新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

  1. 桜を愛した西行を描く能「西行桜」のあらすじ

    写真・文/岡田彩佑実願わくば花のしたにて春死なむ、その如月の望月(もちづき)のころ--。月に照らされた桜の下で死にたいと願う、あまりに有名な西行の和歌だ。西行は出家僧らしからぬ程、桜に執心していたといい、桜の名所吉野に庵を結…

  2. 花見の日には気合いの入った鮨屋の卵焼きを味わいたい

    取材・文/片山虎之介花見に持参する御馳走には、向き不向きがある。食べるときに調理、加…

  3. 苔寺の庭を作った禅僧・夢窓疎石は大の桜好きだった

    取材・文/田中昭三苔寺(こけでら)の名で親しまれている京都の西芳寺(さいほうじ)は、…

  4. なぜ将軍吉宗は飛鳥山に数千本の桜を植えたのか

    取材・文/田中昭三奈良時代まで「花」といえば梅のことだった。中国の影響だが、平安時代…

  5. 桜の香りを楽しむならオオシマザクラがいい

    取材・文/諸井里見花見といえば即ち観桜(かんおう)という程、日本人とって桜は特別な存…

  6. 花見で食べる美味しいものといえば昔も今も「すし」が人気

  7. 約250種もの桜が咲く日本最北の城下町「松前」へ桜を観に行く

  8. サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展

  9. 究極にシュールな噺も!今こそ聴きたい「花見」を題材にした落語3つ

  10. 日本人の桜好みは江戸の歌舞伎が育てた!? 「桜」を扱う歌舞伎の名演目3つ

  11. サライ2017年4月号|特集:桜と人の物語/出汁(だし)を知る

  12. 城のお堀が桜の回廊に!弘前さくらまつりで楽しむ圧巻の花景色と絶品リンゴ酒

  13. 初めて観る誰もが「こんなに美しいとは!」と感動する弘前城の桜、誕生秘話(後編)

  14. 初めて観る誰もが「こんなに美しいとは!」と感動する弘前城の桜、誕生秘話(前編)

  15. 「中子の桜」を空中撮影してみた

  16. 【絶景桜名所4】置賜さくら回廊[山形県]

  17. 空からの4K映像で見る関東近郊のおすすめ桜スポット

  18. 富士山麓の桜並木を空中撮影してみた

  19. 【絶景桜名所3】箱根園の大島桜[箱根]

  20. 【絶景桜名所1】わに塚の桜と山高神代桜[韮崎市]

PAGE TOP