新着記事

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

苔寺の庭を作った禅僧・夢窓疎石は大の桜好きだった

取材・文/田中昭三

苔寺(こけでら)の名で親しまれている京都の西芳寺(さいほうじ)は、中世に活躍した禅僧・夢窓疎石(むそうそせき・1275~1351)ゆかりの名刹。当時の西芳寺は苔よりも春の桜、秋の紅葉で都人あこがれの名所だった。

じつは夢窓は大の桜好き。彼の桜への熱い思いは、多くの和歌に託されている。例えばこんな歌がある。

「見る程は世の憂きことも忘られて隠れ家となる山桜かな」
(桜を見ている間だけは世の中のつらいことも忘れることができ、山桜自体が俗世間から切り離された隠れ家となるのだ)。

西芳寺には時の天皇も訪れた。そんなときには桜を見ながら歌の贈答を楽しんでいる。

「花ゆへに御幸(みゆき)に逢へる老いが身に千年(ちとせ)の春を猶(なお)も待つかな」
(桜のお蔭で天皇をお迎えすることができましたが、年老いた私は永遠に繰り返される春の桜をいつまで待つことができるでしょうか)。

禅僧というより世捨て人の歌のようだが、こんな厳しい歌もある。

「誰(たれ)もみな春は群(む)れつつ遊べども心の花を見る人ぞなき」
(誰もが花見だ花見だと騒いでいるが、心のなかに咲く美しい桜を見ている人はいないのだ)。

「心の花を見る」とは、自己を観照(かんしょう)するということ。さすが禅僧。桜を見ながらじつは人間をじっくり観察していたのだ。

取材・文/田中昭三
京都大学文学部卒。編集者を経てフリーに。日本の伝統文化の取材・執筆にあたる。『サライの「日本庭園」完全ガイド』(小学館)、『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』(ウエッジ)、『江戸東京の庭園散歩』(JTBパブリッシング)ほか。

※本記事は「まいにちサライ」2013年4月11日配信分を転載したものです。

※発売中のサライ4月号の特集は「一期一会の桜旅」です。詳しくは下の画像をクリック

↑画像をクリック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 桜を愛した西行を描く能「西行桜」のあらすじ
  2. 花見の日には気合いの入った鮨屋の卵焼きを味わいたい
  3. なぜ将軍吉宗は飛鳥山に数千本の桜を植えたのか
  4. 桜の香りを楽しむならオオシマザクラがいい
  5. 花見で食べる美味しいものといえば昔も今も「すし」が人気
PAGE TOP