新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ11月号|特集は「北斎を見よ」と「奈良〈古代史〉の旅」です。

↑↑↑上の写真をクリックすると11月号が試し読みできます。

『サライ』2017年11月号は、世界が仰天した“画狂老人”ことご存知「葛飾北斎」の大特集に、サライ恒例の旅特集「奈良〈古代史〉の旅」、そしてサライ世代にとって切実な「老眼と賢くつきあう」の生活特集をあわせてお届けします。

さらに今号の特別付録は、英国発祥の服飾ブランド『アクアスキュータム』×サライの特製スケジュール手帳(2018年版)です。

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
海を越え、時代を超えてますます輝く天才絵師
北斎を見よ

11の巻頭特集は、大阪、東京で大規模展覧会が開かれ、再び熱い注目を浴びている葛飾北斎です。

「絵に描けぬものはない」として、森羅万象、この世のすべてを描き尽くし、世界にその名を轟かせる天才絵師・北斎。 本特集では、そんな北斎の作品の魅力を、「卓越した筆さばきが冴えわたる肉筆画」「想像力と構成力に裏打ちされた風景版画」「西洋美術に与えた衝撃の大きさ」の3パートに分けて徹底分析。北斎の圧倒的な画力と異次元の創造力を余すことなく紹介します。

また、北斎版画を手に入れるための指南記事や、大阪・あべのハルカス美術館と東京・国立西洋美術館で開催される展覧会の詳報も必見です。

異次元の世界を探索し続けた北斎の奇跡の画業は、今なお世界中を惹きつけています。視覚の魔術師・北斎が繰り出す神技を、とくとご覧ください。

【第2特集】
飛鳥の遺跡から平城の古刹まで、国家創生の舞台を歩く
奈良「古代史」の旅

日々行なわれている遺跡などの発掘調査によって、古代史は塗り替えられています。今の第2特集は「奈良~古代史の旅」と題して、奈良・飛鳥を舞台にした国家創成の謎に迫ります。

日出ずる国――。まだ日本という国がなかった6世紀、有力豪族が群雄割拠していた倭国に仏教が伝来します。それを機に本格的な国づくりが始まりました。奈良の飛鳥地方には宮都(きゅうと)がいくつも築かれ、それらの遺跡は古代都市の姿を今に伝えています。

本特集では、仏教伝来から平城京がつくられるまでの歩みを「起」「承」「転」「結」の物語仕立てにし、貴重な資料や最新の発掘調査結果などを交えながらわかりやすく紹介しています。

もちろん飛鳥・奈良周辺の宿や食事処の情報も充実。散策に便利な地図や交通案内も付いています。

古代史をひもとく手がかりとなる最古の正史『日本書紀』と『サライ』11月号を携えて、生きた歴史の宝庫でもある奈良・飛鳥へ、日本誕生の謎を解く旅に出てみませんか。

【生活特集】
見え方が変われば人生は変わる
「老眼」と賢くつきあう方法

読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋。何をするにも目の衰えを自覚する季節。でも、加齢のせいと諦めるのは早いです。

老眼に適切に対処すれば、日々の不便は解消、心身の不調も解決できるのです。そのための正しい処方箋を取材しました。

【特別付録】
大好評にお応えして今年も作りました!
アクアスキュータム×サライ
スケジュール手帳〈2018年版〉 

11月号には、特別付録として、英国の老舗服飾ブランド『アクアスキュータム』監修の『サライ』スケジュール手帳が付いてきます。昨年も大好評だった手帳の2018年版です。

アクアスキュータムは、1851年イギリス・ロンドンで創業。ラテン語の「aqua」(水)と「scutum」(盾) を組み合わせた造語「Aquascutum」をブランドに冠した防水コートで、世界的な評価を受け、現在に至るまで166年の歴史を誇ります。

表紙を開いた見返し部分には、アクアスキュータムのトレンチコートの裏地にも使用されている伝統的なチェック模様を配しました。

手帳の中面には、予定を書き込みやすい月別カレンダーのほか、メモやスケッチに便利な方眼メモ欄をたっぷりと用意。

慶弔の心得、手紙文のマナー、俳句の季語など「暮らしのマナー帖」も収録しており、日々のお供として大変便利な手帳です。

巻末には、あると便利な「年齢・邦歴・西暦 早見表」も付いています。

上質な装いにもよく似合う手触りのよいカバーを備えていて、胸ポケットからさっと取り出して使えば、さりげなく男の品格も上げてくれそうです。

アクアスキュータム/ジャケット8万5000円、シャツ2万3000円、ベスト2万8000円 eレナウン プレスポート 電話:03・4521・8190(撮影/植野製作所 スタイリング/堀けいこ)

そんな大人に似合う『アクアスキュータム』のスケジュール手帳がもれなくついてます。お求め逃しのなきように!

*  *  *

世界が仰天した浮世絵師「北斎」の大特集と、今秋の奈良旅行の楽しみ方を提案する「奈良〈古代史〉の旅」と「老眼と賢くつきあう」の両特集に、お洒落で便利な「アクアスキュータムの手帳」の付録をあわせた、旅と芸術の秋に相応しい『サライ11ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

※ サライ11月号を試し読み

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。
  2. サライ6月号|特集は「離島の休日」と「家カレーを究める」です。
  3. 若き日の運慶の傑作!国宝・円成寺大日如来坐像を新緑の奈良に訪ねる…
  4. サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。
  5. サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展
PAGE TOP