新着記事

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(10/14~10/20)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

苔寺の庭を作った禅僧・夢窓疎石は大の桜好きだった

取材・文/田中昭三

苔寺(こけでら)の名で親しまれている京都の西芳寺(さいほうじ)は、中世に活躍した禅僧・夢窓疎石(むそうそせき・1275~1351)ゆかりの名刹。当時の西芳寺は苔よりも春の桜、秋の紅葉で都人あこがれの名所だった。

じつは夢窓は大の桜好き。彼の桜への熱い思いは、多くの和歌に託されている。例えばこんな歌がある。

「見る程は世の憂きことも忘られて隠れ家となる山桜かな」
(桜を見ている間だけは世の中のつらいことも忘れることができ、山桜自体が俗世間から切り離された隠れ家となるのだ)。

西芳寺には時の天皇も訪れた。そんなときには桜を見ながら歌の贈答を楽しんでいる。

「花ゆへに御幸(みゆき)に逢へる老いが身に千年(ちとせ)の春を猶(なお)も待つかな」
(桜のお蔭で天皇をお迎えすることができましたが、年老いた私は永遠に繰り返される春の桜をいつまで待つことができるでしょうか)。

禅僧というより世捨て人の歌のようだが、こんな厳しい歌もある。

「誰(たれ)もみな春は群(む)れつつ遊べども心の花を見る人ぞなき」
(誰もが花見だ花見だと騒いでいるが、心のなかに咲く美しい桜を見ている人はいないのだ)。

「心の花を見る」とは、自己を観照(かんしょう)するということ。さすが禅僧。桜を見ながらじつは人間をじっくり観察していたのだ。

取材・文/田中昭三
京都大学文学部卒。編集者を経てフリーに。日本の伝統文化の取材・執筆にあたる。『サライの「日本庭園」完全ガイド』(小学館)、『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』(ウエッジ)、『江戸東京の庭園散歩』(JTBパブリッシング)ほか。

※本記事は「まいにちサライ」2013年4月11日配信分を転載したものです。

※発売中のサライ4月号の特集は「一期一会の桜旅」です。詳しくは下の画像をクリック

↑画像をクリック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『野田版 桜の森の満開の下』画像提供:松竹 桜が彩る歌舞伎を愉しむ|古典からシネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満…
  2. 1位:上野恩賜公園【東京都】 関東圏在住のドライバーが選んだ「おすすめ桜スポットランキング」|…
  3. 桜を愛した西行を描く能「西行桜」のあらすじ
  4. 花見の日には気合いの入った鮨屋の卵焼きを味わいたい
  5. なぜ将軍吉宗は飛鳥山に数千本の桜を植えたのか
PAGE TOP