文・石川真禧照(自動車生活探険家)

車の大きさやエンジン排気量の大きさを誇った時代は過ぎ去り、昨今の高級車は大き過ぎず、小排気量のターボエンジンで静かで上質な加速を生み出す。ドイツメーカーの新型車、そのセダンの出来が素晴らしい。

アウディの最新モデル。フロントグリルは大きく、ヘッドライトは薄く、全体にスポーティな印象を強く押し出しているのが特徴。

最近の新型車は、車高が高く不整地走行も苦にならないSUV(多目的スポーツ車)や、車体後部に大きく開く扉を持つ2ボックスカーが多い。車体全長が4.5m以下の国産小型車は、とくにこの傾向が強い。

以前は、排気量が1~1.5Lの小型車は、トランク部分が車体後部に独立している3ボックスセダン(4ドアセダン)が標準的だった。トヨタ/カローラ、日産/サニーはもとよりホンダ/シビック、マツダ/ファミリア、三菱/ミラージュなども、4ドアセダン型の車がつくられていた。しかしここ近年は、小型のセダンは市場から次々と姿を消してしまった。

日本に輸入される外国車も、全長4.2m前後の小型車は車体後部に大きな扉を持つハッチバック車が主だ。しかし、その上の全長4.5mクラスに目を転じると、2ボックス車が基本型ではあるが、独立したトランクを持つ3ボックスセダンが、いまもなお多く存在している。

モーターが発進や加速を支援

全長4495mm。現行カローラセダンと同寸法なので扱いやすい。FF車と4WD車がある。

今回紹介するアウディ/A3セダンは、A3スポーツバックというハッチバック車と同時に発表された3ボックス車である。

アウディは高品質な車づくりを得意とするドイツの自動車メーカーだ。小型車であっても大衆車ではなく、上級感のある4ドアセダンとして設計されている。

エンジンは3気筒999ccという小排気量のガソリンターボで、発進時や加速時に小型のモーターが作動するマイルドハイブリッド装置を搭載している。小型だが上級感のある4ドアセダンタイプのA3を試乗した。

中央のモニターと操作盤はわずかに運転席側に向けられている。スイッチ類も使いやすい。
7速ATの操作は、短いレバーを前後に動かして行なう。パーキングブレーキも押しボタン式。
前席。着座位置をやや高めにしても頭上の圧迫感は少ない。
後席の着座位置は低め。足元はやや狭く左右各1名が快適。

3気筒ターボエンジンを搭載。加速力は2Lスポーツ車並み

上級車種のA8、A6、A4のセダンにも共通する面で構成されたデザイン。

独立したトランク部を持つセダンの良さはいくつかある。まず、トランクを開けても室内の空気が逃げない。真夏や真冬に、これはありがたい。また、荷室からの臭いや音が客室に侵入しづらい。後席に人を乗せることの多い場合、この点は、乗り心地に直結する。構造的な面では、車体の剛性が高い。不幸にも後方から追突されたときには、トランク部の空間が、乗員の安全確保に役立つ。

後席の背もたれは二分割して前に倒すことができ、荷室を広くすることができる。荷室床下にも広い収納空間がある。

3気筒999ccのガソリンエンジンだが、最近の技術力の進化は目ざましく、3気筒特有のエンジンの振動はアイドリング時にもほとんど発生しない。加速性能は、エンジン回転数が1500回転のあたりからトルク(駆動力)が太くなり、アクセルの動きに俊敏に反応する。1Lクラスのエンジンで、かつての2Lスポーツセダン並みの加速力を実現している。

車体前部に横置きにされた3気筒エンジン。発進や加速時に使用されるモーターもここに収まっている。

一方、実走の燃費は、街中では8~13km/L、高速道路では12~16km/Lと、カタログ掲載の燃費に近い数値を達成した。

今回試乗したモデルは前輪駆動だが、ほかに4気筒1.5Lの4輪駆動車も用意されている。さらに2Lターボ310馬力というスポーツ車も選べる。

アウディ/A3 セダン 1stエディション
全長×全幅×全高:4495×1815×1425mm
ホイールベース:2635mm
車両重量:1330kg
エンジン:直列3気筒DOHC 999ccターボ
最高出力:110PS/5500rpm
最大トルク:20.4kg-m/2000~3000rpm
駆動方式:前輪駆動
燃料消費率:17.9km/L(WLTCモード)
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン 47L
ミッション形式:7速自動式(デュアル・クラッチ・トランスミッション)
サスペンション:前・ストラット式、後・トレーリングアーム式
ブレーキ形式:前・後: ディスク
乗車定員:5名
車両価格:472万円
問い合わせ先:コミュニケーションセンター 電話:0120・598・106

文/石川真禧照(自動車生活探険家)
撮影/佐藤靖彦

※この記事は『サライ』本誌2021年11月号より転載しました。

関連記事

ランキング

サライ最新号
2022年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品
おすすめのサイト
dime
be-pal
スーツウーマン
mensbeauty
petomorrow
リアルキッチン&インテリア
大人の逸品