新着記事

エアコンの故障は冷房の使い始めに起きている! 今年の猛暑を快適に過ごすために今すべきこと

新型コロナウイルスの感染拡大によって、例年より自宅で過ごす時間が長くなっています。気象庁の『…

誰でも簡単腰痛改善ストレッチ!ろっ骨ほぐしで腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

誰でも簡単にできるストレッチ「ろっ骨ほぐし」で腰痛改善【川口陽海の腰痛改善教室 第42回】

文/川口陽海・ろっ骨が固いと、腰痛の原因になることがある・デスクワー…

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

趙雲~「全身これ胆」の名将【中国歴史夜話 12】

文/砂原浩太朗(小説家)蜀の武将・趙雲(ちょううん。?~229)は、三国志のなかでも…

クリップオン偏光サングラス|日常使いのメガネがそのまま高機能サングラスに

日頃使うメガネの上からかぶせることで度数をそのままに、高機能な偏光レンズを搭載したサングラス…

南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品

『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)2020年3月に早川書房から発…

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感…

【娘のきもち】「その歳で親離れできていなさ過ぎて怖い」と終わった結婚生活。親を過剰に心配しすぎる娘の成長過程~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

右側は煮溶かしたばかりのため、サラサラで飲みやすい。 左側は、冷めてかたまってからカットしたもの。プリッとしてボリュームがある。

おこもり生活で便秘が気になるなら、水溶性食物繊維たっぷりスープを!「あったか寒天スープ」でウィルス対策!

STAY HOMEで運動不足、閉塞感から自律神経も乱れがち…となると、便秘が悩みという人も増えてきま…

前列左から時計回りに、ご飯、キンカンの甘煮、梅干し、スクランブルエッグ、ウィンナーソーセージ、野菜サラダ(トマト・パセリ・サラダ菜・胡瓜・セロリ)、塩、フレンチドレッシング、煎茶・味噌汁(豆腐・油揚げ・長葱)。キンカンの甘煮は姉の手作りで、箸休めにつまむ。梅干しは塩分3%と低塩。野菜サラダには塩とフレンチドレッシングをかける。

【朝めし自慢】山本龍香(カラー魚拓作家・76歳)「赤、白、緑と彩りのいい野菜が並びます」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆後半生の目標は、カラー魚拓で日本の魚食文化を世界に広めること…

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

みなさんは、キャバクラに対して、どのようなイメージを抱きますか? キラキラしたイメージもあれ…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康法

  1.  

    家康から慶喜まで、歴代の徳川将軍が実践した健康の秘訣とは

         

    文/鈴木拓也一口に徳川家と言っても、じつは8家あることをご存知だろうか。まず、将軍家の流れをくむ序列1位の徳川宗家があり、次いで序列2位の徳川慶喜家、そして御三家(尾張、紀伊、水戸)、三卿(田安、一橋、清水)と続く。…

  2.  

    ティッシュペーパーで声を若返らせる簡単セルフトレーニング

         

    文/鈴木拓也みなさんは、「らぬ・らぬ・らぬ・らぬ・らぬ」と、「らぬ」を5回連続してよ…

  3.  

    聴くだけで聴覚を鍛え耳の老化を予防する「耳トレ」とは?

         

    文/鈴木拓也人は年を重ねてゆくと、高音域の音が聞き取りにくくなる。これが、いわゆる耳…

  4.  

    時間もお金もかからない「仙骨を温める」という健康法

         

    文/鈴木拓也「『健康マニア』と呼ばれるような健康情報に精通している人ほど、実は本当に…

  5.  

    無理なく続けられる「地中海式和食」でアンチエイジングのすすめ

         

    文/鈴木拓也2017年4月に来日したポール・マッカートニーの公演を見た人は、3時間近…

  6.  

    歯科医が提唱!高齢者に多い「誤嚥性肺炎」は口腔ケアで予防できる

         

    文/鈴木拓也日本人の死因のワースト3は長らく、がん、心疾患、脳血管疾患が不動の地位を占めてい…

  7.  

    万病の元「酸化ストレス」と戦う!抗酸化食品の正しい摂り方【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏老化やガンなどの病気には、実は活性酸素による「酸化」という共通したメカニ…

  8.  

    その乱れは万病のもと!知っておきたい「腸内細菌」の調え方【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏近年、腸内細菌の研究が注目を集めています。新しい技術を用いた腸内細菌の解…

  9.  

    本当は怖い!本当に怖い!メタボリックシンドロームの基礎知識【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏「メタボリックシンドローム」や「生活習慣病」という言葉は、健診の時などに…

  10.  

    サプリ摂りすぎは効果ナシ? 医師が奨める「アンチサプリメント」の思想

         

    文/鈴木拓也健康を気づかう人たちに大人気のサプリメント(サプリ)。内閣府消費者委員会…

  11.  

    太りにくいカラダになれる効果的な朝食の摂り方とは【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏朝ご飯、きちんと食べていますか?「朝はしっかり食べなさい」と母親…

  12.  

    耳を押すだけ!認知症予防の専門医が奨める「耳押し体操」3つ

         

    文/鈴木拓也高齢化社会の進展に伴い、増加し続ける認知症患者。いまや65歳以上の7人に2人が、…

  13.  

    冬場に室内の健康的な空気を保つための3つの大原則

         

    写真・文/三崎由美子もうすぐ年の瀬。そろそろ室内に暖房がほしい時期となりました。暖か…

  14.  

    健康に長生きするための新指標「7つのウェルネス」を知っていますか?【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏生き方や価値観、健康観、ライフスタイルが様々なものになっている現代におい…

  15.  

    炭水化物は抜くより“選ぶ”が正解!知っておきたい炭水化物と体重の関係【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏「炭水化物抜きダイエット」や「高タンパク質ダイエット」が体重コントロールに効果あ…

  16.  

    ノーベル賞受賞で注目!「体内時計」の研究でわかった健康生活2つの原則【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏私たちの生活の大部分を占める睡眠・食事・仕事が、人体に大きな影響を与えて…

  17.  

    筋力低下が気になったら!“週イチ”で効果アリのかんたん筋トレ術

         

    文/鈴木拓也日本人の平均寿命は延び続け、近い将来には「人生100年」が当たり前になる…

  18.  

    体を作る必須栄養素「タンパク質」の有効性と正しい摂り方【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏「肉を食べる人は長生きする」とか「高タンパク食が健康にいい」というのをど…

  19.  

    脳にも悪影響が!?「座りっぱなしの生活」がもたらす意外なリスクとは

         

    写真・文/三崎由美子年齢を重ねるとともに、体を動かしたり歩くのが、つい億劫になりがち…

  20.  

    脂肪は健康の敵ではない!研究に基づいた「体にいい脂肪」の摂り方【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏肥満というのは万病の元。肥満にならないように、体重を一定に保つには、消費…

  21.  

    医師も薦める「地中海式食事法」で健康な体を手に入れる【予防医療の最前線】

         

    文/中村康宏一般的に食事のバランスは、炭水化物4/たんぱく質3/脂肪3の割合が理想と…

  22.  

    夏場でも毎日浸かりたい!医師が教える「正しい入浴の心得」2つ

         

    文/中田綾美前回は、毛細血管が全身の細胞と直接やりとりするという重要な役割を果たして…

  23.  

    長距離移動中に要注意!「エコノミークラス症候群」の予防法5つ

         

    文/中田綾美お盆休み中、長距離旅行に出かける人も多いでしょう。その際、ちょっと留意し…

  24.  

    毛細血管の知られざるスゴい力とは

         

    文/中田綾美私たちの全身には、地球2周半分の長さの毛細血管が張り巡らされている。………

  25.  

    ひざへの負荷を減らす!階段の歩き方4つの心得

         

    文/中田綾美健脚のためには、“階段”か“エスカレーター、エレベーター”か、どちらを使…

  26.  

    眼科医が推奨!目のかすみや眼精疲労に効く「顔のツボ」8つ

         

    目の疲れ、かすみ、ドライアイ、小さな文字が見えにくい……そんな目の不調を覚えるサライ世代は多…

  27.  

    1日1分見るだけで目が良くなるすごい写真|老眼や眼精疲労対策に!

         

    とくにサライ世代で車の運転をする方は、「よく見えなくなった」「夜運転するのがどうも疲れる」「…

  28.  

    意外!あの「けん玉遊び」が寝たきり予防に効果的な理由とは

         

    文/中田綾美年齢を重ねても若く溌溂と暮らしたい。自分の足で自由に歩き回りたい。寝たき…

  29.  

    スポーツで腰痛を悪化させない心構え

         

    文/中田綾美日本人の国民病といっても過言ではない“腰痛”。その予防、解消には適度な運…

  30.  

    真の敵は酒中にあり!? 戦国武将と酒をめぐる喫驚エピソード4つ

         

    文/澤田真一16世紀日本に深く関わった宣教師ルイス・フロイスは、自らの酒量をコントロ…

PAGE TOP