新着記事

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

「知らなかった」では遅すぎる!親が要介護になる前に読んでおきたい1冊

文/鈴木拓也40代も半ばを過ぎると、それまでは漠然としか思っていなかった「親の介護」…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

  1. 桜を愛した西行を描く能「西行桜」のあらすじ

    写真・文/岡田彩佑実願わくば花のしたにて春死なむ、その如月の望月(もちづき)のころ--。月に照らされた桜の下で死にたいと願う、あまりに有名な西行の和歌だ。西行は出家僧らしからぬ程、桜に執心していたといい、桜の名所吉野に庵を結…

  2. 花見の日には気合いの入った鮨屋の卵焼きを味わいたい

    取材・文/片山虎之介花見に持参する御馳走には、向き不向きがある。食べるときに調理、加…

  3. 苔寺の庭を作った禅僧・夢窓疎石は大の桜好きだった

    取材・文/田中昭三苔寺(こけでら)の名で親しまれている京都の西芳寺(さいほうじ)は、…

  4. なぜ将軍吉宗は飛鳥山に数千本の桜を植えたのか

    取材・文/田中昭三奈良時代まで「花」といえば梅のことだった。中国の影響だが、平安時代…

  5. 桜の香りを楽しむならオオシマザクラがいい

    取材・文/諸井里見花見といえば即ち観桜(かんおう)という程、日本人とって桜は特別な存…

  6. 花見で食べる美味しいものといえば昔も今も「すし」が人気

  7. 約250種もの桜が咲く日本最北の城下町「松前」へ桜を観に行く

  8. サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展

  9. 究極にシュールな噺も!今こそ聴きたい「花見」を題材にした落語3つ

  10. 日本人の桜好みは江戸の歌舞伎が育てた!? 「桜」を扱う歌舞伎の名演目3つ

  11. サライ2017年4月号|特集:桜と人の物語/出汁(だし)を知る

  12. 城のお堀が桜の回廊に!弘前さくらまつりで楽しむ圧巻の花景色と絶品リンゴ酒

  13. 初めて観る誰もが「こんなに美しいとは!」と感動する弘前城の桜、誕生秘話(後編)

  14. 初めて観る誰もが「こんなに美しいとは!」と感動する弘前城の桜、誕生秘話(前編)

  15. 「中子の桜」を空中撮影してみた

  16. 【絶景桜名所4】置賜さくら回廊[山形県]

  17. 空からの4K映像で見る関東近郊のおすすめ桜スポット

  18. 富士山麓の桜並木を空中撮影してみた

  19. 【絶景桜名所3】箱根園の大島桜[箱根]

  20. 【絶景桜名所1】わに塚の桜と山高神代桜[韮崎市]

PAGE TOP