新着記事

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する

日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談できなかった理由~その2~

取材・文/ふじのあやこ

【娘のきもち】子供がひとり立ちするまでは。夫婦の亀裂を母親に相談できなかった理由~その2~

家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)

今回お話を伺ったのは、関西で15歳、13歳の子供を持つ専業主婦の典子さん(仮名・38歳)。大阪府出身で、母親と5歳上、3歳上に兄のいる4人家族。物心がついた時には父親の姿はなかったものの、母親、兄、そして祖父母の愛情を受けて、寂しい思いをすることなく育ちます。しかし、典子さんが小学生の時に2人の兄が非行に走り、同級生の男の子への不信感もあり、男性不振気味に。高校卒業後に職場で出会った12歳上の男性と23歳の時に結婚したことで、男性不振は過去のものへと変わっていったそうですが……。

「夫とはできちゃった婚だったけど、母親にとっては初孫で、生まれた時はとても喜んでくれました。もちろん祖父母も、兄も。お産の前に私は体調を崩して入院したんですが、仕事が忙しい夫に代わって、私の家族が交代で面倒を見に来てくれていました。その時にはすっかり兄へのわだかまりもなくなっていたと思います」

子育てにまったく参加してくれない夫。それを支えてくれたのは母と義姉だった

典子さんが結婚したそのわずか3か月後に一番上の兄も結婚。中学を卒業後すぐに働いていた兄の相手は、同じ職場で働く、兄より1歳上の女性。彼女も入院中の典子さんを支えてくれたと言います。

「お姉ちゃんというのは、兄と違ってここまで相談にのってくれるものなのかと、とても居心地が良くて。義姉のことは本当の姉のように、兄たちよりも近い距離で一緒に過ごす中で、とても大好きになりましたね。出産後はよくお互いの家を行き来するようになりましたし、義姉は母親との仲も良好で、3人と子供たちとでよく買い物に行ったり、忙しいお互いの夫抜きで旅行に出かけたこともあります」

親族付き合いはうまくいっていたものの、子供を出産した直後から、徐々に夫婦仲は傾いていたそう。

「夫は子供嫌いで、子育てにまったく参加してくれませんでした。子供が泣くと、『うるさい』と声を荒げる時もあって。さらには家のことをしてほしいから私には働きに出てもらいたくないと。パートなどであっても反対されました。私はもちろん赤ちゃんの時は一緒にいるべきだと思っていたけど、それが一生続くのかと思うと少しゾッとしました。そんな発言があってから、私の中で夫の存在が大切なものから、一緒にいなければいけない義務みたいなものに変わっていったというか。

でも、結婚してわずか1年ぐらいで、子供もまだ生まれたばかり。こんな気持ちを持っていることを母親に相談はできませんでした。夫は両親をすでに亡くしていて、私の母親と仲は良かったんです。私だけ我慢すればすべてうまくいくような環境だったから」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  2. 【娘のきもち】40歳を超えても子ども扱いする親。原因は親の依存で…
  3. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
  4. 【娘のきもち】自分が正しいという前提で話す母親が嫌い。コロナ禍の…
  5. 【娘のきもち】母親は結婚せずに私を生んだ。亡くなってからやっと母…
PAGE TOP