新着記事

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。

上の画像をクリックすると試し読みできます。

『サライ』2018年5月号は、将棋の名勝負の舞台となった「将棋の宿」の大特集に、快適・安心でサライ世代に優しい「豪華バスの旅」の特集をあわせてお届けします。

さらに特別付録として、藤井聡太六段も出題している「詰将棋」別冊問題集と、将棋盤&駒セットが付いています!

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
棋史に残る名勝負の舞台に泊まる
将棋の宿

羽生善治竜王が「永世七冠」の偉業を達成し、国民栄誉賞を受賞。一方、中学生プロ棋士の藤井聡太六段が未曾有の快進撃をするなど、何かと話題の将棋界。升田幸三、大山康晴、加藤一二三、中原誠など錚々たる棋士が、タイトル戦で対局した全国の旅館・ホテルは、その名勝負に相応しい老舗旅館・名ホテルばかりです。

本特集の第1部「名勝負を生むタイトル戦のひみつ」では、プロとアマの違い、棋士が目指すタイトル戦の概要などをわかりやすく解説。さらに、タイトル戦の一部始終を誌上再現します。

そして第2部「いざ、名勝負の舞台へ」では、実際にその「対戦場」を訪れ、「勝負メシ」も掲載しました。

将棋ファンならずとも、わざわざ泊まりに行きたくなる旅を提案します。特別付録とあわせてお楽しみ下さい!

【第2特集】
豪華、快適、安心、極上のおもてなし
あなたが知らない今どきのバス旅

通常は45席設置できる大型バスの座席数を大幅に減らし、ゆとりのある快適な車内に座り心地のよい革張りのシートとトイレや化粧台を備えた豪華なバスによるツアーが人気を集めています。

まずは、名所や旧跡をゆったりした行程で巡り、アテンダントや添乗員による細やかなもてなしと評判の旅館やホテルに宿泊する旅の魅力を、テレビキャスターの草野仁さん(74歳)がレポートします。


また、眺望と美味が楽しめる2階建てのレストランバスや完全個室のバスも登場した高速夜行バスなど、新しいバスとその旅をたっぷりご紹介します。

【特別付録】
若き天才棋士・藤井聡太も出題!
一人で楽しめ脳トレにもなる知的遊戯

「詰将棋」問題集&将棋盤・駒セット

サライ5月号は特集に合わせて、別冊「詰将棋」問題集と、将棋盤・駒セットという2大付録つきです。

「詰将棋」問題集には、江戸時代の詰将棋作家が遺したお題とともに、羽生善治、加藤一二三、藤井聡太らトップ棋士17人に、本誌のため特別に作ってもらったオリジナル問題を収録。誌面を睨みながら頭の中で手順を考えれば、脳トレにも役立つこと請け合いです。

初心者は、もう一つの付録「将棋盤・駒セット」を駆使して、実際に盤上に駒を並べて動かして考えるのが良いでしょう。

ちなみに駒に用いられている文字は、名人戦の第1局だけに使われる名駒「宗歩好 島黄楊赤柾盛り上げ駒」(そうほごのみ しまつげあかまさもりあげごま)で、玉将が2枚の「双玉仕立て」になっています。

ちょっとした時間のスキマに、ぜひお遊びください。

*  *  *

人気高まる「将棋」の大特集に、いちどは乗ってみたい「豪華バスの旅」の特集をあわせ、詰将棋の問題集と将棋盤&駒セットが付いた『サライ』5月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

試し読みはこちらか

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。
  2. サライ6月号|特集は「離島の休日」と「家カレーを究める」です。
  3. もしも豪華バスが驚くべき方向に進化するとしたら?【イシグロ妄想研…
  4. もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研…
  5. 藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?
PAGE TOP