新着記事

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒

取材・文/関屋淳子富山県東部、富山湾に面する魚津市(うおづし)は古来、魚の産地としてその…

新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった

新発見の『江戸始図(えどはじめず)』から、徳川家康が築城した初代江戸城の実像が浮かび上がった。それは…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

本誌情報

サライ11月号|特集は「北斎を見よ」と「奈良〈古代史〉の旅」です。

↑↑↑上の写真をクリックすると11月号が試し読みできます。

『サライ』2017年11月号は、世界が仰天した“画狂老人”ことご存知「葛飾北斎」の大特集に、サライ恒例の旅特集「奈良〈古代史〉の旅」、そしてサライ世代にとって切実な「老眼と賢くつきあう」の生活特集をあわせてお届けします。

さらに今号の特別付録は、英国発祥の服飾ブランド『アクアスキュータム』×サライの特製スケジュール手帳(2018年版)です。

それでは今号の読みどころを紹介してまいりましょう。

【大特集】
海を越え、時代を超えてますます輝く天才絵師
北斎を見よ

11の巻頭特集は、大阪、東京で大規模展覧会が開かれ、再び熱い注目を浴びている葛飾北斎です。

「絵に描けぬものはない」として、森羅万象、この世のすべてを描き尽くし、世界にその名を轟かせる天才絵師・北斎。 本特集では、そんな北斎の作品の魅力を、「卓越した筆さばきが冴えわたる肉筆画」「想像力と構成力に裏打ちされた風景版画」「西洋美術に与えた衝撃の大きさ」の3パートに分けて徹底分析。北斎の圧倒的な画力と異次元の創造力を余すことなく紹介します。

また、北斎版画を手に入れるための指南記事や、大阪・あべのハルカス美術館と東京・国立西洋美術館で開催される展覧会の詳報も必見です。

異次元の世界を探索し続けた北斎の奇跡の画業は、今なお世界中を惹きつけています。視覚の魔術師・北斎が繰り出す神技を、とくとご覧ください。

【第2特集】
飛鳥の遺跡から平城の古刹まで、国家創生の舞台を歩く
奈良「古代史」の旅

日々行なわれている遺跡などの発掘調査によって、古代史は塗り替えられています。今の第2特集は「奈良~古代史の旅」と題して、奈良・飛鳥を舞台にした国家創成の謎に迫ります。

日出ずる国――。まだ日本という国がなかった6世紀、有力豪族が群雄割拠していた倭国に仏教が伝来します。それを機に本格的な国づくりが始まりました。奈良の飛鳥地方には宮都(きゅうと)がいくつも築かれ、それらの遺跡は古代都市の姿を今に伝えています。

本特集では、仏教伝来から平城京がつくられるまでの歩みを「起」「承」「転」「結」の物語仕立てにし、貴重な資料や最新の発掘調査結果などを交えながらわかりやすく紹介しています。

もちろん飛鳥・奈良周辺の宿や食事処の情報も充実。散策に便利な地図や交通案内も付いています。

古代史をひもとく手がかりとなる最古の正史『日本書紀』と『サライ』11月号を携えて、生きた歴史の宝庫でもある奈良・飛鳥へ、日本誕生の謎を解く旅に出てみませんか。

【生活特集】
見え方が変われば人生は変わる
「老眼」と賢くつきあう方法

読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋。何をするにも目の衰えを自覚する季節。でも、加齢のせいと諦めるのは早いです。

老眼に適切に対処すれば、日々の不便は解消、心身の不調も解決できるのです。そのための正しい処方箋を取材しました。

【特別付録】
大好評にお応えして今年も作りました!
アクアスキュータム×サライ
スケジュール手帳〈2018年版〉 

11月号には、特別付録として、英国の老舗服飾ブランド『アクアスキュータム』監修の『サライ』スケジュール手帳が付いてきます。昨年も大好評だった手帳の2018年版です。

アクアスキュータムは、1851年イギリス・ロンドンで創業。ラテン語の「aqua」(水)と「scutum」(盾) を組み合わせた造語「Aquascutum」をブランドに冠した防水コートで、世界的な評価を受け、現在に至るまで166年の歴史を誇ります。

表紙を開いた見返し部分には、アクアスキュータムのトレンチコートの裏地にも使用されている伝統的なチェック模様を配しました。

手帳の中面には、予定を書き込みやすい月別カレンダーのほか、メモやスケッチに便利な方眼メモ欄をたっぷりと用意。

慶弔の心得、手紙文のマナー、俳句の季語など「暮らしのマナー帖」も収録しており、日々のお供として大変便利な手帳です。

巻末には、あると便利な「年齢・邦歴・西暦 早見表」も付いています。

上質な装いにもよく似合う手触りのよいカバーを備えていて、胸ポケットからさっと取り出して使えば、さりげなく男の品格も上げてくれそうです。

アクアスキュータム/ジャケット8万5000円、シャツ2万3000円、ベスト2万8000円 eレナウン プレスポート 電話:03・4521・8190(撮影/植野製作所 スタイリング/堀けいこ)

そんな大人に似合う『アクアスキュータム』のスケジュール手帳がもれなくついてます。お求め逃しのなきように!

*  *  *

世界が仰天した浮世絵師「北斎」の大特集と、今秋の奈良旅行の楽しみ方を提案する「奈良〈古代史〉の旅」と「老眼と賢くつきあう」の両特集に、お洒落で便利な「アクアスキュータムの手帳」の付録をあわせた、旅と芸術の秋に相応しい『サライ11ぜひ書店等で手にとってご覧ください!

※ サライ11月号を試し読み

電子書籍版はこちらへ

文/編集部

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ7月号|特集は「建築家の宿」と「牛肉で長生き」です。
  2. サライ6月号|特集は「離島の休日」と「家カレーを究める」です。
  3. 若き日の運慶の傑作!国宝・円成寺大日如来坐像を新緑の奈良に訪ねる…
  4. サライ5月号|特集は「将棋の宿」と「豪華バスの旅」です。
  5. サライ4月号|特集は一期一会の桜旅/必見の美術展
PAGE TOP