取材・文/坂口鈴香

写真はイメージです。

「ええ? そんなことを考えていたの?」と失笑してしまった、忘れられない親の言葉を紹介している。そこから垣間見える親の本音とは――。

【前編はこちら

本当はあまり行きたくない

徳本直幸さん(仮名・53)は、両親の関係は理想的だと思っている。退職後、父は「これまで仕事仕事で(母に)苦労をかけたから、これからは二人で日本全国を回るんだ」と言って、毎月のように旅行に出かけるようになった。

「運転の好きな父が運転して、北海道から九州まで1週間くらい車で回るんです。帰ってきたら写真を見せながら土産話をしてくれて、それは楽しそうでした」

先日、東北地方に出かけようとする両親を見送っていたときのことだ。

徳本さんは車に乗り込もうとしていた母に、「気をつけて行ってらっしゃい」と声をかけた。すると母はちょっと目を泳がせて、徳本さんにだけ聞こえるように「本当はあまり行きたくない」とこぼしたのだという。

「え? ウソでしょと思いました。両親が旅行をはじめて十年以上になりますが、母はまったくそんな素振りなど見せたこともなかったので、旅行を楽しんでいるとばかり思っていました」

徳本さんはちょうどそのころ、夫婦の気持ちがいかにすれ違っているかというネット記事を読んだところだった。定年後にやりたいこととして、多くの夫は「妻と旅行に行きたい」と考えているが、多くの妻は「旅行するなら友人と行きたい」と思っている。夫が妻をねぎらうために旅行しようと思っているのは、妻の気持ちをわかっていない夫の典型的な例だ、という内容だった。

「その記事を読んだときはうちの親にはあてはまらないと思っていたので、この突然の母の告白には驚きました。オーバーですが世界観が変わったような気さえしたんです」

徳本さんも両親を見習って、退職後は妻と旅行に行こうと思っていた。しかし妻にとっては迷惑な話なのではないかと、背筋が寒くなったという。

母がなぜ今になって自分に本心を打ち明けたのか。これから自分は両親にどんな態度を取ったらよいのか。母の言葉を聞かなかったことにして、このまま知らん顔をしているべきか。考えはまとまらない。そして、改めて「女ってよくわからない」と思う。

次に紹介する言葉を徳本さんが聞いたら、ますます戸惑うことになるかもしれない。

あの顔でいいの?

結婚を前に、母が発した言葉は今も娘たちを苦笑させる。

中川みどりさん(仮名・60)は小学校の同窓会で再会した男性と結婚を決めたのだが、その男性を母に紹介したあと、母からこう言われたという。

「あの顔でいいの?」と。

「確かに夫はハンサムではありませんでしたが、性格は穏やかだし、母とも話が弾んでいたので、気に入ってくれたのかなと思っていました。ところが、彼が帰ったあとでそんなことを言うものだから驚きました。母は面食いだったんでしょう。父は結構美男だったと思いますが、母も娘の私も十人並み。一体何様? と思いましたね」

“その顔でもよかった”中川さんは、結婚して30年以上が過ぎた今も夫との関係は良好だという。

宮本弥生さん(仮名・59)も、付き合っている人を母に紹介したあと「もっと格好良い人を連れて来るかと思ったのに」と言われたと笑う。

「その前に付き合っていた人よりは見た目が良いと思ったんですけどね。母の理想が高いのか、自分の娘をどれだけ買いかぶっているんだとあきれました。そのあとに、友人が婚約者と家に遊びに来たときにも『あれくらい格好良い人だったらよかったのに』って言われて軽く傷つきました」

だから、宮本さんは娘が結婚したいと連れてきた男性の容姿については何も言わなかった。不満がないわけではなかったが、「何か言ったら一生恨まれると思いましたから」と笑う。

そういえば、「『お父さん、ありがとうな』若年性認知症になった妻 その後」(https://serai.jp/living/1175805)で紹介した北村昇さん(仮名・66)は、娘から「お父さんがお母さんのことを思うほど、お母さんはそんなにお父さんのことを好きじゃなかったんじゃない?」と言われたという。娘は、施設に入った妻を思ってなかなか前に進めないでいる父を慰めようとしたのか、父の心を軽くしようとしたのか、その真意はわからない。北村さんも、「それほど深い意味はなかったんだと思いますよ」と深刻にはとらえていないが、もしかすると北村さんのお嬢さんにも忘れられない母のひとことがあったのかもしれない。母がポロリともらした本音だったとしたら……。いや、それは知らない方がいい。

取材・文/坂口鈴香
終の棲家や高齢の親と家族の関係などに関する記事を中心に執筆する“終活ライター”。訪問した施設は100か所以上。20年ほど前に親を呼び寄せ、母を見送った経験から、人生の終末期や家族の思いなどについて探求している。

 

関連記事

ランキング

サライ最新号
2024年
7月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店