サライ.jp

取材・文/ふじのあやこ

家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族関係を指すことが一般的だが、離婚件数が増える現在では、親の再婚相手や、再婚相手の連れ子など、家族の関係は複雑化している。血のつながりがないからこそ生じる問題、そして新たに生まれるものも存在する。義家族との関係を実際に持つようになった当事者にインタビューして、その時に感じた率直な思いを語ってもらう。

両親は物心ついた頃からずっと不仲。離婚しない理由は世間体だけ

今回お話を伺った、佳代さん(仮名・39歳)は、28歳の時に結婚して一児をもうけるも、33歳の時に離婚、現在は大阪市内で子どもと2人暮らしをしています。佳代さんが抱えているのは、義家族との不和ではなく、感謝。自身の家族との関係が悪く、離婚後に誰も頼れなくなったところを助けてくれたのは義両親だったと振り返ります。

「私の両親とは連絡をしようと思えばできたんですが、昔から頼るような存在ではありませんでした。夫に浮気をされて離婚して、いざひとりで育てていくとなると不安ばかりで。その不安を救ってくれたのは、別れた後もずっと私のことを気にしてくれていた義両親でした」

佳代さんは兵庫県出身で、両親と6歳上に姉のいる4人家族。覚えている両親は、目も合わせず、会話も一切ない静かな姿だけだったと言います。

「何が原因かは知りませんが、家で両親が2人で過ごしているところを見かけたことはありません。私の実家は2階建ての一軒家だったんですが、父親はずっと2階から下りてこないので、食事も別々。一応父親の分の食事も昔はあったと思うんですが、それもいつからか無くなっていました。父親が部屋に冷蔵庫と電子レンジを入れて、上で食事をするようになってからは姿を見かけたことさえ、あまりありませんでした」

しかし、家族同伴の父親の会社のイベントなどには全員で参加。そこで仲良く装う両親の姿は、複雑ながら嬉しく思うこともあったとか。

「父親は自動車のリースなどを行う小さな会社で働いていて、そこの社長が主催の食事会、バーベキュー大会などが定期的に開催されていました。そこには家族同伴で参加することが義務ではなかったものの、他の社員もそうだから悪目立ちしたくなかったんでしょう。食事会に参加している両親は別人のように仲良しで、違和感がすごくありました。でも、私もまだ小さかったから単純に仲良しの両親を見れることがただただ嬉しかったんですよ。大人になった今振り返ると、世間体ばかりを気にしている浅はかな姿なんですがね(苦笑)」

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア