新着記事

西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。

「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。

上の画像をクリックすると試し読みできます。

『サライ』2018年5月号は、将棋の名勝負の舞台となった「将棋の宿」の大特集に、快適・安心でサライ世代に優しい「豪華バスの旅」の特集をあわせてお届けします。

さらに特別付録として、藤井聡太六段も出題している「詰将棋」別冊問題集と、将棋盤&駒セットが付いています!

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
棋史に残る名勝負の舞台に泊まる
将棋の宿

羽生善治竜王が「永世七冠」の偉業を達成し、国民栄誉賞を受賞。一方、中学生プロ棋士の藤井聡太六段が未曾有の快進撃をするなど、何かと話題の将棋界。升田幸三、大山康晴、加藤一二三、中原誠など錚々たる棋士が、タイトル戦で対局した全国の旅館・ホテルは、その名勝負に相応しい老舗旅館・名ホテルばかりです。

本特集の第1部「名勝負を生むタイトル戦のひみつ」では、プロとアマの違い、棋士が目指すタイトル戦の概要などをわかりやすく解説。さらに、タイトル戦の一部始終を誌上再現します。

そして第2部「いざ、名勝負の舞台へ」では、実際にその「対戦場」を訪れ、「勝負メシ」も掲載しました。

将棋ファンならずとも、わざわざ泊まりに行きたくなる旅を提案します。特別付録とあわせてお楽しみ下さい!

【第2特集】
豪華、快適、安心、極上のおもてなし
あなたが知らない今どきのバス旅

通常は45席設置できる大型バスの座席数を大幅に減らし、ゆとりのある快適な車内に座り心地のよい革張りのシートとトイレや化粧台を備えた豪華なバスによるツアーが人気を集めています。

まずは、名所や旧跡をゆったりした行程で巡り、アテンダントや添乗員による細やかなもてなしと評判の旅館やホテルに宿泊する旅の魅力を、テレビキャスターの草野仁さん(74歳)がレポートします。


また、眺望と美味が楽しめる2階建てのレストランバスや完全個室のバスも登場した高速夜行バスなど、新しいバスとその旅をたっぷりご紹介します。

【特別付録】
若き天才棋士・藤井聡太も出題!
一人で楽しめ脳トレにもなる知的遊戯

「詰将棋」問題集&将棋盤・駒セット

サライ5月号は特集に合わせて、別冊「詰将棋」問題集と、将棋盤・駒セットという2大付録つきです。

「詰将棋」問題集には、江戸時代の詰将棋作家が遺したお題とともに、羽生善治、加藤一二三、藤井聡太らトップ棋士17人に、本誌のため特別に作ってもらったオリジナル問題を収録。誌面を睨みながら頭の中で手順を考えれば、脳トレにも役立つこと請け合いです。

初心者は、もう一つの付録「将棋盤・駒セット」を駆使して、実際に盤上に駒を並べて動かして考えるのが良いでしょう。

ちなみに駒に用いられている文字は、名人戦の第1局だけに使われる名駒「宗歩好 島黄楊赤柾盛り上げ駒」(そうほごのみ しまつげあかまさもりあげごま)で、玉将が2枚の「双玉仕立て」になっています。

ちょっとした時間のスキマに、ぜひお遊びください。

*  *  *

人気高まる「将棋」の大特集に、いちどは乗ってみたい「豪華バスの旅」の特集をあわせ、詰将棋の問題集と将棋盤&駒セットが付いた『サライ』5月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

試し読みはこちらか

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ12月号|特集は魚料理と伊能忠敬、付録は奇想の日本美術カレ…
  2. サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジ…
  3. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
  4. サライ9月号|今こそ読みたい「漫画」と夏バテに効く「漢方&薬膳」…
  5. サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。
PAGE TOP