新着記事

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展

※上の表紙画像をクリックすると試し読みできます。

『サライ』4月号を発売しました。

今号は、美味・美酒・絶景を愛でる「一期一会の桜旅」の大特集に、今年開催される「必見の美術展20」の特集をあわせ、さらに特別付録として、サライオリジナルの「お散歩ショルダーバッグ」をもれなく付けてお届けします。

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
今年の花には、今年しか出会えない
一期一会の桜旅

春ごとに 花のさかりは ありなめど あひ見むことは 命なりけり――読人しらず(『古今和歌集』)

いよいよまた、桜の季節が巡ってきました。春ごとに美しい桜に出会えるのも、命あってのこと。花のはかない命もまた、私たちの命を感じていることでしょう。花を見て心浮き立つとき、人も花も、ともに「今、生きている!」という、大いなる喜びの中にいるのではないでしょうか。

サライ恒例の春の桜特集をお届けします。まず第1部では、東京大学名誉教授・久保田淳さんの解説で、「和歌に学ぶ『桜』の味わい方」をご案内します。桜を愛でる日本人独特の感性は「うたう心」が育んだと久保田先生は語ります。西行、新古今和歌集、そして近世・近代までの「うた」を通して、花の見方を学びます。

そして第2部は、日本人と桜の関わりの原点、全国の「里山の一本桜」への旅案内です。高知県仁淀川町の「ひょうたん桜」、熊本県小国町の「前原の一本桜」など、各地の田んぼ、神社、牧場、木造校舎に知られざる桜の名木を訪ねます。美しい桜風景を誌上でじっくりとご堪能ください。

第3部では、弘前、角館、小田原など、日本全国8か所の「桜名所」を取材。あわせて和菓子、麺、美酒、寿司という4ジャンルの「桜名所の旨いもの」をご紹介します。やっぱり、団子がなけりゃ、花見になりませんからネ!

本特集を参考に、ぜひ春の桜旅へと出掛けてください。

【第2特集】
和洋の名画が次々公開!2018春~秋
「必見」美術展

第2特集では、2018年に開催される「見逃せない美術展」を20、編集部で厳選してご紹介しています。

本年の展覧会は、西洋絵画でも日本の古美術でも、さらには近代絵画のジャンルでも、名だたる傑作・名画が目白押しです。

本特集では、まずは今年の展覧会で出会える「傑作絵画」をピックアップして、それぞれの見方を紹介します。フェルメール、田中一村、藤田嗣治などの8作品について、各名画の見所を中心に作品解説しています。出かける前に知っておけば、話題の展覧会がより深く楽しめます。

後半では「見逃せない美術展20」として、注目の展覧会情報を一気にご紹介しています。見逃さないよう、ぜひチェックしてください。

 

【特別付録】
街歩き、旅行、花見でも大活躍!
お散歩ショルダーバッグ

サライ4月号には、春の散歩に便利な「サライ」オリジナルのショルダーバッグがもれなく付いています。


縦25cm×横30cmという適度なサイズ感。そして約100グラムの軽量薄型設計。世界的に名高い自転車レース「ツール・ド・フランス」で使用されるサコッシュというバッグをもとにした機能的なデザインで、使いやすさは編集部が太鼓判を押します。

ちょっとした散歩、お花見、旅行、ハイキングに、ぜひお役立てください。

*  *  *

日本人の情趣をかきたてる「桜」の大特集に、見逃したくない「必見美術展」の特集をあわせた『サライ』4月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

試し読みはこちらか

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
  2. サライ9月号|今こそ読みたい「漫画」と夏バテに効く「漢方&薬膳」…
  3. サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。
  4. サライ6月号|特集は「離島の休日」と「家カレーを究める」です。
  5. サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。
PAGE TOP