新着記事

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気にな…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦×土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

老後を自宅で過ごしたいなら「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

【第78回人形町らくだ亭】6月13日開催|五街道雲助が『つづら』を口演します

ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の落語会「人形町らくだ亭」。2018年6月の第…

泉鏡花が憑かれたように集めた兎の置物【文士の逸品No.16】

◎No.16:泉鏡花の兎の置物文/矢島裕紀彦神経症と言っていいくらいの、独自…

【インタビュー】横山はる江(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

【夕刊サライ/テリー伊藤】「『ちょいフル中古車』でオトコを奮い立たせろ!」(テリー伊藤のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

アニリンバッファローレザー3wayドクターバッグ|堅牢なバッファローレザー製の鞄

日用から1泊程度の旅まで幅広く対応する、バッファローレザー(水牛の革)の上品な3ウェイバッグ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。

上の画像をクリックすると試し読みできます。

『サライ』2018年5月号は、将棋の名勝負の舞台となった「将棋の宿」の大特集に、快適・安心でサライ世代に優しい「豪華バスの旅」の特集をあわせてお届けします。

さらに特別付録として、藤井聡太六段も出題している「詰将棋」別冊問題集と、将棋盤&駒セットが付いています!

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
棋史に残る名勝負の舞台に泊まる
将棋の宿

羽生善治竜王が「永世七冠」の偉業を達成し、国民栄誉賞を受賞。一方、中学生プロ棋士の藤井聡太六段が未曾有の快進撃をするなど、何かと話題の将棋界。升田幸三、大山康晴、加藤一二三、中原誠など錚々たる棋士が、タイトル戦で対局した全国の旅館・ホテルは、その名勝負に相応しい老舗旅館・名ホテルばかりです。

本特集の第1部「名勝負を生むタイトル戦のひみつ」では、プロとアマの違い、棋士が目指すタイトル戦の概要などをわかりやすく解説。さらに、タイトル戦の一部始終を誌上再現します。

そして第2部「いざ、名勝負の舞台へ」では、実際にその「対戦場」を訪れ、「勝負メシ」も掲載しました。

将棋ファンならずとも、わざわざ泊まりに行きたくなる旅を提案します。特別付録とあわせてお楽しみ下さい!

【第2特集】
豪華、快適、安心、極上のおもてなし
あなたが知らない今どきのバス旅

通常は45席設置できる大型バスの座席数を大幅に減らし、ゆとりのある快適な車内に座り心地のよい革張りのシートとトイレや化粧台を備えた豪華なバスによるツアーが人気を集めています。

まずは、名所や旧跡をゆったりした行程で巡り、アテンダントや添乗員による細やかなもてなしと評判の旅館やホテルに宿泊する旅の魅力を、テレビキャスターの草野仁さん(74歳)がレポートします。


また、眺望と美味が楽しめる2階建てのレストランバスや完全個室のバスも登場した高速夜行バスなど、新しいバスとその旅をたっぷりご紹介します。

【特別付録】
若き天才棋士・藤井聡太も出題!
一人で楽しめ脳トレにもなる知的遊戯

「詰将棋」問題集&将棋盤・駒セット

サライ5月号は特集に合わせて、別冊「詰将棋」問題集と、将棋盤・駒セットという2大付録つきです。

「詰将棋」問題集には、江戸時代の詰将棋作家が遺したお題とともに、羽生善治、加藤一二三、藤井聡太らトップ棋士17人に、本誌のため特別に作ってもらったオリジナル問題を収録。誌面を睨みながら頭の中で手順を考えれば、脳トレにも役立つこと請け合いです。

初心者は、もう一つの付録「将棋盤・駒セット」を駆使して、実際に盤上に駒を並べて動かして考えるのが良いでしょう。

ちなみに駒に用いられている文字は、名人戦の第1局だけに使われる名駒「宗歩好 島黄楊赤柾盛り上げ駒」(そうほごのみ しまつげあかまさもりあげごま)で、玉将が2枚の「双玉仕立て」になっています。

ちょっとした時間のスキマに、ぜひお遊びください。

*  *  *

人気高まる「将棋」の大特集に、いちどは乗ってみたい「豪華バスの旅」の特集をあわせ、詰将棋の問題集と将棋盤&駒セットが付いた『サライ』5月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

試し読みはこちらか

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展
  2. サライ3月号|特集は「地元前の鮨」と「神保町」です
  3. サライ2月号|特集は「西郷隆盛」と「町中華」です
  4. 豪華バス『ゆいプリマ』で行く!日本の酒都・兵庫県で新酒と美食と温…
  5. サライ1月号|特集は「日本酒」と「鮭」特別付録は北斎ブルーの万年…
PAGE TOP