新着記事

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水曜日は「クルマ」をテーマに、CRAZY KEN BANDの横山剣さんが執筆します。

文/横山剣(CRAZY KEN BAND)

「東洋一のサウンドクリエイター」横山剣です。
今回は、不思議な「巡り合わせ」のお話しをしたいと思います。

1968年、小学校2年生のときに僕は腎炎にかかり、駒沢の国立東京第二病院(現・国立病院機構東京医療センター)に入院したんです。ある日、見舞いに来た母親が買ってきてくれたのが、老舗ミニカーメーカーだったフランス ディンキー製の「BMW1500」。「ノイエクラッセ」(英語の「ニュークラス」の意)と呼ばれる、近代「BMW」のルーツとなるモデルです。

芋ようかん色の渋い4ドアサルーンでしたが、BMW独特のフロントグリルである、縦に2本並んだデザインの「キドニーグリル」がカッコいいと思いました。もちろん当時はそんな言葉は知りませんでしたが、考えてみればキドニーって腎臓なんですよね。妙な縁だったとも言えますが、それが僕とBMWのなれそめでした。

現在、レースの相棒である「BMW2002tii」1971年式のクルマをレース仕様にしています。出会えて本当によかったクルマです。

実車との出会いは20歳を過ぎた頃。当時僕が在籍していたクールスRCというバンドはツインボーカルで、もうひとりのボーカリストだった先輩の村山一海さん、通称ムラさんが「BMW2002tii」に乗っていたんです。

1966年に登場した「BMW1600-2」のコンパクトな2ドアサルーンボディに2リッターエンジンを積んだ、俗称「マルニ」こと「2002」。レースでも活躍した70年代を代表するスポーツサルーンの1台ですが、なかでも「2002tii」はクーゲルフィッシャー製インジェクションを備えたもっとも高性能なグレードでした。

で、ムラさんがその「マルニ」を運転させてくれたんですが、もう目からウロコでした。ボディがカッチリしていて剛性感がすごく高く、ハンドリングがすばらしい。コーナーで狙ったとおりのラインをトレースできる。加えてフロントガラスが広くて視界が抜群だから、首都高の車線変更なんかもストレスフリーに走ることができたのを覚えています。

その走りっぷりにすっかり心を奪われてしまったんですが、なんとムラさんがその「マルニ」を譲ってくれたんです。しかも数回残っているローンの残額を払ってくれればいいという好条件で。

ところが好事魔多しというか……。手元にくる直前に、僕はそれまで乗っていた、空冷フォルクスワーゲン専門店の「FLAT 4」でバッチリ仕上げた「VWタイプ3」のノッチバックでスピード違反をやらかしてしまい、違反点数の累積であえなく免許取り消しに。急いで海に向かっている途中のことでした。

季節は夏だったんですが、実際に取り消し処分が下される前に、たった一度だけ「マルニ」で海に行きました。エアコンなど付いていませんから、よけいに蒸し暑さが増幅された、けだるい夏の切ない別れとして、僕の胸に刻まれたんです。

その頃よく聞いていたアイズレー・ブラザースの『サマー・ブリーズ』なんかを耳にすると、今も苦い記憶が蘇ります。曲の中では夏のさわやかな風の中で男女の距離が縮まっていく予感がするのですが、僕と「マルニ」の生活はほんの数週間で終わりを迎えてしまったのでした……。

それからおよそ30年を経た6年前、BS日テレの番組『おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR,NO LIFE!』に出演した際に、もう一度乗りたい思い出のクルマを用意してくれるというので、「マルニ」をリクエストしたんです。

そうしたら、やってきたクルマがすばらしい状態で、思い出の美しさを差し引いても、実に魅力的な乗り味だったんです。それでまた欲しくなっちゃった、という話をたまたま知り合いのメカニック氏にしたところ、彼が昔レースで乗っていた「マルニ」があるから、それを仕立て直してくれるというんですよ。で、どうせならサーキット仕様にしてクラシックカーレースに出たら、というふうに話がトントン拍子で進んじゃって。

30年以上の時を経て、再び出会うことになった「マルニ」。今度は末永く付き合いたいので、どのような仕様で乗るべきかを真剣に考えました。そんなとき、思い浮かんだのが70年代後半に一大ブームとなった香港映画『Mr.BOO!(ミスター・ブー)』に出てくる、まっ黒な「マルニ」が何台も崖から落ちるシーンだったんです。その前から所有している「オースチン ヒーレー」も黒なので、ここは黒で揃えてみようと思い、「マルニ」もまっ黒に塗りました。

そんな想いの詰まった「マルニ」は昨年秋に筑波サーキットでレースデビュー、今年初めの鈴鹿を経て、5月の袖ケ浦フォレスト・レースウェイで、3戦目にしてようやく完走しました。

スプリントレースと2人で組む耐久レースに出てるんですが、後者のパートナーはなんと桑島正美さん。1970年代初頭に真っ黒の「フェアレディZ」を駆り国内レースで大暴れした後、単身ヨーロッパにわたってF1への登竜門であるF3やF2で活躍、「黒い稲妻」の異名をとったレジェンド・ドライバーです。

桑島さんとのツーショット。大先輩から学ぶことはたくさんあります!

桑島さんはクールスの先輩達の友人でしたから、10代の頃から面識はありました。とはいえ僕からすれば雲の上の存在だったトップドライバー。恐れ多くてとても言葉を交わすことなどできませんでした。それがどういうわけか、今ではペアを組んで同じクルマを走らせている。まさにヒトもクルマも巡り合わせ。いや〜、人生って何があるか、ホントにわからないもんですね。

横山剣(CRAZY KEN BAND)
1960年生まれ。横浜出身。81年にクールスR.C.のヴォーカリストとしてデビュー。その後さまざまなバンド遍歴を経て、97年にクレイジーケンバンドを発足。今年クレイジーケンバンドはデビュー20周年を迎え、8月1日(水)には3年ぶりとなるオリジナルアルバム「GOING TO A GO-GO」をリリース予定。9月24日(月・祝)には、横浜アリーナでデビュー20周年記念ライブも行われる。http://www.crazykenband.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?
  2. ジャガー Eペイス|英国の名門ジャガーらしさが光る小型SUV【石…
  3. ダイハツの予防安全機能「スマアシⅢ」を体感! 驚くべき進化を遂げ…
  4. トヨタ クラウン|新たな輝きを放つ伝統の4ドアセダン【石川真禧照…
  5. 警察車両や消防車両も!ジムニーが世界中で愛される理由
PAGE TOP