新着記事

【子どもの自宅待機】子どものYouTube利用は7割・2人に1人が1日2時間未満の利用

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、家にいる時間が長くなりました。自宅待機をしている間…

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

文/晏生莉衣世界中で新型コロナウイルスが猛威をふるい、感染拡大が止まりません。日本では、その影響…

今話題の“高級食パン”、 最も食べている都道府県は?|食パンの気になるあれこれを調査

“高級食パン”食べたことある人は5割以上⁉ 食パンの気になるあれこれ

ブームの食パン、女性では4人に1人が「ほぼ毎日」食べている4月12日は「パンの記念日」です。…

もしお孫さんが「もの」ばかり要求するとしたら、心が満たされていないからです。【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

子どもの心は日々の食事で満たされる【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

日本の児童精神科医学のパイオニア・佐々木正美先生。半世紀以上にわたり、子どもの育ちを見続けながら子育…

新型コロナウイルスで外出自粛、巣ごもり消費で増えたもの、減ったもの

新型コロナウイルスの感染者が東京都内で急増したことを受けて、都県間の往来を含めた不要不急の外…

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

なかなか優秀だ、と期待していた新入社員。だが、優秀な新入社員ほどすぐに辞めてしまう、とお悩み…

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

文/印南敦史メディア文化評論家である『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』(碓井広義 編、新…

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

株式会社博報堂の次世代育児アイテムPechat(http://pechat.jp/)開発チームと博報…

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

春。肌の露出も増えてくるこの時期、30歳以上の「大人女子」のみなさんにとって、顔はもちろん、…

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

文/池上信次前回の続きで、ビル・エヴァンスの定説の見直しです。エヴァンスはけっして「ピアノ・…

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

  1.  

    温泉から桜の絶景を! この春行きたい「桜風呂」ランキングTOP10

         

    暖冬の影響から、今年の桜の開花は早いと予測されていますね。お風呂に浸かったまま、目の前に広がる桜絶景を堪能できる桜風呂を体験したことはありますか? 桜好きならずとも一度は体験したい極上コラボレーションの一つですよね。株式会社リクルー…

  2. 『野田版 桜の森の満開の下』画像提供:松竹  

    桜が彩る歌舞伎を愉しむ|古典からシネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』まで

         

    文/堀けいこ和歌や歌謡をはじめ、芸能でもその美しさが謳われてきた「桜」は、歌舞伎の作品に…

  3. 1位:上野恩賜公園【東京都】  

    関東圏在住のドライバーが選んだ「おすすめ桜スポットランキング」|3位「小田原城址公園」、2位「国営昭和記念公園 桜の園」、1位は?

         

    だんだんと春めいて、暖かくなってきた今日このごろ。もうすぐお花見のシーズンだ。今回は少し早いが、株式…

  4.  

    桜を愛した西行を描く能「西行桜」のあらすじ

         

    写真・文/岡田彩佑実願わくば花のしたにて春死なむ、その如月の望月(もちづき)のころ-…

  5.  

    花見の日には気合いの入った鮨屋の卵焼きを味わいたい

         

    取材・文/片山虎之介花見に持参する御馳走には、向き不向きがある。食べるときに調理、加…

  6.  

    苔寺の庭を作った禅僧・夢窓疎石は大の桜好きだった

         

    取材・文/田中昭三苔寺(こけでら)の名で親しまれている京都の西芳寺(さいほうじ)は、…

  7.  

    なぜ将軍吉宗は飛鳥山に数千本の桜を植えたのか

         

    取材・文/田中昭三奈良時代まで「花」といえば梅のことだった。中国の影響だが、平安時代…

  8.  

    桜の香りを楽しむならオオシマザクラがいい

         

    取材・文/諸井里見花見といえば即ち観桜(かんおう)という程、日本人とって桜は特別な存…

  9.  

    花見で食べる美味しいものといえば昔も今も「すし」が人気

         

    取材・文/片山虎之介桜の花を鑑賞しながら、たくさんの人が集まって酒を飲み交わす「花見…

  10.  

    約250種もの桜が咲く日本最北の城下町「松前」へ桜を観に行く

         

    文・写真/鈴木拓也江戸時代には、日本最北の藩でありながら皇室との関係を築き、京文化が花開…

  11.  

    サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展

         

    『サライ』4月号を発売しました。今号は、美味・美酒・絶景を愛でる「一期一会の桜旅」の…

  12.  

    究極にシュールな噺も!今こそ聴きたい「花見」を題材にした落語3つ

         

    文/鈴木隆祐今では東京の至る所に桜の名所があるが、江戸時代からの桜の名所となると、さ…

  13.  

    日本人の桜好みは江戸の歌舞伎が育てた!? 「桜」を扱う歌舞伎の名演目3つ

         

    文/鈴木隆祐今年もいよいよ花見シーズンに突入しようとしている。満開の桜は否応なしに私…

  14.  

    サライ2017年4月号|特集:桜と人の物語/出汁(だし)を知る

         

    『サライ』2017年4月号を発売しました。今号は、花に秘めた人の想いに胸打たれる「桜」の大特集に、和…

  15.  

    城のお堀が桜の回廊に!弘前さくらまつりで楽しむ圧巻の花景色と絶品リンゴ酒

         

  16.  

    初めて観る誰もが「こんなに美しいとは!」と感動する弘前城の桜、誕生秘話(後編)

         

    ソメイヨシノやシダレザクラを中心とした約2600本の種々の桜が、次々と咲いて…

  17.  

    初めて観る誰もが「こんなに美しいとは!」と感動する弘前城の桜、誕生秘話(前編)

         

    桜の名所としても名高い弘前城は、全国に12しかない江戸時代以前に建築された天…

  18.  

    「中子の桜」を空中撮影してみた

         

    桜の季節もすっかり終わりを告げました。首都圏では少し早いツツジが咲き誇り、既に初夏のような陽気ではあ…

  19.  

    【絶景桜名所4】置賜さくら回廊[山形県]

         

    今年はちょっと違ったお花見に出かけようかと思いを巡らせていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。桜…

  20.  

    空からの4K映像で見る関東近郊のおすすめ桜スポット

         

    桜前線はもうすぐ東北を越えようとしていますが、関東近郊でもまだ桜が見られる場所があります。今日はそん…

  21.  

    富士山麓の桜並木を空中撮影してみた

         

    東京をはじめ関東以南では桜は散りすっかり葉桜となりましたが、地方や桜の種類によってはまだまだ見頃のも…

  22.  

    【絶景桜名所3】箱根園の大島桜[箱根]

         

    日本列島が桜色に包まれる季節がやってきました。ちょっと違ったお花見に出かけようかと思いを巡らせていら…

  23.  

    【絶景桜名所1】わに塚の桜と山高神代桜[韮崎市]

         

    日本列島が桜色に包まれる季節がやってきました。桜の追っかけをライフワークとしている女性トラベルライタ…

PAGE TOP