新着記事

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のア…

4日目《新得から根室へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

4日目《新得から根室へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ2月号|特集は「西郷隆盛」と「町中華」です

 

『サライ』2018年2月号は、NHK大河ドラマ『西郷どん』で話題の維新の巨星「西郷隆盛」の大特集に、あなたの町にもきっとある街場の気軽な中華料理屋さん「町中華」の特集をあわせてお届けします。

特別付録は欲しいモノが必ずみつかる!通販別冊「大人の逸品」ベスト100です。(サライ2月号はここから試し読みできます

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
命もいらず名もいらず、官位も金もいらぬ
「敬天愛人」を貫いた維新の巨星
「西郷隆盛」という生き方

 

今年2018年は、明治改元から150年。ということで今のサライでは、大久保利通、木戸孝允と並ぶ維新三傑のひとりであり、未だ絶大な人気を誇る「西郷隆盛」を大特集します。

薩摩藩の下級武士から立身し、類い希なる人間力をもって頭角を現し、ついには維新の立役者となった西郷は、なぜ志半ばにして下野し、反乱を起こすに至ってしまったのか――。「命もいらず名もいらず、官位も金もいらぬ」「敬天愛人」を貫いた「西郷(せご)どん」の数奇な生涯を、「革命家」「宰相」「反乱軍リーダー」「人格者」といった複数の側面から辿ることで、維新の巨星の「謎」を解き明かします。

また、何匹もの犬を飼い、狩りを楽しみ、温泉が大好きという面ももつ、西郷さん。そのゆかりの地を併せて紹介し、今なお多くの人々に敬愛される西郷どんの“素顔に触れる旅”を提案します。

サライ渾身の「西郷隆盛」特集です。NHK大河ドラマ「西郷どん」をより深く楽しむためにも、ぜひご覧ください。

【第2特集】
変わらぬ味が、いちばん旨い
幸せの「町中華」

「町中華」それは、あなたの町にもきっとある、普段づかいできる中華の食堂です。

本特集では、ラーメン、チャーハン、餃子にタンメンと、「変わらぬ味が一番旨い!」を合い言葉に、 関東・関西にある「町中華」の隠れ名店を厳選。見るだけで幸せな気持ちになれる中華料理の数々を、店の名物とともに紹介します。

特集内では、町中華の歴史を紐解くとともに、町中華ならではの楽しみ方もガイドします。

おせちや正料理に倦んできたら、本特集を参考に、気軽な町中華で紹興酒でも傾けてみませんか。

【特別紀行】
九州の美味と絶景を楽しむ1泊2日
壇ふみさんと行くクルーズトレイン
「ななつ星 in 九州」の旅

世界各地を旅し、ヨーロッパを横断する豪華列車・オリエント急行にも乗車したことがある女優の壇ふみさんが、「ずっと乗っていたかった」という豪華列車「ななつ星」。博多駅から出発し、有田駅、長崎駅、八代駅を経て博多駅に戻る、心躍る1泊2日の九州周遊の旅の模様を綴ります。

*  *  *

維新150年の今だからこそ知っておきたい「西郷隆盛」の大特集に、普段着で気取らず楽しめる「町中華」の特集をあわせた新年最初の『サライ』2ぜひ書店等で手にとってご覧ください!(ここから試し読みできます

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。
  2. サライ6月号|特集は「離島の休日」と「家カレーを究める」です。
  3. サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。
  4. サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展
  5. サライ3月号|特集は「地元前の鮨」と「神保町」です
PAGE TOP