新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ2月号|特集は「西郷隆盛」と「町中華」です

 

『サライ』2018年2月号は、NHK大河ドラマ『西郷どん』で話題の維新の巨星「西郷隆盛」の大特集に、あなたの町にもきっとある街場の気軽な中華料理屋さん「町中華」の特集をあわせてお届けします。

特別付録は欲しいモノが必ずみつかる!通販別冊「大人の逸品」ベスト100です。(サライ2月号はここから試し読みできます

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
命もいらず名もいらず、官位も金もいらぬ
「敬天愛人」を貫いた維新の巨星
「西郷隆盛」という生き方

 

今年2018年は、明治改元から150年。ということで今のサライでは、大久保利通、木戸孝允と並ぶ維新三傑のひとりであり、未だ絶大な人気を誇る「西郷隆盛」を大特集します。

薩摩藩の下級武士から立身し、類い希なる人間力をもって頭角を現し、ついには維新の立役者となった西郷は、なぜ志半ばにして下野し、反乱を起こすに至ってしまったのか――。「命もいらず名もいらず、官位も金もいらぬ」「敬天愛人」を貫いた「西郷(せご)どん」の数奇な生涯を、「革命家」「宰相」「反乱軍リーダー」「人格者」といった複数の側面から辿ることで、維新の巨星の「謎」を解き明かします。

また、何匹もの犬を飼い、狩りを楽しみ、温泉が大好きという面ももつ、西郷さん。そのゆかりの地を併せて紹介し、今なお多くの人々に敬愛される西郷どんの“素顔に触れる旅”を提案します。

サライ渾身の「西郷隆盛」特集です。NHK大河ドラマ「西郷どん」をより深く楽しむためにも、ぜひご覧ください。

【第2特集】
変わらぬ味が、いちばん旨い
幸せの「町中華」

「町中華」それは、あなたの町にもきっとある、普段づかいできる中華の食堂です。

本特集では、ラーメン、チャーハン、餃子にタンメンと、「変わらぬ味が一番旨い!」を合い言葉に、 関東・関西にある「町中華」の隠れ名店を厳選。見るだけで幸せな気持ちになれる中華料理の数々を、店の名物とともに紹介します。

特集内では、町中華の歴史を紐解くとともに、町中華ならではの楽しみ方もガイドします。

おせちや正料理に倦んできたら、本特集を参考に、気軽な町中華で紹興酒でも傾けてみませんか。

【特別紀行】
九州の美味と絶景を楽しむ1泊2日
壇ふみさんと行くクルーズトレイン
「ななつ星 in 九州」の旅

世界各地を旅し、ヨーロッパを横断する豪華列車・オリエント急行にも乗車したことがある女優の壇ふみさんが、「ずっと乗っていたかった」という豪華列車「ななつ星」。博多駅から出発し、有田駅、長崎駅、八代駅を経て博多駅に戻る、心躍る1泊2日の九州周遊の旅の模様を綴ります。

*  *  *

維新150年の今だからこそ知っておきたい「西郷隆盛」の大特集に、普段着で気取らず楽しめる「町中華」の特集をあわせた新年最初の『サライ』2ぜひ書店等で手にとってご覧ください!(ここから試し読みできます

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。
  2. サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展
  3. サライ3月号|特集は「地元前の鮨」と「神保町」です
  4. 【西郷隆盛の名言】「晋どん、もうここらでよかろう」
  5. 【西郷隆盛の名言】「日本中が雨漏りしている。わが家だけ直すわけに…
PAGE TOP