新着記事

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の“むせ”|口の機能の衰えは「オーラルフレイル」の危険性あり!

切り餅を使った「中華おこわ」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】余ったお餅をリメイク!切り餅を使った「餅グラタン」「中華おこわ」

バルミューダ ザ・ライト|明るくくっきりした視界を確保。正確な色が見え、影ができにくい

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/20~1/26)牡羊座~蟹座編

これからの20年、30年で、人生全体の納得度が大きく左右される|『人生のピークを90代にもっていく!』

人生の後半を幸せに生きていくための秘訣|人生のピークを90代にもっていく!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

本誌情報

サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。

↑表紙をクリックすると試し読みできます

『サライ』7月号を発売しました。今号のサライは、一度は泊まってみたい「名建築家の宿」の大特集に、サライ世代にこそ奨めたい「牛肉で長生き」の特集をあわせてお届けします!

それでは今の読みどころをご紹介いたしましょう。

【大特集】
村野藤吾、吉村順三、菊竹請訓、磯崎新、安藤忠雄、隈研吾……
細部まで透徹した匠の創意に膝を打つ

建築家の宿

2020年を前に、都内各所で再開発が進む中、巨匠と呼ばれる建築家の名を耳にすることが増えてきました。著名建築家の設計した家に住むことは難しくとも、彼らが精魂込めた宿なら泊まることができます。


本特集では、サライが全国から厳選した名建築家の宿を10軒ご紹介します。いずれも時間を気にせずじっくり鑑賞できる、“芸術作品”とも言える一流の宿やホテルです。
また、そんな名建築家の宿の見どころを、一級建築士の紀行作家・稲葉なおとさんに教えていただきます。

眺望が素晴らしい全室スイートのホテルから、1泊2食付きでひとりわずか6000円の公共の宿まで。チェックアウト後も少しでも長い時間滞在して、細部に眼を凝らしていただくと、建築家の個性と心配りが見えるに違いありません。

【第2特集】
コレステロールは気にしない、
少量で効率良く栄養になる

牛肉で長生き

牛肉には、健康で長生きをするために必要な栄養素が豊富に含まれています。医師で作家の鎌田實さんも、「いつまでも健康に楽しく暮らすためには牛肉を食べましょう」と説いています。

本特集では、日本人と牛肉の歴史から繙き、認知機能を維持するためにも必要な牛肉の効用や和牛の品種、代表的な部位、最近話題の熟成肉までをわかりやすく解説します。

さらに、肉料理の名店『マル・ディグラ』や辻調理師専門学校による選りすぐりのレシピと調理のコツも紹介。作家・檀一雄がよく作ったビーフシチューも再現しました。

本特集を機に、牛肉を積極的に美味しく食べて、健康長寿をめざしてください!

*  *  *

旅の目的にもなる、泊まってみたい「名建築家の宿」の大特集に、長生きするための秘訣「牛肉を美味しく食べられる料理」の特集をあわせた『サライ』7月号。ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

試し読みはここをクリック!

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「茶がゆ定食」3200円。左奥から時計回りに赤出汁、小松菜のお浸し、海老サラダ、葛きりなどの箱膳、赤魚の焼き物と袱ふく紗さ 焼き(玉子 焼き)、茶粥、香の物、小芋、ひろうすの煮物、胡麻豆腐、湯葉と餅(生しようが姜風味の餡あん)。提供は7時~9時30分。外来客も注文可(予約不要)。 奈良は「早起き」に限る|朝めし自慢の奈良の宿5軒
  2. 静岡グルメ 「清水魚市場」「クレマチスの丘」|日帰り観光で楽しめる! 美味…
  3. サライ12月号|特集は魚料理と伊能忠敬、付録は奇想の日本美術カレ…
  4. サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジ…
  5. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
PAGE TOP