暮らしを豊かに、私らしく
©️kikuo/PIXTA

健康であるために、さまざまな健康法を日常的に取り入れている方も多いことでしょう。でも、その健康法は本当に効果的なのでしょうか。日進月歩で研究が進められる医療業界では、これまで常識と信じられていたものが、ある日、180度変わることもあります。

何が本当なのか、最新の常識は何なのか、素人にはなかなかわかりません。そこで今回は、専門の医師たちが新しい健康常識を、最新の知見とともに解説してくれる『医者が教える健康の新常識 ここまで変わった50のこと(宝島社)』から、「生活」に関する新しい“健康常識”をご紹介します。

監修の久保明医師によると、「毎日ではなく、週末だけなど自分に会ったスタイルで運動すればよい」とのこと。無理なく、継続することからはじめましょう。

久保明(くぼ・あきら)
医療法人財団百葉の会 銀座医院 院長補佐・抗加齢センター長。東海大学医学部客員教授。
1979年慶應義塾大学医学部卒業。1988年米国ワシントン州立大学医学部動脈硬化研究部門に留学。帰国後、一貫して予防医療とアンチエイジング医学に取り組む。「高輪メディカルクリニック」を設立し16年間院長を務め、現在は医療法人財団百葉の会 銀座医院など都内で診療を行う。著書に『名医が教える!週に1度食べないだけで体の不調はリセットできる』(日東書院本社)、『人気の「これだけ健康法」が寿命を縮める 老化指標を改善する28のステップ』(講談社)、『「糖化」をふせいで老けない・病まない体になる! 』(PHP研究所)など多数。

大間違い1:1日1万歩で健康生活!

新常識:8000歩でも十分効果あり

実は1日1万歩という目標は、歩数計を作ったメーカーが名付けた商品名から始まっています。アメリカスポーツ医学協会は1日あたり300キロカロリーを消費する運動を推奨しており、成人男性の場合、1万歩で300キロカロリーが消費されるのです。

厚生労働省によれば、日本人の健康維持には1日8000歩が適切だとのこと。米国立がん研究所などの調査でも、歩数が増えるほど年間死亡率は下がりますが、1万歩以上では年間死亡率がほぼ横ばいに。健康維持のためなら、1日8000歩で十分です。
「4000~5000歩でもうつの気分を晴れやかにするという報告もあります」(久保医師)

歩く時間がなかったりあまり歩けない高齢者も、毎日4000~5000歩を歩くだけでも気分が明るくなります。

久保医師comment:一般的には8000歩を目標に、高齢者は4000~5000歩でも効果

歩数と死亡率の関係。1日2000歩の人に比べ、8000歩の人の死亡率はおよそ3分の1。
歩数が増えれば死亡率は下がるが、1万歩以上では死亡率はほとんど変わらない。
出典:Saint-Maurice PF, et al. JAMA. 2020;323(12):1151-1160

大間違い2:朝一番のラジオ体操は健康にいい! 次ページに続きます

1 2

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

花人日和 Online Store

花人日和
花人日和の通販

暮らしが華やぐアイテム満載

ランキング

人気のキーワード

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

公式SNSで最新情報を配信中!

  • Instagram
  • LINE
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店