新着記事

美輪明宏 美輪明宏さん(歌手、俳優)「人には必ず役目がある。舞台を通して皆さんに活力を吸収していただくのが私の役目です」【サライ・インタビュー】 アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です アイコンタクトを大切に|相手の目を見て話すのは礼儀です【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編 4】 定年後「給与が下がっても働きたい」約7割 定年前活動「定活」をするかが、定年後の人生を決める|定年後のキャリア対策「十分できている」人はわずか1% 欅のこぶ付き指圧棒|絶妙な具合でツボを刺激する天然木の指圧棒 最終的に色付けをしてできあがり ユネスコの無形文化遺産、スペイン・バレンシアの「火祭り」|火祭りアーティストとはいったい何? クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR] 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 【ビジネスの極意】ホリエモンの宇宙事業に学ぶ、仕事のモチベーションの高め方 膝や腰の痛み、原因は足の形かも 甲高や扁平だと、なぜひざや腰に負担がかかるのか?|「足の形」が原因の膝や腰の痛み メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット 黒澤明『用心棒』 観るたびに面白く、見飽きない。どんなハリウッド映画も吹き飛ばすほどの痛快さ|黒澤明『用心棒』【面白すぎる日本映画 第28回】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

花見の日には気合いの入った鮨屋の卵焼きを味わいたい

取材・文/片山虎之介

花見に持参する御馳走には、向き不向きがある。食べるときに調理、加工する手間がかからないものが理想的だ。火を使って温めたり、あるいは氷で冷やす必要があるような食べ物は、ちょっと難しい。

江戸時代、商家の裕福な旦那衆などは、料理人を伴って花見に出かけた。桜の下で炭火を起こして調理させ、温かい料理を味わいつつ、宴を楽しんだものらしい。

そこまでの散財は無理にしても、折角の楽しい行事なのだから、少々の贅沢はしてみたい。お気に入りの銘酒を抱え、酒の肴には、鮨屋の卵焼きなど求めて持参するのも一興だ。

昔は、「卵焼きを食べれば、その鮨屋の腕がわかる」などと言われたものだが、昨今は卵焼きを作る専門の業者がいて、それを仕入れて供する鮨屋も多くなった。

花見の日には、店で卵焼きを作る気合いの入った鮨屋の卵焼きを味わいたい。厳選した材料を使い、手間ひまかけて作る、腕の良い鮨屋の卵焼きは、ひと味、ふた味違う。

酒宴の席は、卵焼きの話で、ひとしきり盛り上がることだろう。

取材・文/片山虎之介
世界初の蕎麦専門のWebマガジン『蕎麦Web』(http://sobaweb.com/)編集長。蕎麦好きのカメラマンであり、ライター。伝統食文化研究家。著書に『真打ち登場! 霧下蕎麦』『正統の蕎麦屋』『不老長寿の ダッタン蕎麦』(小学館)、『ダッタン蕎麦百科』(柴田書店)、『蕎麦屋の常識・非常識』(朝日新聞出版)などがある。

※本記事は「まいにちサライ」2011年4月11日配信分を転載したものです。

※発売中のサライ4月号の特集は「一期一会の桜旅」です。詳しくは下の画像をクリック

↑画像をクリック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 1位:上野恩賜公園【東京都】 関東圏在住のドライバーが選んだ「おすすめ桜スポットランキング」|…
  2. 桜を愛した西行を描く能「西行桜」のあらすじ
  3. 苔寺の庭を作った禅僧・夢窓疎石は大の桜好きだった
  4. なぜ将軍吉宗は飛鳥山に数千本の桜を植えたのか
  5. 桜の香りを楽しむならオオシマザクラがいい
PAGE TOP