新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(1/27~2/2)牡羊座~蟹座編

迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

体圧分散マットレス フィベールエアー|好みの面で使い分け。バランスのよい寝姿勢で安眠に誘う

『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その2~

【最後の恋】美少年へ思慕『ベニスに死す』さながらの清い恋心の行方……~その1~

「寅さん」シリーズの名セリフ、名シーンを厳選した「読む名場面集」|『いま、幸せかい?「寅さん」からの言葉』

「人間は何のために生きてんのかな?」|心に響く「寅さん」からの言葉

親に寄り添い、正しく対処するために|『親ががんになったら読む本』

自分の親が「がん」になったら、子としてすべきこと

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】今も家族との関係をつなぐカットの時間。あの時美容師をやめなくて本当によかった~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】今も家族との関係をつなぐカットの時間。あの時美容師をやめなくて本当によかった~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。~その1~はコチラ

今回お話を伺ったのは、都内の美容院で美容師として働いている瑞穂さん(仮名・28歳)。千葉県出身で、両親と1歳下に妹のいる4人家族。小さい頃から家族仲は良好なものの、姉妹仲は悪く、別々の高校に進学した以降はあまり口をきかなかったそう。しかし専門学校でできた彼氏が間に入ってくれ、姉妹の仲が修復されます。そして、瑞穂さんは2年間、妹は1年間の専門学校を経て、同時期に就職することになります。

「私は県内の美容院で美容師に、妹は市役所の公務員になりました。うちの親戚には公務員が多くて、妹は小さい頃から公務員を目指していたのでさすがだなって思いましたね。妹は実家から通ったんですが、私は就職を機に彼と同棲したいと両親に伝え、彼のことを気に入っている両親はすんなり快諾でした。学生時代は私がいなくても両親と3人でご飯を食べたりするなど、彼は私の家族のお気に入りでしたから」

「店の近くに住まないやつはやる気が足りない」。初めて働いたお店でさまざまなことを強要され続け……

最初に働いた美容院では上下関係が厳しく、部活のような雰囲気だったとか。毎日始発から終電まで働く毎日の中、睡眠が足りないことでどんどん思考が偏ってきたと言います。

「スポ根って言うんですかね。とにかく朝から大きな声で挨拶を強要されたり、何をするにも一度先輩の確認が必要でしたね。それに、私は家が少し遠かったので他の子より少しだけ終電が早かったんです。それについて逐一注意を受けていました。『店の近くに住んでないやつはやる気が足りない』と。

毎日文句を言われて、週に1~2度は休みがあったんですが、レッスンで呼び出されることが当たり前。もちろん休みの日で勉強会だから給料は出ません。そんな中で思考回路が単純化してくるんですよ。常時寝不足で深いところまで考えられないというか。いつからかずっと『辞めたい、辞めたい』って心の中でつぶやくようになっていました」

あまりにも辛かった思いから半年も経たずにお店を辞めてしまったそう。そんな中、同じ美容師だった同棲中の彼がマルチ商法にハマり、瑞穂さんにも同じ仕事を進めてきたことで別れを選択します。

「あの時期は本当にボロボロでした。すごく痩せていましたし。毎日仕事だけの往復で同棲中だったのに彼とあまり会話もしていなくて、彼が私よりも先に美容師を辞めていたことにも気づきませんでした。

そして仕事を誘われ出した時に、もう無理だなって思ったんです。母親には仕事を辞める時に一度電話で相談していたので、彼と別れることも伝えました。そしたら『家に帰ってきなさい』って言ってくれて」

次ページに続きます。

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  2. 【娘のきもち】「母親から嫌われたくない」。その思いを消し去ってく…
  3. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  4. 【娘のきもち】父親の存在は絶対的なもの?母子家庭で育った女性がシ…
  5. 【娘のきもち】自己肯定感がない自分を絶対的に必要としてくれたもの…
PAGE TOP