵で、取っときの、ジョニーウォーカーの黒を抜き、牛肉あり、機嫌よし」(1月1日)
「夜、宿では、一羽三十五円で買わせた鶏の、すき焼、サントリー七年。座員三人と共に、ほろほろ酔」(2月2日)
「今日は芦屋のY氏に招待され、夕刻より神戸へ。(略)今夜は特別に、うまいものを揃えて呉れたが、量が少いので辛い。Y氏、ウィスキーの壜を出し、『こんなのよろしいやろ思いまして』と言う。見れば、何と、オールドパァ」(7月24日)

世間一般の食糧難をすり抜けて、上等の肴でウイスキーを一献傾けている様子が窺えるのである。まして、映画のロケなどで地方に行けば、食べ物も酒もさらにふんだんに供され、ついには掲出のように、家族に詫びる一文を綴ることになる。

緑波のこの日記は、のちに『悲食記』と名づけられ刊行された。一般庶民とは異なる次元であったとはいえ、それでも思うときに思うさま旨いものを食べられない日々は、緑波にとって「悲しみ」以外のなにものでもなかったのだろう。

そこには、もちろん、戦争の悲惨もしみこんでいる。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP