新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

スコットランド発、世界最高金賞のクラフト・ジンを訪ねて

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)

スコットランドは、言わずと知れたスコッチ ウィスキーのふるさと。ところがこの地で近年、手作りで少量生産のクラフト・ジンが人気を呼んでいると前回お伝えした。

今回は、スコットランドの個性派揃いのクラフト・ジン蒸溜所の中から「マックイーン蒸溜所」をご紹介したい。比較的訪れやすいスターリング地域にある、職人(クラフトマン)魂たっぷりの蒸留所だ。

スコットランド最大都市グラスゴーから北へ車で約1時間の所にある街・カランダー。英国が誇る自然賛美の詩を書いた文豪ウィリアム・ワーズワースや、スコットランドの国民的作家ウォルター・スコットにも影響を与えた美しいスポットだ。近郊にはお城で有名な街スターリングがある。また、水質に優れたカトリン湖があることから、ハイキングやサイクリングに訪れる人が多く、散策するにはもってこいの街だ。

街の中心にはランドマークとなる教会、そしてスイーツショップ、ベーカリー、カフェ、土産店など、眺めているだけでも楽しいカラフルでレトロなお店が立ち並ぶ。スコットランドは、山岳地帯が多い「ハイランド」と、都市や工業・農業地帯が集まる「ローランド」の大きく二つに分かれるのだが、カランダーはその境目にある「交通の要衝地」で長くあり続けた。そのため決して大きな街ではないのだが、穏やかな中にも、確かな活気がある。



カランダーの街の少しはずれに、今回ご紹介する「マックイーン蒸溜所」がある。羊が放牧されるスコットランドらしいのどかな地にて、2015年7月創業。ソフトウェア・エンジニアという全く畑違いの職歴を持つマックイーン氏が、第二の人生としてクラフト・ジン作りを始めた。そして、そのわずか2年後の2017年世界的な酒類コンペティション「サンフランシスコ ワールド スピリッツ コンペティション」(SWSC)で最高金賞(ダブルゴールド)を受賞したという驚きの実力派だ。

蒸溜所のドアを開けると、創業者であるデール氏が愛犬とともに迎えてくれた。


「正直に、誠実に、情熱を持って、本物のクラフト・ジンを自分たちの手で作る。私たちの成功は、お客様の喜びだけで測られる」という氏の言葉からもわかる通り、真面目で、60歳を過ぎているとは思えないバイタリティと温かみを感じるザ・スコットランド人だ。

唯一無二のスーパークラフト・ジン

早速、デール氏にマックイーン・ジンの蒸溜方法についてご説明いただいた。

「ウチは、イギリス製のベースのスピリットを購入して使う。ここへ地元カランダーの美味しい水を加えて、香りの基本になるジュニパーとコリアンダーを直接漬け込んで、ひと晩寝かす。マックイーンのクラフト・ジンは全部で6種類のフレーバーがあるのだけど、再度蒸留する際にフレーバーごとに厳選したボタニカル(薬草やフルーツ)数種類を10時間蒸気に通し、煎じることで、香りに深みが生まれ、どこにもない個性的なジンが出来上がる。実は、この後者の煎じる方法を採用しているクラフト・ジンの銘柄は少ないんだ。フレーバーを作るボタニカルのレシピは、ソフトウェアのエンジニア経験でつちかった設計力と開発力で決定した。目のくらむような忍耐力の要る作業だった。これは私の考えだけれど、ベースのスピリットは、いわば白いキャンバス。そしてクラフト・ジンのフレーバー作りは、自分が選んで決めたボタニカルで色を塗っていくようなもの。私は、唯一無二のスーパークラフト・ジンを作りたいので、キャンバスは無味透明な方がいい。ま、ベースのスピリットづくりにお金をかけるぐらいならば、個性をつくるフレーバー作りにお金をかけたいのが経営者として正直なところだけどね(笑)」

蒸溜後のクラフト・ジンは、ステンレスの保管庫に寝かす。

クラフト・ジンを一つひとつ正確に計量してボトリング。

フレーバーごとに色分けされたロウで蓋をして、ラベルづけする正真正銘・手作りのクラフト・ジンだ。

マックイーンのクラフト・ジンは、サンフランシスコの最高金賞の他にも沢山の受賞歴を誇る。

 

写真:マックイーンジン提供

なお、蒸溜所ツアーは、平日の月曜日から金曜日の午後2時半から行われている(参加費10ポンド)。マックイーン蒸溜所のHPから予約が可能だ。(http://www.mcqueengin.co.uk/product/distillery-tour/?age-verified=e16b3ebe59

ツアーには、蒸溜所の詳しい説明と、マックイーン自慢のジンテイスティングも含まれる。カランダーの美しい街巡りと一緒に、世界最高金賞のクラフト・ジンに出逢って欲しい。

蒸溜所後のお楽しみは、自宅でジン・トニック

摘みたてのミントとチョコレートが香る個性派ジンには、軽やかな甘みのトニックウォーターと、爽やかなフレーバーを引き立てるミント、香ばしさを引き立てるコーヒー豆を合わせて、ジン&トニックを作ろう。一日の疲れと夏の暑さを忘れさせる最高の一杯だ。なお当レシピは、デールさんの奥様ヴィッキーさんによるもの。ヴィッキーさんは元シェフで、マックイーンのフレーバー作りを担う影の立役者でもある。

【レシピ】
・マックイーン・チョコレートミント・ジン50mL、
・フィーバーツリー・ナチュラリーライトトニックウォーター100mL
・たっぷりの氷
・ミントとコーヒー豆をお好みの量

文・写真/石橋貴子
スコットランド在住。コピーライター・編集者としての25年以上の職歴と、ジャーナリスム専攻ならではの視点を活かし、日々アンテナを張り巡らせて、スコットランドの隠れた魅力をお伝えしている。海外書き人クラブ所属。(http://www.kaigaikakibito.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. クラフト・ジンによく合う本場スコットランドのつまみ5選
  2. オキュズギョズにボアズケレ!? トルコワインのブドウ品種名が不思…
  3. テキーラの故郷「テキーラ村」でメキシコ流テキーラの飲み方を学ぶ
  4. いまスコットランドで大流行!「クラフト・ジン」2つの楽しみ方
  5. 日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に…
PAGE TOP