新着記事

【京都人のお墨付き】「京料理 貴与次郎」店主・堀井哲也さんおすすめ 掘り出し物の清水焼がみつかる「今村陶器店」

【義家族との間】不妊・妊娠を巡る似たもの親子の暴走。私は子どもを産む道具じゃない!~その2~

【義家族との間】不妊・妊娠を巡る似たもの親子の暴走。私は子どもを産む道具じゃない!~その1~

顔剃りのプロ・浅野茂喜さんが教える「正しいうぶ毛剃り」の方法

なんと!サブスクの弱点を補完する電子書籍を私、池上信次が作ってしまいました。プレイリストと連動した「ライナー・ノーツ」的電子書籍が、こちら。『MILES DAVIS絶対名曲20 ~プレイリスト・ウイズ・ライナーノーツ001』

今こそ知りたい「サブスク」音楽の楽しみ方

わかさぎと小じゃがのアヒージョ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】カルシウム豊富!丸ごと食べられる「わかさぎ」を使った「カレーマヨ揚げ」「アヒージョ」

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

ときおり耳にする「女性は運転がヘタ」。実際はどうなのだろうか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美
女性は運転がヘタ?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

女性=運転は苦手、女性=運転がヘタ。ときおり耳にするこの言葉。実際のところはどうなのだろうか?

昔の話だが、恋人が運転するクルマの助手席に座りドライブへ行った。ドライブ中の小休止でパーキングエリアに入ったとき、目の前のクルマが駐車するのに少し手間取っていた。もう少し先に進めば空いているスペースがあるので、後続車が後ろに来た場合は手前の駐車スペースは後続車にゆずったほうがスマートなのだけど、目の前のクルマは見つけたスペースに入れようと必死の様子。その様子を見ていた恋人が言った。

「周囲が全然見えてない。女のドライバーはダメだ。へたくそ」

恋人の発言にはいろいろ問題がある。ほんの少し待たされただけなのに、相手をおもいやる気持ちのかけらもない短気さ、前のクルマに対してだけでなく、全女性ドライバーをひとくくりにした発言。

前のクルマが何とか駐車スペースに入れた。その直後、彼はわざわざ強めにアクセルを吹かしその場を去った。通りすがりに前のクルマの運転者を見ると男性だった。

「あのクルマのドライバー、女性じゃないよ、男性だったよ」

私の言葉は届いているのか届いてないのか。返答もせずにイライラしながら駐車していた。

……不快。すごく、不愉快。これが原因で別れたわけではないけど、クルマを運転すると、ときに、人間の本性がでるそうだ。話がそれたが、このようなことは恋人だけでなく、周囲の人にも起こる。車線変更や合流がスムーズにできないクルマを見かけたときや狭い道でのすれ違いが上手くできないクルマと遭遇したときなど、誰が乗っているのかを確認せずに「女性ドライバー」だと思う人は少なくない。

では実際、女性の運転はヘタなのか?

結論をいえば、運転の上手いかヘタかは男女関係がない……と私は考えている。運転は経験がものをいう。高速道路をひとつとってもカップルを見かけると男性が運転しているケースが多い。長距離になるとますます男性が増える。家族と出かけるときも、子供の面倒をみたり、助手席で運転者をフォローするのは女性が多い。つまり、男性のほうが、いろいろな場面で運転することが多いので、運転の経験値は自然に上がっていく。

女性でも長距離の運転をはじめ、狭い道、路面の悪い道、知らない道を自由に走ったり、狭い駐車スペースでも停めるなど、あらゆる場面で運転する経験を積んできている人は、運転スキルが身についていく。
運転が上手いかヘタかは、男だから、女だからではなくて、どれだけいろいろな道と、いろいろなシチュエーションを経験しているかということだと思う。

男女の差が出るとするなら、比較的、男性のほうがクルマという道具に対して、チャレンジ精神が強いと思う。チャレンジ精神が強いから、いろいろな知らない道や難しい道でも挑戦する人が多い。また闘争本能も女性より強いように思う。何か他車にケチをつけられたときに、応戦してしまうのは男性が多いように感じる。

そして、レディーファーストの気持ちもあると思う。ロングドライブのときは紳士な気持ちでハンドルを握り、女性には助手席を促す。また女性はそんな男性を頼りがいあると感じ、ときには男性を立てたいと思う女性もいて、自ら率先して助手席で運転者をサポートする役割を担う。

いっぽう女性は、クルマという道具に対して、慎重に考える人が多いように思う。無理はしないようにしよう、周囲に迷惑をかけないようにしようという気持ちが男性よりも少し、大きいように感じる。
他車にクラクションを鳴らされたり、後続車に迫られパッシングされたときなどは、怒りよりも怖い!と思うことのほうが多いように思う。他車に何か嫌な思いをされたとしても、応戦するのではなく、すみやかに受け流し他車が通り過ぎるのを待つスタンスだ。

男女の差も世代によって変わる

男の子は外でプロレスごっこ、女の子はおままごと。それは極端な例だけど、男の子は男の子らしい遊び、女の子は女の子らしい遊び方を求められた時代もあった。女の子がプロレスごっこに参戦しようものなら「女の子らしくしなさい!」と注意されることもあったし、男の子がままごとに参加していると、他の男の子が「女みたいー」とからかうこともあった。

いまは子供時代も男女の差がなくなりつつあるように感じる。いずれいま免許を取得していない世代が免許を取得して、クルマを運転するようになったら、また道の様子も変わるだろう。

いろいろな世代、いろいろな考え方を持った人が同じ道をクルマで走っているわけだから、独りよがりな考え方をしていては道の平和は保たれない。

クルマの運転は大人力をものすごく問われる。その中でも周囲をおもいやる心が一番大切だと思う。私個人の見解だが、運転が上手い人は周囲を思いやる気持ちもたけている。

文・鈴木珠美
カーライフアドバイザー&ヨガ講師。出版社を経て車、健康な体と心を作るための企画編集執筆、ワークショップなどを行っている。女性のための車生活マガジン「beecar(ビーカー)https://www.beecar.jp/ 」運営。

  1. アクセサリーソケットを活用

    車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  2. 守る、楽しむドライブレコーダー

    「あおり運転」から自分のクルマを守る「ドライブレコーダー」活用法【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  3. モーニングクルーズ

    「モーニングクルーズ」知ってますか?|車好きの聖地、「代官山蔦屋書店」の楽しみ方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  4. 写真は代々木パーキングエリアの無料休憩所

    首都高グルメグランプリを味わう【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  5. 黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

    タイヤは消耗品。黒くて丸いタイヤの選び方、考え方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  6. 上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

    ドライブ疲れを感じたら、上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  7. 夏のドライブの儀式と持ち物【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

    夏のドライブの暑さ対策|車内の熱気を素早く逃す方法【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  8. 無作法は事故のモト【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

    ジグザク運転、ヘッドライトを点けない、ドアミラーを格納したまま|無作法は事故のもと【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  9. 車の会話、パッシング【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

    車の会話、相手への思いやりの「パッシング」【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  10. 危険なドライバーの行為

    愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  11. 愛犬と快適ドライブ術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

    愛犬とドライブを楽しむ方法【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  12. 免許の自主返納は困難だ

    なぜ免許の自主返納は困難なのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  13. 免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

    免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  14. 廃校の小学校をリノベーション

    道の駅でクルマ女子会【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  15. 心の老いは自由を奪う【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

    思いつきドライブに行こう。心の老いは自由を奪う【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

  16. 女性は運転がヘタ?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

    ときおり耳にする「女性は運転がヘタ」。実際はどうなのだろうか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
  2. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  3. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  4. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
  5. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。 マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した…
PAGE TOP