新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展

※上の表紙画像をクリックすると試し読みできます。

『サライ』4月号を発売しました。

今号は、美味・美酒・絶景を愛でる「一期一会の桜旅」の大特集に、今年開催される「必見の美術展20」の特集をあわせ、さらに特別付録として、サライオリジナルの「お散歩ショルダーバッグ」をもれなく付けてお届けします。

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
今年の花には、今年しか出会えない
一期一会の桜旅

春ごとに 花のさかりは ありなめど あひ見むことは 命なりけり――読人しらず(『古今和歌集』)

いよいよまた、桜の季節が巡ってきました。春ごとに美しい桜に出会えるのも、命あってのこと。花のはかない命もまた、私たちの命を感じていることでしょう。花を見て心浮き立つとき、人も花も、ともに「今、生きている!」という、大いなる喜びの中にいるのではないでしょうか。

サライ恒例の春の桜特集をお届けします。まず第1部では、東京大学名誉教授・久保田淳さんの解説で、「和歌に学ぶ『桜』の味わい方」をご案内します。桜を愛でる日本人独特の感性は「うたう心」が育んだと久保田先生は語ります。西行、新古今和歌集、そして近世・近代までの「うた」を通して、花の見方を学びます。

そして第2部は、日本人と桜の関わりの原点、全国の「里山の一本桜」への旅案内です。高知県仁淀川町の「ひょうたん桜」、熊本県小国町の「前原の一本桜」など、各地の田んぼ、神社、牧場、木造校舎に知られざる桜の名木を訪ねます。美しい桜風景を誌上でじっくりとご堪能ください。

第3部では、弘前、角館、小田原など、日本全国8か所の「桜名所」を取材。あわせて和菓子、麺、美酒、寿司という4ジャンルの「桜名所の旨いもの」をご紹介します。やっぱり、団子がなけりゃ、花見になりませんからネ!

本特集を参考に、ぜひ春の桜旅へと出掛けてください。

【第2特集】
和洋の名画が次々公開!2018春~秋
「必見」美術展

第2特集では、2018年に開催される「見逃せない美術展」を20、編集部で厳選してご紹介しています。

本年の展覧会は、西洋絵画でも日本の古美術でも、さらには近代絵画のジャンルでも、名だたる傑作・名画が目白押しです。

本特集では、まずは今年の展覧会で出会える「傑作絵画」をピックアップして、それぞれの見方を紹介します。フェルメール、田中一村、藤田嗣治などの8作品について、各名画の見所を中心に作品解説しています。出かける前に知っておけば、話題の展覧会がより深く楽しめます。

後半では「見逃せない美術展20」として、注目の展覧会情報を一気にご紹介しています。見逃さないよう、ぜひチェックしてください。

 

【特別付録】
街歩き、旅行、花見でも大活躍!
お散歩ショルダーバッグ

サライ4月号には、春の散歩に便利な「サライ」オリジナルのショルダーバッグがもれなく付いています。


縦25cm×横30cmという適度なサイズ感。そして約100グラムの軽量薄型設計。世界的に名高い自転車レース「ツール・ド・フランス」で使用されるサコッシュというバッグをもとにした機能的なデザインで、使いやすさは編集部が太鼓判を押します。

ちょっとした散歩、お花見、旅行、ハイキングに、ぜひお役立てください。

*  *  *

日本人の情趣をかきたてる「桜」の大特集に、見逃したくない「必見美術展」の特集をあわせた『サライ』4月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

試し読みはこちらか

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ6月号|特集は「離島の休日」と「家カレーを究める」です。
  2. サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。
  3. 桜を愛した西行を描く能「西行桜」のあらすじ
  4. 花見の日には気合いの入った鮨屋の卵焼きを味わいたい
  5. 苔寺の庭を作った禅僧・夢窓疎石は大の桜好きだった
PAGE TOP