新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。(前編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(前編)

犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

苔寺の庭を作った禅僧・夢窓疎石は大の桜好きだった

取材・文/田中昭三

苔寺(こけでら)の名で親しまれている京都の西芳寺(さいほうじ)は、中世に活躍した禅僧・夢窓疎石(むそうそせき・1275~1351)ゆかりの名刹。当時の西芳寺は苔よりも春の桜、秋の紅葉で都人あこがれの名所だった。

じつは夢窓は大の桜好き。彼の桜への熱い思いは、多くの和歌に託されている。例えばこんな歌がある。

「見る程は世の憂きことも忘られて隠れ家となる山桜かな」
(桜を見ている間だけは世の中のつらいことも忘れることができ、山桜自体が俗世間から切り離された隠れ家となるのだ)。

西芳寺には時の天皇も訪れた。そんなときには桜を見ながら歌の贈答を楽しんでいる。

「花ゆへに御幸(みゆき)に逢へる老いが身に千年(ちとせ)の春を猶(なお)も待つかな」
(桜のお蔭で天皇をお迎えすることができましたが、年老いた私は永遠に繰り返される春の桜をいつまで待つことができるでしょうか)。

禅僧というより世捨て人の歌のようだが、こんな厳しい歌もある。

「誰(たれ)もみな春は群(む)れつつ遊べども心の花を見る人ぞなき」
(誰もが花見だ花見だと騒いでいるが、心のなかに咲く美しい桜を見ている人はいないのだ)。

「心の花を見る」とは、自己を観照(かんしょう)するということ。さすが禅僧。桜を見ながらじつは人間をじっくり観察していたのだ。

取材・文/田中昭三
京都大学文学部卒。編集者を経てフリーに。日本の伝統文化の取材・執筆にあたる。『サライの「日本庭園」完全ガイド』(小学館)、『入江泰吉と歩く大和路仏像巡礼』(ウエッジ)、『江戸東京の庭園散歩』(JTBパブリッシング)ほか。

※本記事は「まいにちサライ」2013年4月11日配信分を転載したものです。

※発売中のサライ4月号の特集は「一期一会の桜旅」です。詳しくは下の画像をクリック

↑画像をクリック!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 温泉から桜の絶景を! この春行きたい「桜風呂」ランキングTOP1…
  2. 『野田版 桜の森の満開の下』画像提供:松竹 桜が彩る歌舞伎を愉しむ|古典からシネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満…
  3. 1位:上野恩賜公園【東京都】 関東圏在住のドライバーが選んだ「おすすめ桜スポットランキング」|…
  4. 桜を愛した西行を描く能「西行桜」のあらすじ
  5. 花見の日には気合いの入った鮨屋の卵焼きを味わいたい
PAGE TOP