新着記事

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

取材・文/池田充枝日本が弥生時代といわれた、遥か1800年も昔の中国に起こった「三国志」は、…

岡山県産綿布の雪駄|素足に心地よい伝統の綿布を使用。普段着でさくさく歩きたい

綿布の感触が、素足になんとも心地よい雪駄をご案内。使われる綿布はジーンズ生地などで定評のある…

黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美タイヤは消耗品。車検では1.6mm以上タイヤの溝があれば合格しますが、それはイコ…

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】幾つもの困難を経て生まれた8歳下の弟。母親の溺愛は日常の風景だった~その1~

【娘のきもち】母親とぶつかった後に襲われる、後悔と罪悪感。実家で過ごした幼少期が思い出せない~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

法律改正でどう変わる?国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

法律改正でどう変わる?|国家資格制度の導入が決まった動物の看護師さん

取材・文/柿川鮎子 撮影/木村圭司第一線で活躍しているベテラン動物看護師の佐々木優斗さんに、…

チチャロン・サンド全体の味をぴりっと引き締める、オレンジ色のトウガラシソースを添えて

「世界一の朝食」実は〇〇の残りものだった?|ペルーで愛される「チチャロン」

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)2010年にスペインの有力…

遠州先染織のしじら小あじろ作務衣|涼しい着心地で使うほどに風合いが増す

染め、織り、縫製のすべての工程にわたり、遠州(静岡県西部)の職人の手により作られた、着心地抜…

シューベルト:ピアノ・ソナタ集Vol.2

シューベルトの名作をフォルテピアノ独特の味わいで楽しむ【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)現代を代表するピアニストの一人で、1953年ハンガリー出…

【最後の恋】オクテ同士のアラカンカップルが、男女の関係になったのは、彼女のリードから~その2~

【最後の恋】妻以外の女性と関係が進んだのは、自分の話を真剣に聞いてくれる“奥ゆかしい昭和の女”だったから~その2~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載では…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

  1. 『野田版 桜の森の満開の下』画像提供:松竹  

    桜が彩る歌舞伎を愉しむ|古典からシネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』まで

         

    文/堀けいこ和歌や歌謡をはじめ、芸能でもその美しさが謳われてきた「桜」は、歌舞伎の作品にもさまざまな形で登場する。その美しく華麗で、しかも儚い「桜」を見どころにする歌舞伎の舞台を紹介する。見ぬ人に咲きぬとつげむほどだにも立ち…

  2. 1位:上野恩賜公園【東京都】  

    関東圏在住のドライバーが選んだ「おすすめ桜スポットランキング」|3位「小田原城址公園」、2位「国営昭和記念公園 桜の園」、1位は?

         

    だんだんと春めいて、暖かくなってきた今日このごろ。もうすぐお花見のシーズンだ。今回は少し早いが、株式…

  3.  

    桜を愛した西行を描く能「西行桜」のあらすじ

         

    写真・文/岡田彩佑実願わくば花のしたにて春死なむ、その如月の望月(もちづき)のころ-…

  4.  

    花見の日には気合いの入った鮨屋の卵焼きを味わいたい

         

    取材・文/片山虎之介花見に持参する御馳走には、向き不向きがある。食べるときに調理、加…

  5.  

    苔寺の庭を作った禅僧・夢窓疎石は大の桜好きだった

         

    取材・文/田中昭三苔寺(こけでら)の名で親しまれている京都の西芳寺(さいほうじ)は、…

  6.  

    なぜ将軍吉宗は飛鳥山に数千本の桜を植えたのか

         

    取材・文/田中昭三奈良時代まで「花」といえば梅のことだった。中国の影響だが、平安時代…

  7.  

    桜の香りを楽しむならオオシマザクラがいい

         

    取材・文/諸井里見花見といえば即ち観桜(かんおう)という程、日本人とって桜は特別な存…

  8.  

    花見で食べる美味しいものといえば昔も今も「すし」が人気

         

    取材・文/片山虎之介桜の花を鑑賞しながら、たくさんの人が集まって酒を飲み交わす「花見…

  9.  

    約250種もの桜が咲く日本最北の城下町「松前」へ桜を観に行く

         

    文・写真/鈴木拓也江戸時代には、日本最北の藩でありながら皇室との関係を築き、京文化が花開…

  10.  

    サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展

         

    『サライ』4月号を発売しました。今号は、美味・美酒・絶景を愛でる「一期一会の桜旅」の…

  11.  

    究極にシュールな噺も!今こそ聴きたい「花見」を題材にした落語3つ

         

    文/鈴木隆祐今では東京の至る所に桜の名所があるが、江戸時代からの桜の名所となると、さ…

  12.  

    日本人の桜好みは江戸の歌舞伎が育てた!? 「桜」を扱う歌舞伎の名演目3つ

         

    文/鈴木隆祐今年もいよいよ花見シーズンに突入しようとしている。満開の桜は否応なしに私…

  13.  

    サライ2017年4月号|特集:桜と人の物語/出汁(だし)を知る

         

    『サライ』2017年4月号を発売しました。今号は、花に秘めた人の想いに胸打たれる「桜」の大特集に、和…

  14.  

    城のお堀が桜の回廊に!弘前さくらまつりで楽しむ圧巻の花景色と絶品リンゴ酒

         

  15.  

    初めて観る誰もが「こんなに美しいとは!」と感動する弘前城の桜、誕生秘話(後編)

         

    ソメイヨシノやシダレザクラを中心とした約2600本の種々の桜が、次々と咲いて…

  16.  

    初めて観る誰もが「こんなに美しいとは!」と感動する弘前城の桜、誕生秘話(前編)

         

    桜の名所としても名高い弘前城は、全国に12しかない江戸時代以前に建築された天…

  17.  

    「中子の桜」を空中撮影してみた

         

    桜の季節もすっかり終わりを告げました。首都圏では少し早いツツジが咲き誇り、既に初夏のような陽気ではあ…

  18.  

    【絶景桜名所4】置賜さくら回廊[山形県]

         

    今年はちょっと違ったお花見に出かけようかと思いを巡らせていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。桜…

  19.  

    空からの4K映像で見る関東近郊のおすすめ桜スポット

         

    桜前線はもうすぐ東北を越えようとしていますが、関東近郊でもまだ桜が見られる場所があります。今日はそん…

  20.  

    富士山麓の桜並木を空中撮影してみた

         

    東京をはじめ関東以南では桜は散りすっかり葉桜となりましたが、地方や桜の種類によってはまだまだ見頃のも…

  21.  

    【絶景桜名所3】箱根園の大島桜[箱根]

         

    日本列島が桜色に包まれる季節がやってきました。ちょっと違ったお花見に出かけようかと思いを巡らせていら…

  22.  

    【絶景桜名所1】わに塚の桜と山高神代桜[韮崎市]

         

    日本列島が桜色に包まれる季節がやってきました。桜の追っかけをライフワークとしている女性トラベルライタ…

PAGE TOP