新着記事

犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

83歳にして現役。「見終わって、字なんて読んでいないような意識、あたかも主人公たちが自分のわかる言葉で喋しやべったような錯覚を起こさせるのが“いい字幕”です」

【インタビュー】戸田奈津子(字幕翻訳家・83歳)「人間って、感情の動物だもの。エモーションを揺すぶられないとつまらないですよね」

尾張統一に10年以上かかった信長。

織田信長 苦難の尾張統一への戦いが始まる【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その2~

【義家族との間】両親と義両親が結託した離婚阻止。家庭内別居は6年を経過~その1~

医師が教えるパンデミックからの護身術! 今できる新型コロナウイルス対策

医師が教える、今できる新型コロナウイルス対策|「暮らしの中での感染予防」5つのポイント

「定年70歳以上」は元気で健康的でいるためのチャンス!|『新装版 学術的に「正しい」若い体のつくり方 - なぜあの人だけが老けないのか?』

学術的に「正しい」若い体のつくり方|老けない、病気にならないための食事のコツ

【子どもの自宅待機】子どものYouTube利用は7割・2人に1人が1日2時間未満の利用

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大(オーバーシュート)対策を阻む「困った人たち」について(前編)【異文化リテラシー レッスン3】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

将軍足利義輝、松永久秀、細川藤孝・・・・・。やがて来る過酷な戦国、それぞれの運命【麒麟がくる 満喫リポート】

斎藤道三に鉄砲の手ほどきをする明智光秀。

斎藤道三に鉄砲の手ほどきをする明智光秀。

ライターI(以下I):『麒麟がくる』って鉄砲の場面が多いですね。第5話では光秀が道三に鉄砲を伝授していました。

編集者A(以下A):ほぼ同時期に織田信長も橋本一巴から鉄砲を伝授されていたと『信長公記』に記されていますよね。

I:信長ももう少ししたら登場ですもんね。

A:第5話の物語冒頭に〈1548年 天文17年〉というクレジットが出ていました。この時期は、鉄砲がまだ実戦では使われていないはずです。光秀のセリフで〈玉くすりは美濃では手に入りません〉〈堺でしか手に入らない〉というのがありましたが、戦国武将たちがこぞって鉄砲を入手しようとするのはこの後です。

I:鉄砲時代前史、時代がダイナミックに転換する直前が描かれた場面ですね。なんだかわくわくします。

A:少し補足すると、火薬の原料となる硝石(しょうせき)は日本では手に入りません。〈堺でしか手に入らない〉というのは海外との交易で堺に入荷するということ。劇中、皆が躍起になって鉄砲を手に入れようと動いていました。鉄砲本体はもちろん火薬まで入手するには相応の経済力が必要だった。

I:そのことをいち早く小説で展開しているのが歴史作家の安部龍太郎さんなわけですよね。

A:『サライ』本誌で「半島をゆく」という紀行連載で全国の半島での取材に同行させてもらっています。さて、それで『麒麟がくる』 第5話なのですが、実は一抹の不安を覚えていたんです。

I:どういうことでしょう。「三好長慶が登場だ、細川晴元まででてくる! 三淵藤英まで出るのか!」 「松永久秀とどう絡むんだ? 将軍義輝も出るやん」って喜んでいましたよね。

A:そう。喜んでいました。でも冷静になって考えると、そういう面々の人間関係って意外とわかりづらいんですよ。そこをストレートに展開すると小難しい話になって視聴者がついていけなくなる。

I:そんなこと心配してたんですか?

A:将軍義輝が向井理さん、三淵藤英が谷原章介さん、細川藤孝が眞島秀和さん。イケメン俳優揃いなのも心配でした。とりあえずイケメンを出しておけばいいだろう的な。

I:・・・・・。で、実際に第5話を見て、どうだったんですか?

A:そう来たか! と快哉を叫びたい心境です。いい意味で裏切られました。小難しい鉄砲の話や人間関係をものすごくわかりやすく説明してくれてます。その舞台がなんと遊郭ですよ! 久方ぶりに良質なエンターテインメントに接した気分です。具体的にいうと、権謀術数渦巻く戦国の毛利家を描いた『毛利元就』(97年)の時に〈内館牧子さんの脚本すごい!〉と思って以来です。あの時も〈よくぞこんな小難しい話を面白くできるもんだ〉とうなりましたから。

I:今回の『麒麟がくる』でいうと、鉄砲鍛冶の伊平次のキャラがよかったんですね。

A:この伊平次のキャラはもちろん架空の人物なのですが、実際に当時こういう職人はいただろうと思わせるということでいえば、実在のキャラ同然の存在だと思うのです。いますよね、手先が器用なやんちゃな人間。

I:実際、卓越した技術を持った職人はあちこちから声がかかったんでしょうね。

●蹴鞠にも和歌にも抜きんでた細川藤孝

まだ荒れた都時代の本能寺門前で。

まだ荒れた都時代の本能寺門前で。

I:ほかに第5話で気になったところはありますか?

A:室町幕府第13代将軍・足利義輝が登場しました。脚本の池端俊策さんが、「『太平記』で初代将軍の足利尊氏を描いたので、室町幕府の最後も描きたかった」という趣旨の話をしていました。足利義輝は尊氏の仍孫(じょうそん)にあたります。

I:じょうそんって・・・・・。

A:孫の孫の孫の子です。尊氏を1世にすれば8世。直系7親等の続柄ですね。その足利義輝が、本能寺から出てきました。例によって京の都が荒れている様子でした。第4話で、本能寺は末寺の種子島を通じて鉄砲にかかわっているという話がありましたが、それは事実のようで、現代の本能寺のHPにも同じようなことが書かれていました。ドラマには出ていませんでしたが、この時期は僧兵を抱えていたんではないですかねえ・・・・・。ところで、実戦で鉄砲が使われて初めて死者が出たというのが記録されるのが、今回の舞台から2年後の話になります。

I:『言継卿記(ときつぐきょうき)』に書かれるんでしたっけ? まだ2年先になるのか・・・・・。私は、今回の荒れた都の本能寺が、やがて都が復興した風景でいずれ再登場するかと思うと、なんか文字通り〈大河〉を感じて切なくなりました。

A:本当にそうですよね。今回登場した面々は、時を経てそれぞれの人生を歩んでいく。そういえば、前回、織田信秀が〈京から公家衆がお見えになっておおせになるには、蹴鞠が上達すれば、京へ行っても田舎者とあなどられることはない。和歌が詠めればなおよろしいと〉といっていました。

I:ああ。その蹴鞠も和歌も両方抜きんでているのが、細川藤孝だっていうんですね。

A:そうです。後年、史実の光秀は和歌などに才能を発揮して、京都の公家らと互角に渡り合ったといいます。では、どこでその才能を磨いたのですか? というところがまだわかっていない。もしかしたら藤孝の影響なのかもしれません。

I:今後も今回登場している面々の群像劇が展開されると思いますが、今回の青春群像的な雰囲気を覚えておいてほしいですね。そうすると、やがてくるそれぞれの過酷な運命が、〈グッと感じる〉ものになると思います。

A:ワンスアポンアタイムなんとかって感じですかね。

どうにも憎めない豪放磊落な松永久秀。

どうにも憎めない豪放磊落な松永久秀。

 

●ライターI 月刊『サライ』ライター。2020年2月号の明智光秀特集の取材を担当。猫が好き。

●編集者A 月刊『サライ』編集者。歴史作家・安部龍太郎氏の「半島をゆく」を担当。初めて通しで視聴した大河ドラマは『草燃える』(79年)。NHKオンデマンドで過去の大河ドラマを夜中に視聴するのが楽しみ。編集を担当した『明智光秀伝 本能寺の変に至る派閥力学』も好評発売中。

構成/『サライ』歴史班 一乗谷かおり

  1. 尾張統一に10年以上かかった信長。

    織田信長 苦難の尾張統一への戦いが始まる【麒麟がくる 満喫リポート】

  2. 片岡愛之助演じる今川義元

    修羅場を潜り抜けて、家督を継承。片岡愛之助が好演。本当はやり手の大大名だった今川義元【麒麟がくる 満喫リポート】

  3. 斎藤道三親子の対立を煽った美濃守護・土岐頼芸

    美濃守護・土岐頼芸が最後に拠った大桑城跡に立つ。14㎞先に望む斎藤道三・稲葉山城に戦国の悲哀を想う【麒麟がくる 満喫リポート】

  4. 信長と対局する竹千代。竹千代にとっては、親の仇なのだが。

    松平竹千代と織田信広の人質交換騒動| 尾張と三河 複雑怪奇な10年戦争【麒麟がくる 満喫リポート】

  5. 婚姻の日に信長を待つ。緊張の表情。

    早くも歴代No.1の声も飛び出す 川口春奈演じる 信長正室・帰蝶(濃姫)への期待【麒麟がくる 満喫リポート】

  6. 織田信長と〈松平広忠の首〉の衝撃。検証 ・ 織田家関与説は本当なのか?【麒麟がくる 満喫リポート】

  7. 織田信長役と秀吉役の年齢差が24歳差。老獪な秀吉が、本能寺の変のキーマンになる?【麒麟がくる 満喫リポート】

  8. 明智光秀が見た〈熱田の熱気〉と織田信長〈富の源泉〉 美濃旧体制にNOを突きつけた理由【『麒麟がくる』第7・8話満喫リポート】

  9. 『麒麟がくる』で頻出する〈甘い食べ物〉で浮上する 1800㎏の砂糖と本能寺の変の数奇な関係【麒麟がくる 満喫リポート】

  10. 道三は、光秀(長谷川博己・写真上)、信長(染谷将太)に美濃を託した。

    織田信長、ついに登場! でも、この頃の信長は「尾張の大名」ですらなかった【麒麟がくる 満喫リポート】

  11. 戦国の破天荒貴族が『麒麟がくる』に登場(演・本郷奏多)。

    破天荒貴族・近衛前久に本郷奏多をキャスティングでどうなる本能寺?【麒麟がくる 満喫リポート】

  12. 光秀と藤孝が出会った〈戦国青春グラフィティ〉の一コマ。

    戦国時代きってのエリート武将・細川藤孝。光秀を裏切って摑んだ「子孫繁栄」の道【麒麟がくる 満喫リポート】

  13. まだ荒れた都時代の本能寺門前で。

    将軍足利義輝、松永久秀、細川藤孝・・・・・。やがて来る過酷な戦国、それぞれの運命【麒麟がくる 満喫リポート】

  14. 明智光秀が松平竹千代(後の徳川家康)に食べさせた 〈美濃の干し柿〉。 取り寄せてみたら絶品だった【麒麟がくる 満喫リポート】

  15. 宵宮では、山型に飾られた提灯をのせた5艘のまきわら船が天王川を渡る。

    織田信長が催した戦国のイルミネーションの源流「津島天王祭り」【麒麟がくる 満喫リポート】

  16. 首を背負って戦った光秀(演・長谷川博己)

    『麒麟がくる』前代未聞の1回~3回一挙再放送で、おさえておきたい「名場面」と「問題シーン」【麒麟がくる 満喫リポート】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 尾張統一に10年以上かかった信長。 織田信長 苦難の尾張統一への戦いが始まる【麒麟がくる 満喫リポー…
  2. 片岡愛之助演じる今川義元 修羅場を潜り抜けて、家督を継承。片岡愛之助が好演。本当はやり手の…
  3. 斎藤道三親子の対立を煽った美濃守護・土岐頼芸 美濃守護・土岐頼芸が最後に拠った大桑城跡に立つ。14㎞先に望む斎…
  4. 信長と対局する竹千代。竹千代にとっては、親の仇なのだが。 松平竹千代と織田信広の人質交換騒動| 尾張と三河 複雑怪奇な10…
  5. 婚姻の日に信長を待つ。緊張の表情。 早くも歴代No.1の声も飛び出す 川口春奈演じる 信長正室・帰蝶…
PAGE TOP