新着記事

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

本誌情報

サライ2月号|特集は「西郷隆盛」と「町中華」です

 

『サライ』2018年2月号は、NHK大河ドラマ『西郷どん』で話題の維新の巨星「西郷隆盛」の大特集に、あなたの町にもきっとある街場の気軽な中華料理屋さん「町中華」の特集をあわせてお届けします。

特別付録は欲しいモノが必ずみつかる!通販別冊「大人の逸品」ベスト100です。(サライ2月号はここから試し読みできます

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
命もいらず名もいらず、官位も金もいらぬ
「敬天愛人」を貫いた維新の巨星
「西郷隆盛」という生き方

 

今年2018年は、明治改元から150年。ということで今のサライでは、大久保利通、木戸孝允と並ぶ維新三傑のひとりであり、未だ絶大な人気を誇る「西郷隆盛」を大特集します。

薩摩藩の下級武士から立身し、類い希なる人間力をもって頭角を現し、ついには維新の立役者となった西郷は、なぜ志半ばにして下野し、反乱を起こすに至ってしまったのか――。「命もいらず名もいらず、官位も金もいらぬ」「敬天愛人」を貫いた「西郷(せご)どん」の数奇な生涯を、「革命家」「宰相」「反乱軍リーダー」「人格者」といった複数の側面から辿ることで、維新の巨星の「謎」を解き明かします。

また、何匹もの犬を飼い、狩りを楽しみ、温泉が大好きという面ももつ、西郷さん。そのゆかりの地を併せて紹介し、今なお多くの人々に敬愛される西郷どんの“素顔に触れる旅”を提案します。

サライ渾身の「西郷隆盛」特集です。NHK大河ドラマ「西郷どん」をより深く楽しむためにも、ぜひご覧ください。

【第2特集】
変わらぬ味が、いちばん旨い
幸せの「町中華」

「町中華」それは、あなたの町にもきっとある、普段づかいできる中華の食堂です。

本特集では、ラーメン、チャーハン、餃子にタンメンと、「変わらぬ味が一番旨い!」を合い言葉に、 関東・関西にある「町中華」の隠れ名店を厳選。見るだけで幸せな気持ちになれる中華料理の数々を、店の名物とともに紹介します。

特集内では、町中華の歴史を紐解くとともに、町中華ならではの楽しみ方もガイドします。

おせちや正料理に倦んできたら、本特集を参考に、気軽な町中華で紹興酒でも傾けてみませんか。

【特別紀行】
九州の美味と絶景を楽しむ1泊2日
壇ふみさんと行くクルーズトレイン
「ななつ星 in 九州」の旅

世界各地を旅し、ヨーロッパを横断する豪華列車・オリエント急行にも乗車したことがある女優の壇ふみさんが、「ずっと乗っていたかった」という豪華列車「ななつ星」。博多駅から出発し、有田駅、長崎駅、八代駅を経て博多駅に戻る、心躍る1泊2日の九州周遊の旅の模様を綴ります。

*  *  *

維新150年の今だからこそ知っておきたい「西郷隆盛」の大特集に、普段着で気取らず楽しめる「町中華」の特集をあわせた新年最初の『サライ』2ぜひ書店等で手にとってご覧ください!(ここから試し読みできます

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジ…
  2. 西郷どんは真の愛犬家だった|西郷隆盛像の隣にいる薩摩犬の知られざ…
  3. サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録…
  4. チャイナフェスティバル「炎の激辛中華G1グランプリ」に輝く!名店…
  5. 本場の中国料理を日本に広めた第一人者 「陳家私菜」オーナーシェフ…
PAGE TOP