新着記事

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(後編) 対応編【異文化リテラシー レッスン4】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(後編) 対応編【異文化リテラシー レッスン4】

文/晏生莉衣日本での新型コロナウイルス蔓延の危険性が急激に深刻化しています。感染拡大を防ぐために…

自律神経を整えるのはどっち?|上司や取引先から 理不尽に叱られたら、反論する、沈黙する?【不摂生でも病気にならない人の習慣】

文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

小学1年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」トップ10

2020年に小学1年生になる子どもたちは、将来どんな職業を選ぶのでしょうか? ランドセル素材…

【新型コロナウイルスの影響に戦々恐々】8割近くの非正規労働者が「将来に不安がある」と回答! 安定した仕事のために必要なものとは…?

新型コロナウイルスで生じた「非正規雇用」と「正社員」の待遇の差

政府が掲げる「一億総活躍社会」の実現に向けて「働き方改革」が叫ばれるようになりました。既に2…

大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。

これからの暮らしに大切な「パッシブデザイン」という考え方|パッシブデザイン住宅 参創ハウテック[PR]

進行する地球温暖化や度重なる災害に向き合うなかで、求められる住宅像が変化している。最新技術により日常…

勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。

快適な暮らしと防災対策が両立した家|センチュリースタイルプロ ミサワホーム[PR]

進行する地球温暖化や度重なる災害に向き合うなかで、求められる住宅像が変化している。最新技術により日常…

居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

安心・安全に暮らすために選ぶ サービス付き高齢者向け住宅|積和グランドマスト 積水ハウスグループ[PR]

進行する地球温暖化や度重なる災害に向き合うなかで、求められる住宅像が変化している。最新技術により日常…

【ビジネスの極意】なぜ日本の若手社員はアジアで1番出世欲がないのか?

【ビジネスの極意】なぜ日本の若手社員はアジアで1番出世欲がないのか?

今の若手社員は出世欲が低下しているという。特に日本は顕著だという結果が出ているという。リーダ…

犬は30万円、猫は16万円。1年間にかかるペットの費用はいくら?

ペットのいる生活は、心が豊かになれますよね。可愛いペットにはついついお金もかけたくなるもの。…

書き順が分かりづらい漢字ランキング|1位の漢字は?

【書き順が分かりづらい漢字ランキング】3位は「潟」、2位は「飛」、1位は?

パソコンやスマホの普及で、手書きで文字を書く機会が少なくなっている昨今。あなたの知っている漢字、書き…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ストレス

  1.  

    【新型コロナウイルスによる休園・休校】家庭で実践している「子どもがストレスを抱えない」過ごし方

         

    2月27日に政府から全国の公立小中高校への一斉休校の要請が出て以来、保育園、幼稚園、小学校に子どもを通わせている保護者の方たちはどう過ごしているのでしょうか? 子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」( https://iko-yo.…

  2.  

    女性管理職の9割以上がストレスあり。その解消法とは?

         

    昨今、「あおり運転」や「暴走老人」などイライラを抑えることができずに大きな事件に繋がったニュ…

  3. モラハラ夫遭遇率 「何でも反対夫」は44%  

    既婚女性の8割以上が夫からのモラハラを経験|妻の半数は「絶対に謝らない夫」に悩む

         

    ストレスで胃がキリキリ痛むなど、ストレスは心と体にダメージを与える。そんなストレスの原因は、仕事…

  4. ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」  

    ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

         

    文/中村康宏現代病と言われるうつ病や生活習慣病。これらの原因になっているのは、残業な…

  5. アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド  

    アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】

         

    文/中村康宏前回の記事『ストレスとうまく付き合うための注目メソッド【予防医療最前線】』で…

  6. ストレスとうまく付き合うための注目メソッド  

    ストレスとうまく付き合うための注目メソッド【予防医療最前線】

         

    文/中村康宏ストレス社会の今日において、特に仕事による悩みやストレスを感じる労働者は 6…

  7.  

    「今ひとつ仕事がはかどらない」は〇〇万円也|働き方改革で変わる労働者の健康

         

    文/中村康宏“働き方改革”が声高に叫ばれる昨今、労働者の生産性の向上は日本の企業が優先し…

  8.  

    医学的に見た「瞑想」|グーグルの福利厚生にも採用!その効果とは

         

    文/中村康宏「瞑想」は故・スティーブ・ジョブズ氏やビル・ゲイツ氏、クリントン夫妻、イチロ…

  9.  

    ため息のススメ|イライラ・不調を上手に逃がす秘訣は「ため息」だった

         

    文/中村康宏ヨガ、太極拳、禅など、「呼吸」を意識した健康増進法はあまた存在します。呼…

  10.  

    5人に1人がこころの病気に!産業医が考える、会社とメンタルヘルス

         

    文/中村康宏近年、労働環境の変化にともない、労働者の心身の健康問題が深刻化しています…

PAGE TOP