新着記事

マイルス・デイヴィス「ジャズ・ブルー・インク」をめぐる冒険

(前回より続く)さて、「Miles Davis Jazz Blue Ink」(30mlボ…

「苔」が美しい京都の寺4選

取材・文/末原美裕「苔むす」という言葉もあるように、長い歳月をかけて京都に息付いてい…

標本と剥製の違いとは? 鳥標本が教えてくれるたくさんの知の世界

文/柿川鮎子文京区教育センターでは10月20日土曜日まで、東京大学が世界中から集めた…

【編集長レポート】新館オープンの日本橋髙島屋S.C.に「オジさんの楽園」があった!

取材・文・写真/小坂眞吾(『サライ』編集長)日本橋髙島屋は9月25日に新館がオープンし、都市…

犬も猫も1位は雑種?|最新ペット人気ランキング

ストレスの多い現代人を癒す存在、ペット。かわいい犬や猫の動画や画像は、テレビ、ウェブ、SNS、な…

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

花見で食べる美味しいものといえば昔も今も「すし」が人気

取材・文/片山虎之介

桜の花を鑑賞しながら、たくさんの人が集まって酒を飲み交わす「花見」のような風習は、日本ならではのものらしい。その始まりは、江戸時代、江戸・上野の山から起こったといわれている。桜の時期には貴賤を問わず、老若男女が集い、現代と同じような花見風景が繰り広げられたようだ。

花見に酒とおいしいものは、つきもの。花より団子、などと分けて考えず、花も団子も、そして酒も、ぜんぶまとめて楽しむのが、伝統の花見だ。

花の下で食べるおいしいものといえば、江戸時代も今も「すし」が人気だ。握りずしもいいが、ときには「ちらしずし」も味わってみたい。ちらしずしは握りずしに勝るとも劣らない魅力がある。何よりも、作る店の個性が反映されているところが楽しい。

店それぞれに工夫をこらした「おいしさの折詰」ちらしずしを味わい、酒盃に浮かんだ桜の花びらなどを愛でつつ、親しい人たちと春のひとときを過ごしたい。

取材・文/片山虎之介
世界初の蕎麦専門のWebマガジン『蕎麦Web』(http://sobaweb.com/)編集長。蕎麦好きのカメラマンであり、ライター。伝統食文化研究家。著書に『真打ち登場! 霧下蕎麦』『正統の蕎麦屋』『不老長寿の ダッタン蕎麦』(小学館)、『ダッタン蕎麦百科』(柴田書店)、『蕎麦屋の常識・非常識』(朝日新聞出版)などがある。

※本記事は「まいにちサライ」2011年4月3日配信分を転載したものです。

※発売中のサライ4月号の特集は「一期一会の桜旅」です。詳しくは下の画像をクリック

↑画像をクリック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 桜を愛した西行を描く能「西行桜」のあらすじ
  2. 花見の日には気合いの入った鮨屋の卵焼きを味わいたい
  3. 苔寺の庭を作った禅僧・夢窓疎石は大の桜好きだった
  4. なぜ将軍吉宗は飛鳥山に数千本の桜を植えたのか
  5. 桜の香りを楽しむならオオシマザクラがいい
PAGE TOP