新着記事

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

成長著しい企業は、そのトップが音頭を取ってバリバリ仕事をこなしていく、イメージを持っている人…

スカイポイントからゴールドコーストを一望

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコースト編】

写真・文/石津祐介エアーズロックを後にし、再びブリスベンへ【前回はこちら】ブリスベン…

危険なドライバーの行為

愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美飼い主さんの自己中で愛犬の命が危険にさらされる街乗りをしていて気になるのが道…

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

文/砂原浩太朗(小説家)新元号「令和」の出典として注目を浴びた万葉集。奈良時代に成立…

秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)

始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

写真・文/藪内成基2019年5月14日、文化庁より世界遺産登録に関する発表がありまし…

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

文/鈴木拓也レモンサワーのブームで今注目の焼酎。糖質が含まれていないため、糖分を控え…

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

「歴史は勝者がつくるもの」とは世の理。敗者の歴史は後世顧みられることもなく、闇に埋もれてしまうことも…

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

取材・文/藤田麻希北鎌倉駅を出てすぐのところにある臨済宗大本山・円覚寺。高低差をいかした伽藍…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  住まいについての記事一覧

  1.  

    築350年の茅葺き民家「鈴木家住宅」の“開かずの間”が開くとき【知られざる秋田・羽後町へ5】

         

    文・取材/山内貴範秋田県羽後町の飯沢地区にある、築350年の歴史を持つ茅葺き民家「鈴木家住宅」。江戸時代初期に完成した主屋は、東北地方でも有数の歴史を持つ民家とされ、主屋と土蔵、さらには土地までもが重要文化財に指定されている…

  2.  

    鎌鼬美術館|舞踏家・土方巽の足跡を残す古民家美術館【知られざる秋田・羽後町へ4】

         

    文・取材/山内貴範秋田県出身で、戦後を代表する舞踏家の一人、土方巽(ひじかた・たつみ)。昭和…

  3.  

    祇園閣|京都・祇園に聳え立つ異形の望楼の正体とは【伊東忠太の奇想建築】

         

    文・取材/山内貴範国内外からの観光客で賑わう京都・祇園。伝統的な京町家が立ち並ぶ中に、奇妙な…

  4.  

    大沢家住宅|小江戸・川越最古の蔵造りの家【古き佳き日本の住まい 第1回】

         

    写真・文/石津祐介江戸の面影を残す、川越の蔵造りの街並み。内外からの観光客で賑わって…

  5.  

    茅葺き民家の桃源郷!希有な景観を支える職人の技【知られざる秋田・羽後町へ1】

         

    文・取材/山内貴範鳥海山の麓に拡がる秋田県羽後町(うごまち)には、東北地方でも有数の約60棟…

  6.  

    家族が気楽に集える!完全分離型の二世帯住宅【建築家が提案する住まいのヒント】

         

    文・写真/嶌陽一郎(建築家)近年では、仕事や子育てが終わってひと段落したあとに二世帯住宅を作…

  7.  

    夫婦と愛犬が伸び伸び暮らせる家にする【人生後半を楽しむリフォーム事例01】 

         

    取材・文/臼井美伸取材協力・監修/水越美枝子人生後半の年月を、住みづらい家で我慢しながら…

  8.  

    俳聖殿|伊東忠太の奇想建築モチーフは松尾芭蕉

         

    文・取材/山内貴範伊賀流忍者の里として知られる三重県伊賀市。藤堂高虎が築いた伊賀上野…

  9.  

    ちょうどいいサイズの終の棲家【余生を楽しむ住まい02】

         

    神奈川県座間市と町田市のほぼ中間に、その閑静な住宅地はある。日が落ちかけた夕方、雰囲気のいい街灯に照…

  10.  

    奇想の建築家・伊東忠太の最高傑作「築地本願寺」観賞のキモは動物観察!

         

    文・取材/山内貴範東京メトロ築地駅の1番出口から地上に出ると、すぐ左手にインド風の不…

  11.  

    ホールのようなリビングで極上の音に包まれる家【余生を楽しむ住まい01】

         

    自分の趣味を思う存分堪能できる家で暮らしたいという思いは、誰もが抱いているはず。なかでも特に…

  12.  

    京町家の中に異様なドームが!伊東忠太が生んだ稀代の奇想建築「本願寺伝道院」

         

    文・取材/山内貴範京都駅の北西にある西本願寺の門前町に、赤レンガ造りの奇妙な建物がある。明治…

  13.  

    都会のマンションで心地よい和の空間を実現するリフォーム3つのポイント

         

    談/岸和郎(建築家)いま都市のマンションで暮らすことを選ぶ高齢者が増えています。…

  14.  

    至高のペア!? 国宝の塔とお堂が並び建っている寺7つ

         

    文・写真/佐竹敦共に国宝に指定されている塔とお堂を一望することができるという、最高級の贅沢を…

  15.  

    日本を守った偉大な壁!訪ねてみたい「元寇防塁」6箇所

         

    文・写真/佐竹敦文永11(1274)年10月、北九州に中国の元の大水軍が襲来した。い…

  16.  

    塔は「逓減」を見るべし!五重塔など「仏塔」観察のコツ

         

    文/佐竹敦日本には、江戸時代以前に建てられた仏塔が、関西を中心に実に128基(五重塔…

  17. カメラを構えると、子供たちがもの珍しそうに集まってきた。30号棟の近くで撮影。  

    貴重な記録に!作業員として働きながらカメラに収めた「軍艦島」在りし日の光景【追憶の写真紀行】

         

    談/高橋昌嗣(写真家)僕が軍艦島を訪れたのは、閉山の2年前、昭和47年(1972)の…

  18.  

    まるで東京駅!明治建築界の巨匠・辰野金吾の傑作をじっくり見学できる「岩手銀行赤レンガ館」

         

    文・写真/山内貴範筆者はこれまで、現存する辰野金吾の作品はほとんど見学している。そのなかでも、岩…

  19.  

    見ごたえ十分!長崎・軍艦島の象徴「30号棟」の精巧な模型が「軍艦島デジタルミュージアム」に登場

         

    平成27年(2015)に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産の一…

  20.  

    洋から和まで何でもござれ!東京駅の名建築家・辰野金吾のマルチすぎる世界

         

    文・写真/山内貴範日本の戦後漫画の開拓者である巨匠・手塚治虫は、少年漫画から少女漫画、はたま…

  21.  

    築350年の茅葺き民家に住まう!重要文化財「鈴木家住宅」で暮らす家族の思い

         

    文・写真/山内貴範田舎暮らしブームのなかで、茅葺き民家の生活に憧れる人が老若男女を問…

  22.  

    名建築家が秋田の地方都市に遺した庁舎建築の傑作「旧雄勝町役場」(秋田県湯沢市)

         

    秋田県湯沢市雄勝町にある「旧雄勝町役場」は、戦後日本を代表する建築家のひとり、白井晟一(19…

  23.  

    国立西洋美術館本館|日本唯一のコルビュジエ建築4つの特徴

         

    去る7月17日、「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」の構成資産のひと…

  24.  

    遺作にして最高傑作!建築家・岡田信一郎が魂を燃やした「明治生命館」

         

    昭和9年に完成した「明治生命館」は、昭和の建築としてはじめて重要文化財に指定された、記念碑的…

  25.  

    東京駅の建築家・辰野金吾が仕掛けた「国会議事堂」設計をめぐる仁義なき戦い

         

    明治時代を代表する建築家・辰野金吾(たつの・きんご)には、「建築家になったからには、生涯この…

PAGE TOP