新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

既婚女性の8割以上が夫からのモラハラを経験|妻の半数は「絶対に謝らない夫」に悩む

モラハラ夫遭遇率 「何でも反対夫」は44%
ストレスで胃がキリキリ痛むなど、ストレスは心と体にダメージを与える。そんなストレスの原因は、仕事や人間関係、将来のことなど、人によってさまざまで、ひとつだけではない。今回は、子育て中のママに絞り、ママたちのストレスの原因を徹底調査! 養命酒製造が、子どもがいる20代~40代の既婚女性1000名を対象に行なった調査結果を基に、ママのストレスや胃腸不調の実態を探ってみよう。

約8割がストレスを自覚。さらに、ストレスを感じているママの4割が胃腸不調

はじめに、全回答者(1000名)に、ストレスを感じているか聞いたところ、『感じている(計)』(「非常に感じている」「やや感じている」の合計、以下同じ)は77.2%となり、ママの大半がストレスを感じているという結果になった。
年代別にみると、30代(81.1%)が最も高く、ストレスフルな日々を過ごしている30代ママが多いようだ。

ストレスを感じているか

次に、胃腸不調を感じているか聞いたところ、『感じている(計)』は33.3%と、3人に1人の割合にのぼった。
ストレスの自覚別にみると、ストレスを感じている人では39.2%となり、感じていない人(13.2%)と比べて26.0ポイントも高いという結果に。ストレスが胃腸の状態に悪影響を及ぼしていることがうかがえる結果となった。

腸不調を感じているか

胃腸不調だとメイクが不調に? 胃腸不調ママの3割半が「化粧のノリが悪い」と悩む

続いて、全回答者(1000名)に、自身が感じる肌の不調について聞いたところ、「シミが目立つ」(42.9%)が最も高く、次いで「毛穴が開いている」(42.8%)、「肌に透明感・ツヤがない」(34.7%)、「目の下にクマができる」(33.4%)、「肌が乾燥している」(32.8%)となった。
胃腸不調を感じている人(333名)に絞ってみると、「シミが目立つ」(49.2%)が最も高く、胃腸不調ママの半数がシミに悩んでいることが判明した。さらに「シミが目立つ」(49.2%)、「化粧のノリが悪い」(34.2%)、「メイクをしても顔色がよくない」(21.6%)は、全体の結果と比べて5ポイント以上高く、メイクでカバーしきれない肌の不調を感じている人も多いようだ。

自身が感じる肌の不調

ママは子育てでヘトヘト ママの約7割が「子育て疲れ」を実感

ここからは、ママのストレスの原因について深堀してみよう。
全回答者(1000名)に、子育て疲れを感じているか聞いたところ、『感じている(計)』は67.2%となった。
年代別にみると、20代74.8%、30代75.1%、40代51.7%となり、未就学児を抱えるママが多い、20代・30代ママの大半が子育て疲れを実感しているようだ。

子育て疲れを感じているか

では、子育て疲れとストレスには関係があるのか?

ストレスを感じている人の割合を、子育て疲れの自覚別にみると、子育て疲れを感じている人では89.7%となり、感じていない人(51.5%)と比べて38.2ポイント高くなった。子育て疲れがストレスの一因となっていることがうかがえる結果となった。

ストレスを感じている

夫への不満を感じているママの9割がストレスを自覚

続いて、全回答者(1000名)に、夫への不満を感じているか聞いたところ、『感じている(計)』は62.5%となった。

夫への不満を感じているか

ストレスを感じている人の割合を、夫への不満の自覚別にみると、夫への不満を感じている人では89.9%となり、感じていない人(56.0%)と比べて33.9ポイント高くなり、夫への不満がストレスの一因になっているケースは多いと推測できる。

ストレスを感じている人の割合を、夫への不満の自覚別

モラハラ夫がママのストレスの原因に? ママの8割半が夫からのモラハラを経験

物理的な暴力ではなく、言葉や態度によって人の心を傷つける行動の“モラルハラスメント(モラハラ)”。夫からモラハラを受けているママはどのくらいいるのか?

全回答者(1000名)に、夫からのモラハラを受けたことがあるか尋ねたところ、「ある」と回答した人は85.0%にも上った。ママの大多数が夫からのモラハラを経験しているようだ。

夫からのモラハラを受けたことがあるか

モラハラ夫、最多は「即イライラ夫」、ママの半数以上が「絶対に謝らない夫」に悩む

夫からのモラハラについて、それぞれを受けた経験が『ある(計)』(「よくある」「ときどきある」の合計、以下同じ)割合をみると、「すぐにイライラする」(57.6%)が最も高く、次いで「絶対に謝らない」(55.3%)、「子育てを押し付ける」(44.4%)、「何を言っても反対する」(43.8%)、「嘘をつく」(43.0%)、「ミスを責め立てる」(42.7%)となった。ママの多くが、夫のイライラや強情な態度、子育てを押し付ける姿勢、虚言などに悩まされていることがわかった。その他、「激しく束縛する」(14.3%)といった回答もあった。

夫からのモラハラについて、それぞれを受けた経験

 

義母がいるママの4割強が“嫁ハラ”を経験、2割半が「マイルール押し付け」の被害に

次に、義理の母がいる人(864名)に、義理の母から受けるモラハラ行動・態度(嫁ハラ)を挙げて、それらの嫁ハラを受けたことがあるかを聞いた。すると、「ある」と回答した人の割合は41.6%。義母がいるママの4割強が嫁ハラを受けた経験があるようだ。

義理の母から受けるモラハラ

嫁ハラについて、それぞれを受けた経験が『ある(計)』割合をみると、「マイルールを押し付ける」(24.8%)が最も高く、次いで「夫にだけ優しい」(20.3%)、「陰口をたたく」(17.1%)、「連絡なしで訪問してくる」(14.4%)、「家族から仲間はずれにする」(11.3%)、「ミスを責め立てる」「子どもの育て方が悪いと罵る」(同率9.5%)、「妻の親の悪口を言う」(9.4%)、「浮気夫をかばう」(6.1%)となった。

嫁ハラについて、それぞれを受けた経験が『ある(計)』割合

実は胃腸の負担に? ママが行っているストレス解消法 1位「甘いものを食べる」

では、ママたちはどのような方法でストレスを解消しているのか?

全回答者(1000名)に、ストレスを解消するためにどのようなことを行っているか聞いたところ、「甘いものを食べる」(55.7%)が最も高く、次いで「ショッピングに行く」(40.0%)、「昼寝をする」(35.8%)、「おしゃべりをする」(30.9%)、「笑えるテレビ番組・映画をみる」(26.4%)となった。ママの半数以上が、スイーツを食べてストレスを解消しようとしている実態が明らかになった。しかし、甘いものの食べ過ぎは胃腸に負担がかかり、かえって疲れやすくなってしまうため、注意が必要だ。

ストレスを解消するためにどのようなことを行っているか胃腸の働きには自律神経が大きく関係しており、ストレスと胃腸のトラブルは密接に関わっているという。ストレスは百害あって一利なし。今回は、20代~40代のママ目線の意見を紹介したが、自分がストレスを与える側になっていないか、振り返ってみることも大切かも⁉

文/鳥居優美

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」 ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」
  2. アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予…
  3. ストレスとうまく付き合うための注目メソッド ストレスとうまく付き合うための注目メソッド【予防医療最前線】
  4. 「今ひとつ仕事がはかどらない」は〇〇万円也|働き方改革で変わる労…
  5. 医学的に見た「瞑想」|グーグルの福利厚生にも採用!その効果とは
PAGE TOP